Create issue ticket

考えれる69県の原因 再発性尿路感染症

  • 尿路疾患

    特発膀胱炎は結石や尿感染がみられない、原因がよくわからない膀胱炎です。再発を繰り返すことも多く、猫の下部尿路疾患の約60%を占めるといわれています。[royalcanin.co.jp]

  • 尿路感染症

    が多くなる.単純尿感染の原因菌の多くは大腸菌である.複雑尿感染では起因菌について再発,再燃,慢性化がみられやすく基礎疾患の治療も必要となる.[kotobank.jp] また、水分を十分に摂取し(できない場合は点滴して)、尿流をうっ滞させず、排尿を促すことも必要である。 複雑尿感染の場合、再発予防のため、急性期を過ぎた後も少量の抗菌薬を予防内服することもある。 上部尿路感染症を反復している場合、腎に瘢痕を残すことによって腎機能の低下を招くことが懸念される。[ja.wikipedia.org] 【病気に気づいたらどうする】 乳児の細菌尿感染のほとんどは便に含まれる大腸菌が尿路をさかのぼって起こるので、再発を防ぐには「うんちがでたら早めにおむつを交換する」「女の子のおしりを拭く時は前から後ろに拭くよう心がける」などに注意します。 おしっこの流れが滞ると細菌も繁殖しやすくなります。[yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 良性前立腺肥大症

    全般的な臨床的進展――米国泌尿器科学会(American Urological Association)の症状スコアのベースラインからの 4 ポイント以上の上昇,急性尿閉,尿失禁,腎不全,または再発尿感染で定義――は,ドキサゾシン(39%のリスク低下,P 0.001)とフィナステライド(34%のリスク低下,P 0.002)で,プラセボ[nejm.jp] […] α‐遮断薬 (タムスロシン、アルファゾシン、テラゾ シンとドキサゾシン)は、前立腺の内外で筋肉を弛緩 重度の前立腺肥大尿貯留、再発尿感染、腎不全 は外科的治療を必要とする させ、尿路の閉塞を解放し、排尿を容易にする。α‐ 遮断薬の最も頻度が高い副作用は、ふらつき、眩暈と 疲労感である。[kidneyeducation.com]

  • 食品アレルギー

    食物アレルギー(しょくもつアレルギー)は、原因食物を摂取した後に免疫学的機序を介して起こる生体にとって不利益な症状(皮膚、粘膜、消化器、呼吸器、アナフィラキシー反応など)である。食品によっては、アナフィラキシーショックを発症して命にかかわることもある。一部の集団では、後にアトピー性皮膚炎、喘息へと進展するというアレルギー・マーチの仮説の最初のアレルギー反応である。[…][ja.wikipedia.org]

  • エンテロコッカス属

    エンテロコッカス属 に属する菌 菌の効果は研究成果であり、菌を含む製品の効果・効能ではありません。 ※医薬品、医薬部外品、特定保健用食品などの一部の製品には善玉菌による整腸作用などの保健効果がある製品があります。 ヒト由来 生きたまま腸に届く 1962年から使用される歴史ある乳酸菌。整腸作用、口内環境改善の他にも「ドライアイ」にも効果がある。プロバイオティクス。 便秘予防と解消 / お口の健康 / 歯周病予防 / 虫歯予防 / ドライアイの改善 ヒト由来 生きたまま腸に届き増える 小腸に定着性の高いフェカリス菌。ビフィズス菌やアシドフィルス菌などの増殖もサポートする。 死菌(殺菌済み)[…][zendamakinblog.com]

  • 膀胱脱

    泌尿器科 石浦嘉之(泌尿器科部長) 【膀胱脱、子宮脱とは?】 膀胱脱や子宮脱、直腸脱、膣断端脱等を総称して骨盤臓器脱といいます。 女性骨盤底筋の緩みや出産に伴う損傷等によって加齢とともに膀胱や子宮など骨盤内臓器が膣口から体外に脱出することがあります。昔は膣口から膀胱や子宮が垂れ下がって脱出している状態を「なすび」と呼んでいました。その「なすび」こそが骨盤臓器脱なのです。(図1膀胱脱、図2子宮脱、図3膀胱脱と子宮脱の合併) 【どういった症状があるの?】[…][toyamah.johas.go.jp]

  • 緑膿菌

    緑膿菌(りょくのうきん、学名、Pseudomonas aeruginosa)は、細菌に分類される、グラム陰性で好気性の桿菌の1種であり、地球上の環境中に広く分布している代表的な常在菌の1つでもある。ヒトに対しても病原性を持つものの、仮に健常者に感染しても発病させることはほとんど無い。対して、免疫力の低下した者に感染すると、日和見感染症の1つとして数えられる緑膿菌感染症の原因となる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性前立腺炎

    前立腺炎のNIHコンセンサス分類 番号 分類 特徴 尿所見 マッサージ前 マッサージ後 I 急性細菌前立腺炎 尿感染の急性症状 白血球 / 細菌 / II 慢性細菌前立腺炎 同一菌による再発尿感染 白血球 / 細菌 / III 慢性前立腺炎/慢性骨盤痛症候群 主な症状として疼痛,排尿症状,および性機能障害 IIIa 炎症性 白血球[msdmanuals.com]

  • 前立腺癌

    『TOMOの会(患者会)』が実施した 「トモセラピー治療」に関するアンケート結果を公開しました。 「治療後のPSA推移、副作用、QOL、余病、再発・転移」 『TOMOの会(患者会)』が2013年10月実施 母数103人 【アンケート項目】 Q1:トモセラピー治療後の経過年数について Q2:トモセラピー治療後のPSAの推移状況について Q3:トモセラピー治療後の現在の副作用の有無(重複回答) Q3-A:「排尿関連」 Q3-B:「排便関連」 Q3-C:「下血関連」 Q3-D:「男性機能」 Q3-E:「その他」 Q4:全体的なQOLの変化について[…][tomotherapy.jp]

  • 前立腺腺癌

    Prostatic Cancer 解説:藤戸 章 ( 吹田病院 副院長・泌尿器科科長) 前立腺がんはこんな病気 前立腺がんとは、前立腺の細胞がなんらかの原因によって無秩序に自己増殖を起こす病気です。前立腺は男性生殖器のひとつで、膀胱の下にあります。前立腺の大きさは15 20gのクルミ大で、その中を尿道が走っています。精液の一部で、精子を活性化させる働きのある前立腺液を分泌しています。 前立腺の位置と前立腺がんの好発部位[…][saiseikai.or.jp]

さらなる症状