Create issue ticket

考えれる156県の原因 再発性下痢

  • 食品アレルギー

    アレルギーを克服する「経口免疫療法」で逆に重篤な症状になるケースも (depositphotos.com) 現在、日本の1歳未満の子どもの10〜20人に1人が発症している食物アレルギー。主に卵や牛乳、小麦などに含まれる「タンパク質」が体内で「異物(アレルゲン)」と認識され、それらを食べることで、むくみ、じんましん、吐き気や嘔吐などの症状が引き起こされる。 食物アレルギーは子どもに多くみられるのが特徴で、6歳以下の乳幼児が患者数の80%近くを占める。国の調査によれば、全国の公立小中高で食物アレルギーを持つ児童生徒は「2004年の2.6%」から、「2013年には4.5%」と年々増え続けている。[…][healthpress.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

  • 乳糖不耐症

    牛乳を飲むとお腹がごろごろ カルシウムやビタミンDに富み、 アミノ酸バランス もよく、子供の成長にはもちろん、 大人にとっても骨粗しょう症やイライラ(カルシウム不足で悪化!)を防ぎ、自律神経のバランスを 整えるスーパー食品・牛乳。ですが、「牛乳を飲むとお腹がごろごろする」という方がいます。 別にお腹が冷えるからではなくて、温めたものや、アイスクリームもだめというお気の毒な方まで...。 他に、お腹が張る、ひきつるように痛む、気分が悪くなる、下痢ぎみになるなどの症状が出る方もいます。 乳児以外で出るこういう症状は、 乳糖不耐症 といって、別に牛乳にアレルギーがあるわけでありません。 小腸内で[…][web.archive.org]

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群 ( IBS )は、器質的疾患を伴わず、腹痛あるいは腹部不快感とそれに関連する便通異常が慢性もしくは再発に持続する機能性消化管疾患である。[medical.nikkeibp.co.jp] 検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛とそれに関係する便通異常が慢性的または再発に持続する機能性消化管疾患である。[ja.wikipedia.org] IBSは、便形状に基づくRomeIV基準により、便秘型IBS(IBS-C)、下痢型IBS(IBS-D)、混合型IBS(IBS-M)、分類不能型IBS(IBS-U)の4つのサブタイプに分類される。IBSは致死的な疾患ではないが、IBSの有病率は10 20%と非常に高く、症状により日常生活が制限されることでQOLが著しく低下する。[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性腸疾患

    白内障 白内障は加齢に伴って目の水晶体に濁りが発生してくる病気ですが、糖尿病の方は比較的若いうちに発症してくることが多いです。「かすみ」や「まぶしさ」などの症状が出てきます。見やすくするためには手術が必要ですが、血糖値が高いうちは手術による合併症がおこりやすいので、血糖コントロールの状態と白内障の程度を勘案して手術の時期を相談していきます。 糖尿病網膜症[…][omaezaki-hospital.jp]

  • 大腸炎

    消化器学(しょうかきがく、英: gastroenterology)は、内科学の一分野。 元々の語源となっているように「胃腸学(Gastroenterology)」を元として、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸等から、肝臓、胆嚢、膵臓などの「肝臓学(Hepatology)」を含む消化器(digestive)全般を取り扱う分野となっている。 外科学分野では消化器外科学が携わる。診療科としては消化器内科と消化器外科が共に消化器センターを設置している施設もある。[…][ja.wikipedia.org]

  • 旅行者下痢

    旅行者下痢(りょこうしゃげり)は、渡航者下痢とも呼ばれ、主に国外旅行者が滞在先、あるいは帰国後10日以内に3回/日の下痢症状が起こった状態である。複数の病原体が原因になることもある。 病原性と非病原性に大別される。 水、油や香辛料、環境の変化によるストレス、薬剤(抗生物質)、腐敗した食物。 水 軟水の日本に対し、世界では硬水の地域が多く、含有されるミネラル分により腸が刺激され、人によって下痢となる。 油や香辛料 香辛料を多く含む料理や、変質した油脂の刺激によって下痢となる。 環境の変化によるストレス[…][ja.wikipedia.org]

  • 糖尿病性自律神経障害

    神経系には、脳と脊髄の中枢神経と、そこから分かれて全身の器官・組織に分布する末梢神経があります。中枢神経系が、知的機能、運動・感覚機能や基本的な生命活動を担うのに対し、末梢神経はその中枢神経からの情報を末端器官に伝えるとともに、全身に分布する組織からの情報を中枢神経に伝えるという役目を担っています。[…][nukada.jimdo.com]

  • セリアック病

    セリアック病の症状は、以下の1つ以上を含む場合があります 再発の腫れ、ガス、腹痛 慢性の下痢あるいは便秘、あるいは、その両方 不明体重喪失あるいは体重増加 青白い、臭いにおいがする大便 不明貧血 骨あるいは関節痛 態度変化 / うつ状態 / 被刺激性 ビタミンK欠乏症 疲労、衰弱あるいはエネルギーの欠如 発育や思春期の兆候の遅れ 成長障害[ambrosia-kk.com]

さらなる症状