Create issue ticket

考えれる18県の原因 内分泌機能不全

  • ヘモクロマトーシス
  • 頭蓋咽頭腫

    頭蓋咽頭腫とは 良性脳腫瘍の代表的なもののひとつで、胎生期の頭蓋咽頭管が消えずに残ったものから発生する先天性腫瘍と考えられています。原発性脳腫瘍の3%を占め、全年齢層にわたってみられますが、約20%は15歳未満の小児期に発生し、小児脳腫瘍の中の約9%(第4位)を占めます。 ホルモンの中枢である下垂体をぶら下げる柄に発生し、頭蓋底の中央にあるトルコ鞍と言う頭蓋骨のくぼみの中あるいはその直上に7割が存在します。嚢胞を形成しやすく、中にモーター油に似た内用液とコレステロール結晶を含みます。腫瘍実質内には、砂状、結節状の石灰沈着がみられます。 頭蓋咽頭腫の症状[…][square.umin.ac.jp]

  • 浮腫

    全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 多発性内分泌腫瘍症 1型
  • 多発性内分泌腫瘍症2型
  • 自己免疫多腺性内分泌障害
  • 悪液質

    がん細胞が増殖するとミトコンドリアの好気的代謝が機能不全となって嫌気的解糖が亢進し(「ワールブルク効果」を参照)、産生された多量の乳酸は肝臓にてコリ回路を通じて多量のATPを消費した後、糖新生によりグルコースが再生される一連の工程を経て大量のグルコースとエネルギーが非効率に消費されることになる。[ja.wikipedia.org] 悪液質の顕著な臨床的特徴は、成人の場合は体重減少(体液貯留を補正)、小児の場合は成長障害(内分泌疾患を除く)である (Washington definition)。[ja.wikipedia.org]

  • 性機能障害

    脚注 [ 編集 ] 『泌尿器科学ハンドブック』p.168、『内分泌疾患 精機能障害』p.250 a b c d e 「性機能不全」『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版 a b c d e f g アレン・フランセス 、大野裕(翻訳)、中川敦夫(翻訳)、柳沢圭子(翻訳)『精神疾患診断のエッセンス―DSM-5の上手な使い方』金剛出版、2014[ja.wikipedia.org] 機能障害』メジカルビュー 1999年12月 「勃起障害」(p.241 -) 関連項目 [ 編集 ] 性科学 不妊症 男性不妊症 勃起不全 射精障害 遅漏 ・ 早漏[ja.wikipedia.org] […] of Urology 泌尿器科学ハンドブック』 (第11章 「性機能障害」、第12章「男性不妊症」) 大学教育出版 2001年6月 ISBN 4-88730-449-8 永田尚夫、齋藤宗吾、山崎高明 『性機能障害と未完成婚』 フリープレス 1997年11月 ISBN 4-7952-3038-2 吉田修 監修 『新 図説泌尿器科学講座 4 内分泌疾患[ja.wikipedia.org]

  • 自然流産

    母体の高齢化 感染症 子宮の異常(子宮頸管無力症、子宮奇形、子宮筋腫など) 黄体機能不全、高プロラクチン血症 内分泌疾患 染色体の異常 遺伝子病 免疫異常(免疫応答の異常など) 血液型不適合 概念:流産が生じようとしている状態。流産になる場合と持ちこたえる場合とがある。子宮出血はあるが頸管は開大していない。[ja.wikipedia.org]

  • 肥満

    内分泌性肥満 甲状腺機能低下症、クッシング症候群、性腺機能低下症、成人成長ホルモン分泌不全症、多囊胞性卵巣症候群、インスリノーマなど 遺伝性肥満 視床下部性肥満 薬剤性肥満 2003年の世界保健機関 (WHO) の報告書では、肥満を増加させる要因として、高カロリー食品、動物性脂肪などに多い飽和脂肪酸、ファーストフード、砂糖の添加されたジュース[ja.wikipedia.org]

さらなる症状