Create issue ticket

考えれる214県の原因 全血球算定異常, 末梢神経障害による遠位肢の筋力低下

つまり: 全血球算定異常, 末梢神経障害, よる遠位肢, 筋力低下

  • 皮膚筋炎

    ADMは筋力低下は認められないが筋電図検査などでは筋原性変化などが認められるもの(clinically ADM;CADM)をここでは指す。[ja.wikipedia.org] 2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp]

  • 多発性筋炎

    2) 皮膚症状がなく、手指屈筋力低下や治療反応性が乏しい臨床的特徴がなく、筋生検で縁取り空胞がみられなければ、多発性筋炎か免疫介在性壊死性ミオパチー。 3) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状のいずれかがあれば皮膚筋炎。 4) 皮膚症状のいずれかがあり、筋力低下症状がなければ無筋症性皮膚筋炎。[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 背景 多発性筋炎(PM)/皮膚筋炎(DM)は、組織学的な特徴として慢性の炎症と横紋筋の障害、臨床的には進行性の筋力低下を特徴に持つ自己免疫性疾患である。主に、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤にて治療されるが、治療後にも半数以上の患者に筋力低下や ADL の低下が残ることが明らかになっている。[research-er.jp] 皮膚の症状がみられるものの筋力低下がみられない場合もあります。 図1.ゴットロン丘疹 関節症状 関節痛・関節炎がみられる事があります。関節リウマチのように骨が破壊されたり、変形したりすることはなく、軽症のことが多いと言われています。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    貧血と末梢神経障害の有病率はいずれもメトホルミン群で高かった。 (編集部) 1 名の先生が役に立ったと考えています。[medical-tribune.co.jp] その後、病状の進行とともに末梢神経障害として四肢のじんじん感や灼熱感などの感覚障害が、さらに進むと四肢の筋力低下もみられるようになります。また心臓に対する影響としては、心拍数は増加し、心拍出量が増え、末梢の血管は拡張し、皮膚が温かく湿った感じとなります。さらに進行すると心不全をきたし、肺に水がたまったり、足などにむくみをきたします。[itsuki-hp.jp] 貧血が起こり、蒼白、筋力低下、疲労が生じ、重度の場合には息切れやめまいも起こります。 重度の欠乏症によって神経が損傷することがあり、手足のチクチク感や感覚消失、筋力低下、反射消失、歩行困難、錯乱、認知症が起こります。 診断は、血液検査の結果に基づいて下されます。[msdmanuals.com]

  • 結節性多発動脈炎

    末梢神経障害による3肢以上の機能障害(筋力3)、もしくは1肢以上の筋力全廃(筋力2以下)。 脳血管障害による完全片麻痺(筋力2以下)。 血管炎による消化管切除術を施行。[vas-mhlw.org] […] f.末梢神経障害による3肢以上の機能障害(筋力3)、又は1肢以上の筋力全廃(筋力2以下)。 g.脳血管障害による完全片麻痺(筋力2以下)。 h.血管炎による消化管切除術を施行。[nanbyou.or.jp] 症状と徴候は一様ではなく,主に障害された臓器または器官系によって異なる: 末梢神経系: 通常,腓骨神経,正中神経,または尺骨神経の運動障害および感覚障害の徴候を伴う多発性単神経炎のような,非対称性の末梢神経障害を呈する。神経枝がさらに侵されるにつれ,遠位部に対称性の多発神経障害がみられることがある。[msdmanuals.com]

  • リウマチ性多発筋痛症

    典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。[msdmanuals.com]

  • アミロイドーシス

    末梢神経障害として知覚障害、無感覚、筋力低下を認める。感覚障害は通常左右対称性で下肢に多く、ときに痛みを伴う。手根管症候群は他の症状より1年以上先行して見られることが多い。[ja.wikipedia.org] 初期には全身倦怠感、体重減少、浮腫、貧血などの非特異的症状があり、経過中にうっ血性心不全、蛋白尿、吸収不良症候群、 末梢神経障害 、起立性低血圧、手根管症候群、肝腫大、巨舌、皮下出血などを呈する。巨舌は特徴的であり約20%に認められる。血管への沈着が著明であれば出血傾向を呈し、紫斑や皮下出血、粘膜下出血を認める。[ja.wikipedia.org] TTR型FAPはポルトガルのAndradeにより末梢神経障害を主体とした家族性の全身性アミロイドーシスとして報告された。1983年にTawaraらにより最も多いTTR変異である30番目のバリンがメチオニンに変異したタイプ(Val30Met)が報告された。[ja.wikipedia.org]

