Create issue ticket

考えれる515県の原因 内分泌機能不全

  • ヘモクロマトーシス

    新生児ヘモクロマトーシスの発症予防・症状軽減・安全性を検証 国立成育医療研究センターでは,周産期・母性診療センター,臓器移植センター,総合診療部共同で,新生児ヘモクロマトーシスと診断されたお子さんを妊娠・出産したことがある妊婦さんを対象とした免疫グロブリン製剤の医師主導治験(第Ⅲ相試験)を2018年6月から開始しました。 プレスリリースのポイント 妊婦さんに免疫グロブリン製剤の大量静注療法を行うことによって、新生児ヘモクロマトーシスの発症を予防し、症状を軽減できるか、安全に行えるかを確認します。[…][ncchd.go.jp]

  • 頭蓋咽頭腫

    頭蓋咽頭腫とは 良性脳腫瘍の代表的なもののひとつで、胎生期の頭蓋咽頭管が消えずに残ったものから発生する先天性腫瘍と考えられています。原発性脳腫瘍の3%を占め、全年齢層にわたってみられますが、約20%は15歳未満の小児期に発生し、小児脳腫瘍の中の約9%(第4位)を占めます。 ホルモンの中枢である下垂体をぶら下げる柄に発生し、頭蓋底の中央にあるトルコ鞍と言う頭蓋骨のくぼみの中あるいはその直上に7割が存在します。嚢胞を形成しやすく、中にモーター油に似た内用液とコレステロール結晶を含みます。腫瘍実質内には、砂状、結節状の石灰沈着がみられます。 頭蓋咽頭腫の症状[…][square.umin.ac.jp]

  • 多発性内分泌腫瘍症2型

    慢性腎不全、敗血症、肺や消化管の神経内分泌腫瘍、高ガストリン血症、肥満細胞症、自己免疫性甲状腺疾患、偽性副甲状腺機能低下症1A型の患者でも血清カルシトニン濃度は上昇する[Costanteら2009]。 このような2次性CCHは加齢によって、また副甲状腺機能亢進症患者でも起こることが報告されている。[grj.umin.jp]

  • 自己免疫多腺性内分泌障害

    次に,通常10歳未満で副甲状腺機能低下症が発生する。最後に,15歳未満で副腎機能不全が生じる。内分泌および内分泌以外の随伴疾患( 1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 )が,患者が少なくとも40歳前後になるまでは発生し続ける。 2型(Schmidt症候群) 2型は一般に成人に生じ,発生のピークは30歳である。[msdmanuals.com] の原因と推定される劣性遺伝性疾患またはインプリンティング異常 [OMIM 600089 ] 多腺性内分泌機能不全症を伴う症候群 自己免疫性多腺性内分泌機能不全症-カンジダ症-外胚葉性ジストロフィー (APECED: Autoimmune polyendocrinopathy-candidiasis-ectodermal dystrophy)[grj.umin.jp] 自己免疫性多腺性内分泌不全症 特発性副腎甲状腺機能低下症 多腺性自己免疫症候群1型 多腺性自己免疫症候群2型 多腺性自己免疫症候群3型 カルチノイド症候群 カルチノイド症候群 ソーソン・ビオルック症候群 異所性ホルモン分泌,他に分類されないもの 異所性ADH産生腫瘍 異所性ホルモン産生腫瘍 アンドロゲン抵抗性症候群 精巣性女性化症候群 女性化症[scuel.me]

  • 多発性内分泌腫瘍症 1型

    トップ No.4790 差分解説 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)における胸腺神経内分泌腫瘍 【胸腺全摘が原則で,進行の程度によっては拡大胸腺全摘や術後放射線治療が追加】 多発性内分泌腫瘍症1型(MEN1)は,原発性副甲状腺機能亢進症(PHPT)や膵・消化管神経内分泌腫瘍(GEPNET),下垂体腺腫などに発生し,PHPTが最も高頻度に認められる症候群である(文献1)。胸腺・気管支の神経内分泌腫瘍(NET)も約15%に認められる。海外の報告では胸腺NETは男性に,気管支NETは主に女性に認められると報告されていたが,わが国のデータ集積からは,胸腺NETの36%は女性に認められた(文献2)。[…][jmedj.co.jp]

