Create issue ticket

考えれる32県の原因 再発性尿路感染症, 脊髄精神的外傷

  • 尿路感染症

    また、水分を十分に摂取し(できない場合は点滴して)、尿流をうっ滞させず、排尿を促すことも必要である。 複雑尿感染の場合、再発予防のため、急性期を過ぎた後も少量の抗菌薬を予防内服することもある。 上部尿路感染症を反復している場合、腎に瘢痕を残すことによって腎機能の低下を招くことが懸念される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 尿路疾患
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 急性膀胱炎

    また、水分を十分に摂取し(できない場合は点滴して)、尿流をうっ滞させず、排尿を促すことも必要である。 複雑尿感染の場合、再発予防のため、急性期を過ぎた後も少量の抗菌薬を予防内服することもある。 上部尿路感染症を反復している場合、腎に瘢痕を残すことによって腎機能の低下を招くことが懸念される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 良性前立腺肥大症

    【監修】 名古屋大学大学院医学系研究科泌尿器科学 教授 後藤百万先生 前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。[…][asahikasei-pharma.co.jp]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • エンテロコッカス属

    乳酸菌(にゅうさんきん)は、代謝により乳酸を産生する細菌類の総称。生育の為には糖類、アミノ酸、ビタミンB群、ミネラル(Mn , Mg , Fe等の金属)が必要な細菌類。ヨーグルト、乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵に寄与する。一部の乳酸菌は腸などの消化管(腸内細菌)や膣に常在して、他の微生物と共生あるいは拮抗することによって腸内環境の恒常性維持に役立っていると考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 膀胱脱
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 緑膿菌

    緑膿菌(りょくのうきん、学名、Pseudomonas aeruginosa)は、細菌に分類される、グラム陰性で好気性の桿菌の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な常在菌の1つでもある。ヒトに対しても病原性を持つものの、仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い。対して、免疫力の低下した者に感染すると、日和見感染症の1つとして数えられる緑膿菌感染症の原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 脊髄精神的外傷
  • 前立腺癌
    不足: 脊髄精神的外傷
  • 前立腺腺癌
    不足: 脊髄精神的外傷

さらなる症状