  • 貧血

    集中力の低下 頭痛 食欲不振 筋力低下 疲れやすい 顔色が悪い 息切れしやすい これらが、貧血の主な症状になります。 あなたのスマホが、お薬手帳に! 鉄分不足だけが貧血の原因じゃないの? 貧血は、原因によって4種類に分けられます。[epark.jp]

  • 血管炎

    神経の障害(末梢神経障害) 特に下肢,足先のしびれや動かしにくい,力が入りにくいといった症状が出ます。 消化管の障害 腸管に潰瘍や出血を起こし,腹痛が出たり,下血することがあります。 治療法 ステロイドを中心に,免疫抑制剤を併用します。[aichi-med-u.ac.jp] 患者 [1] 副腎皮質ステロイドをプレドニゾロン換算で40 mg/日(又は0.6 mg/kg/日)以上を2週間以上 [2] [1]に続き、[1]を含めて20 mg/日以上を8週間以上 B:Aに続き漸減後に、副腎皮質ステロイドをプレドニゾロン換算で2.5 mg/日以上15 mg/日以下の一定用量を4週間以上 ・MPAに対して寛解導入療法期に末梢神経障害[nibiohn.go.jp] 結節性多発動脈炎 中型動脈の炎症 疲労、発熱、体重減少 筋肉や関節の痛み 侵された臓器により様々な症状 腹痛 高血圧 腕や脚のしびれ、チクチク感、または筋力低下 高安動脈炎(大動脈炎症候群) 大動脈、大動脈から分岐する動脈、肺動脈の炎症 通常は若い女性にみられる 腕や脚を使うときの痛みや疲労 めまい 脳卒中 高血圧 *これらの病気の多くは[msdmanuals.com]

  • 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

    末梢神経障害による筋力全廃(筋力2以下)。 f. 腸管穿孔 g.[nanbyou.or.jp] 神経の障害(末梢神経障害) 特に下肢,足先のしびれや動かしにくい,力が入りにくいといった症状が出ます。 消化管の障害 腸管に潰瘍や出血を起こし,腹痛が出たり,下血することがあります。 治療法 ステロイドを中心に,免疫抑制剤を併用します。[aichi-med-u.ac.jp] による知覚異常および運動障害 消化管出血 手指•足趾の壊疽 ※3;生命予後に深く関与する不可逆的な臓器障害 在宅酸素療法が必要な場合 血清クレアチニン値が8.0 mg/dl以上の腎不全 NYHA4度の心不全徴候 脳血管障害による完全片麻痺(筋力2以下) 末梢神経障害による筋力全廃(筋力2以下) 腸管穿孔 切断が必要な手指•足趾の壊疽[vas-mhlw.org]

  • 慢性アルコール依存症

    赤血球中トランスケトラーゼ活性が低下する.治療はVB 1 を投与する. c)ペラグラ(pellagra):アルコールによるニコチン酸欠乏で起こる.顔面,手・足背など日光露出部に紅斑,色素沈着,皮膚肥厚(ペラグラ疹)を認める.下痢,舌炎,胃液分泌欠乏などの胃腸症状や貧血に続いて健忘,譫妄,錯乱,幻覚,妄想などの精神症状,ときに認知症を認める.末梢神経障害[kotobank.jp] 神経・筋肉系の病気 アルコール性末梢神経障害 ウェルニッケ脳症 眼振 失調性歩行 アルコール性小脳失調症 アルコール依存症かな?と思う人が身近にいたら[alcoholic-navi.jp] 身体への影響 急性肝炎、肝硬変、肝癌、急性・慢性膵炎、膵臓癌、糖尿病、高血圧、痛風、逆流性食道炎、食道静脈瘤破裂、マロリ―ワイス症候群、口腔癌、咽頭癌、喉頭癌、食道癌、胃癌、大腸癌、末梢神経障害、大腿骨骨頭壊死、心筋症、不整脈、頭部外傷など、アルコールはあらゆる身体疾患を引き起こします。[sakuranoki-akihabara.com]

さらなる症状

類似した症状