Create issue ticket

考えれる123県の原因 全身性リンパ節腫脹

  • トキソプラズマ感染症

    抄録 トキソプラズマ感染症は,免疫抑制状態にある膠原病患者における日和見感染症の一つとして知られており,しばしば髄膜炎や網脈絡膜炎などの症状を呈する.筆者らはトキソプラズマ感染症を併発した膠原病の2例を経験した.症例1は49歳,全身性エリテマトーデス(Systemic Lupus Erythematosus:以下SLEと略)・強皮症(Systemic[…][jstage.jst.go.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 帯状疱疹

    抄録 症例は66歳男性. 32歳から2型糖尿病, 52歳時に慢性C型肝炎による膜性増殖性糸球体腎炎からの末期腎不全で血液透析導入となった. X年2月, 腰痛の出現後から左下肢の筋力低下と両下肢痛が出現し歩行困難となったため入院となった. MRIにて胸椎2-3レベルの脊髄の腫大を認め, 左側よりにT1, T2強調画像で淡いhigh intensity areaを認めた. 髄液検査にて水痘帯状疱疹ウイルスを認めたが, 皮疹を認めないことから無疹性帯状疱疹に伴う脊髄炎と診断した. 免疫能が低下していると皮疹が現れにくいといわれており, そのため診断に苦慮することが多い. 本例は糖尿病, 肝硬変,[…][doi.org]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    May 12 ME/CFS & Lyme Japan 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? 筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは? こちらをクリック 2019年 ”ひとりじゃないよ!”-目に見えない!社会に見えない障害:ME/CFS,FM, MCS, Lyme5月世界啓発フェスの動画配信は、 こちらをクリック! 世界のME患者の健康の平等を訴える #MillionsMissing2019登録イベントです。 一緒にネット啓発運動をしよう![…][markhouse-projects.com]

  • 皮膚癌

    内容紹介 皮膚癌のなかで最も頻度の高いものが基底細胞癌と有棘細胞癌であり,欧米では非黒色腫皮膚癌(non-melanoma skin[…][amazon.co.jp]

  • 猩紅熱

    猩紅熱(しょうこうねつ、英: Scarlet fever)は、小児に多い発疹性伝染病。明治年間に法定伝染病に指定され恐れられていた病気の一つだが、抗生物質が開発された後には、容易に治療が可能となった。このため、猩紅熱は伝染病予防法に定められていた法定伝染病(届け出が必要)であったが、1998年の法改正に伴い、猩紅熱は法定伝染病ではなくなった。現在の感染症法ではA群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症)として診断・治療を行うことがほとんどである。 A群β溶血性連鎖球菌の毒素(発赤毒(erythrogenic toxin)[…][ja.wikipedia.org]

  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • バセドウ病

    バセドウ病とは? びまん性甲状腺腫大(首の甲状腺がびまん性に腫れて大きくなること)、頻脈(脈が速くなること)、眼球突出(眼が出てくること)を3大徴候とする自己免疫性疾患であり、甲状腺機能亢進症を認める疾患の70〜80%を占めています。甲状腺機能亢進症は血液中の甲状腺ホルモンが過剰になって、全身の代謝が亢進し、特有な臨床症状を呈する状態を言います。またバセドウ病は、英語圏ではグレーブス病とも呼ばれます。 びまん性甲状腺腫 バセドウ病の原因は? 甲状腺は脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(thyroid stimulating hormone :[…][jspe.umin.jp]

  • 薬物過敏症

    ホーム 医学用語解説集 索引 や 医学用語 解説集 薬物過敏症 体内に吸収された薬物が通常示す作用ではない有害な症状・所見を示す場合をいい,次の3つに分類される。 薬理作用増強反応: 常用量の薬物を用いたにもかかわらず,薬理作用が増強し,生体に有害な作用がでる場合である。例として,キシロカインによるショックや心停止などがある。 薬物アレルギー反応: 薬剤が抗原抗体反応を引きおこし,ショックや炎症,臓器障害をおこす有害反応である。薬物過敏症のほとんどを占める(アナフィラキシーショック)。 特異体質反応:[…][jaam.jp]

さらなる症状