Create issue ticket

考えれる4県の原因 再発性下気道感染

  • 幼年期非小細胞肺癌

    文献検索と採択 本文中に用いた略語および用語の解説 プラチナ製剤 シスプラチンとカルボプラチンの総称 ALK anaplastic lymphoma kinase 未分化リンパ腫キナーゼ ECOG eastern cooperative oncology group 米国東海岸癌臨床試験グループ EGFR epidermal growth factor receptor 上皮成長因子受容体 ORR objective response rate 客観的奏効率 OS overall survival 全生存期間 PFS progression free survival 無増悪生存期間 PS[…][haigan.gr.jp]

  • X連鎖低ガンマグロブリン血症

    HIGM1は通常、再発の上・気道の細菌感染、日和見感染、再発の(あるいは長引く)下痢を乳児期に呈する。好中球減少、血小板減少、貧血などの血液疾患もよくみられる。 自己免疫疾患や炎症性疾患(例えば、硬化性胆管炎)が報告されている。[grj.umin.jp] HIGM1は通常、再発の上・気道の細菌感染、日和見感染、発育不全を伴う再発の(あるいは長引く)下痢を乳児期に呈する。好中球減少、血小板減少、貧血もよくみられる。硬化性胆管炎のような自己免疫疾患や炎症性疾患が報告されている。しばしば中枢神経系感染の結果として起こる重大な神経学的合併症は、10 15 %の罹患男性に見られる。[grj.umin.jp]

  • 扁桃摘出術

    と’ ルーチンの手順, 安全です, それが現在行われている全身麻酔. 扁桃腺が削除または感染疾患です。 (再発急性扁桃炎) 気道閉塞の問題、または疑いのある悪性腫瘍. 子供と大人の扁桃摘出術の正しい適応につながる条件が大幅に異なる.[francescopilolli.it]

  • 神経管欠損、X連鎖

    HIGM1は通常、再発の上・気道の細菌感染、日和見感染、再発の(あるいは長引く)下痢を乳児期に呈する。好中球減少、血小板減少、貧血などの血液疾患もよくみられる。 自己免疫疾患や炎症性疾患(例えば、硬化性胆管炎)が報告されている。[grj.umin.jp] HIGM1は通常、再発の上・気道の細菌感染、日和見感染、発育不全を伴う再発の(あるいは長引く)下痢を乳児期に呈する。好中球減少、血小板減少、貧血もよくみられる。硬化性胆管炎のような自己免疫疾患や炎症性疾患が報告されている。しばしば中枢神経系感染の結果として起こる重大な神経学的合併症は、10 15 %の罹患男性に見られる。[grj.umin.jp]

さらなる症状