Create issue ticket

考えれる41県の原因 全身性エリテマトーデス

  • 日焼け

    また、日焼けは稀に身性エリテマトーデス発症のきっかけになるともされている。 テトラサイクリン系などの抗生物質、抗てんかん薬や抗精神病薬及び避妊薬は副作用に光線過敏があり日焼けのリスクを増大させる。 抗がん剤では種類によって黒っぽい日焼けを起こすことがあるが、問題のある症状ではない。[ja.wikipedia.org]

  • 乾癬

    乾癬(かんせん、英: psoriasis)は、慢性の皮膚角化疾患である。伝染性感染症ではない。 尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん、 psoriasis vulgaris ) - 尋常性とは「普通の、ありふれた」という意味から来ており、乾癬では最も患者数が多いとされる。 関節症性乾癬(かんせつしょうせいかんせん) 膿疱性乾癬(のうほうせいかんせん) 滴状乾癬(てきじょうかんせん) 乾癬患者では心臓冠動脈の動脈硬化プラークの断面積比率が高いとの報告がある。 典型的には、赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ。皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、皮屑(ひせつ)とも呼ばれる)を伴う発疹が出現する。[…][ja.wikipedia.org]

  • ヘモクロマトーシス
  • 全身性エリテマトーデス

    薬剤誘発性ループス(薬剤によりSLE様症状を呈した状態) 円板状エリテマトーデス(DLE)(SLEの前駆症状であることがある) 身性エリテマトーデス(指定難病49) - 難病情報センター 身性エリテマトーデス - 大阪大学[ja.wikipedia.org] 抄録 身性エリテマトーデス(SLE) 193例(男性17例,女性176例)を対象にSLEの肝障害について検討した.肝障害は各患者の初診時からの経過を調べTransaminaseが40IU/m l 以上を認めた症例とした. SLE193例中78例(40.4%)に肝障害を認めた.[jstage.jst.go.jp] 身性エリテマトーデス(SLE)症例の10%以上が薬剤誘発性であると推定されている。直接的な要因は未解明であるが、ウイルス感染、内分泌異常、遺伝因子、人種などが複雑に関与するとされている。 双生児研究によると、一卵性双生児では25%の疾患一致率を認めるが、二卵性双生児では10%に満たない。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺機能亢進症

    甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)とは、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。甲状腺ホルモンは細胞レベルで非常に大切なホルモンであり、体の殆どの組織に影響を及ぼす。代謝内分泌疾患の一つ。 甲状腺ホルモンは身体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の臓器細胞の働きが過剰になる。肉体及び精神に様々な影響を及ぼす。 主に心臓の活動が上がって頻脈になり、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、重い疲労感の症状がある。 心拍数の増加、高血圧 発汗量の増加、体温の上昇 皮膚のかゆみ、口が乾く 手足の震え 躁状態、勇敢、やる気の増大[…][ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    関節リウマチ(かんせつリウマチ、rheumatoid arthritis:RA)とは、自己の免疫が主に手足の関節を侵し、これにより関節痛、関節の変形が生じる代表的な膠原病の1つで、炎症性自己免疫疾患である。 四肢のみならず、脊椎、血管、心臓、肺、皮膚、筋肉といった全身臓器にも病変が及ぶこともある。 以前は、「慢性関節リウマチ」と呼ばれていた。第6回日本リウマチ学会総会(1962年)において「rheumatoid arthritis」の日本語訳が「慢性関節リウマチ」に決定されたためだが、「rheumatoid[…][ja.wikipedia.org]

  • 再発性多発軟骨炎

    再発性多発軟骨炎 (さいはつせいたはつなんこつえん、再発性多発性軟骨炎とも、 英 : relapsing polychondritis: RP )は、原因不明の 軟骨 の破壊・腫脹を来たす慢性疾患である。 膠原病 類縁疾患、 自己免疫疾患 のひとつで、全身の 軟骨 に炎症をきたし、その名のとおり寛解と再発を繰り返す。1923年 Jaksc-Wartenhorstが症例報告し、1960年 Pearsonらが現在の病名で自験例をNew England Journal of Medicineに報告した [1] 。 日本での正確な統計はないが、 アメリカ ・ ミネソタ州[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性硬化症

    ※5 身性エリテマトーデス 全身の臓器に炎症が起こる自己免疫疾患の一種。発症の原因についてはよくわかっていない。患者は健常者に比べて血液中のEBウイルスに対する抗体価が高い。 ※6 多発性硬化症 脳、脊髄、視神経に障害が起き、様々な症状が発症する病気。原因は不明であるが、自己免疫疾患であるとの考えが有力である。[resou.osaka-u.ac.jp] 大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの研究グループは2015年、自己免疫疾患の身性エリテマトーデスや多発性硬化症との関わりが知られているEBウイルスによる自己免疫疾患発症のメカニズムを分子生物学的に示した。[ja.wikipedia.org]

  • 結節性多発動脈炎

    エリテマトーデス(SLE) 皮膚エリテマトーデス(DLE) 深在性エリテマトーデス 抗リン脂質抗体症候群 シェーグレン症候群(SjS) 皮膚筋炎(DM) 身性強皮症(SSc) 限局性強皮症 混合性結合組織病(MCTD) オーバーラップ症候群 結節性多発動脈炎(PM) 成人スティル病(成人Still病) 好酸球性筋膜炎 関節リウマチ(RA)[ja.wikipedia.org] ペラグラ 腸性肢端皮膚炎 黄色腫症 ムチン沈着症 痛風(高尿酸血症) 石灰沈着症 弾性線維性仮性黄色腫 エーラス・ダンロス症候群(Ehlers-Danlos症候群) 皮膚弛緩症 マルファン症候群(Marfan症候群) 骨形成不全症 サルコイドーシス 環状肉芽腫 異物肉芽腫 肉芽腫性口唇炎 リポイド類壊死症 Weber-Christian病 身性[ja.wikipedia.org]

さらなる症状