  • 浮腫

    全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    本培養キットは、マウス膵臓をコラゲナーゼ注入処理し、さらにハンドピックアップ法にて膵島を 分離済み、ロット管理された専用培地、グルコース含有バッファーが付属、別売りの膵島用細胞 分散液(品番PNIDM)にて内分泌細胞を自家調整することが可能です。 膵島障害性因子の検索、膵内分泌機能の解析、内分泌機能不全治療薬の開発等にご利用下さい。[hssnet.co.jp] その他 1 PADAM 河 源 559 2 自己免疫性内分泌腺症候群(1型,2型,3型,4型) 清水 力 565 3 腎不全による内分泌機能不全 菅原 照 571 4 放射線による内分泌機能不全 芝本 雄太 575 5 リソゾーム病に伴う内分泌異常 衛藤 義勝 579 6 家族性高身長/体質性高身長 田中 敏章 583 7 Beckwith-Wiedemann[nippon-rinsho.co.jp] 次に,通常10歳未満で副甲状腺機能低下症が発生する。最後に,15歳未満で副腎機能不全が生じる。内分泌および内分泌以外の随伴疾患( 1型,2型,および3型の多腺性機能不全症候群の特徴 )が,患者が少なくとも40歳前後になるまでは発生し続ける。 2型(Schmidt症候群) 2型は一般に成人に生じ,発生のピークは30歳である。[msdmanuals.com]

  • 寒冷暴露

    (低血糖,甲状腺機能低下症,副腎不全など),神経疾患(脳血管障害,Parkinson病など),敗血症,ショックなどがある.[kotobank.jp] 体温の低下を抑制し,一方でシバリングや甲状腺ホルモン・カテコールアミン分泌による熱産生を促進させて,体温を維持する.熱の喪失が熱産生を上回ると,シバリングは消失し体温は急速に低下する.低体温症は,寒冷環境に暴露されなくても夏季や屋内でも発生する.危険因子には,年齢(高齢者,新生児),アルコールや薬物(バルビツレート,フェノチアジンなど),内分泌疾患[kotobank.jp]

  • 性腺機能低下症

    EDの原因(3) 慢性疾患 慢性疾患に伴う性機能障害 糖尿病とは 糖尿病の現状とEDに及ぼす影響 糖尿病患者とEDの関係 糖尿病性EDは何故発症するか 慢性腎不全とED EDと透析の関連 腎不全によってEDになる原因(1) 腎不全によってEDになる原因(2) 腎不全によってEDになる原因 内分泌疾患とED 内分泌疾患(1) 性腺機能低下症と[menslabo.com] 性腺機能低下症(性腺機能不全、低生殖器症)は、体内のアンドロゲンのレベルの低下によって引き起こされ、外性および内性器生殖器官の発育不全ならびに不明瞭に表現された二次性徴を特徴とする内分泌疾患である。[ja.med-directory.com] 思春期遅発をきたす病態には、心疾患・血液腫瘍疾患、腎疾患などの慢性疾患、体操やマラソンの選手のように過度のエネルギー消費、過度の肥満、甲状腺機能低下症・成長ホルモン分泌不全生低身長症などの内分泌疾患、栄養失調、神経性食思不振症、愛情遮断症候群、麻薬中毒者などがあります。[tanaka-growth-clinic.com]

  • 皮膚炎

    代謝性疾患 肝硬変、尿毒症、慢性腎不全、痛風など 内分泌性疾患 糖尿病、甲状腺機能亢進症(バセドウ病)、妊娠中毒症など 悪性腫瘍 悪性リンパ腫(ホジキン病、菌状息肉症)など 血液疾患 多血症、鉄欠乏性貧血など 寄生虫症 回虫、十二指腸虫など 心因性 神経症、ストレス、精神的不安など 治療 かゆみの原因となっている病気があれば、その治療が第一[hifunokoto.jp]

さらなる症状