Create issue ticket

考えれる426県の原因 全血球算定異常

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • ビタミンB12欠乏

    抄録[…][doi.org]

  • 貧血

    貧血(ひんけつ)とは血液が薄くなった状態である。医学的には、血液(末梢血)中のヘモグロビン(Hb)濃度、赤血球数、赤血球容積率(Ht)が減少し基準値未満になった状態として定義されるが、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った場合に貧血とされる。 医療業界では、アネミー、アネミ、アニーミア(Anemia)ということもある。 血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠感や蒼白その他の諸症状が現れる。[…][ja.wikipedia.org]

  • アトピー

    アトピー性皮膚炎とは、長期にわたって、かゆみを伴う湿疹が、良く なったり悪くなったりして、慢性の経過をたどる湿疹の一種で、多く の方にアトピー素因が認められます。 では、アトピー素因は何かといいますと、「アトピー」とは一つの体 質を表す言葉で、アレルギー反応を起こしやすい体質をアトピー体質 と言うことができます。 すなわちアトピー体質とはアレルギー体質とほぼ同等の言葉と考えて もよろしいかと思います。 アトピー性皮膚炎の診断には、以下の3つの項目を満たすことが出来れば アトピー性皮膚炎と診断することが出来ます。その3つの項目とは、下記 3項目です。 1.かゆみを伴うこと。[…][kodomo-clinic.info]

  • 急性副鼻腔炎

    副鼻腔炎ってどんな病気なの? 鼻腔(びくう)とは、 下の図で緑色 の部分。鼻の中のことです。鼻腔の周りには骨で形作られた空洞が繋がっていて、それらを副鼻腔(ふくびくう)と呼びます。 副鼻腔はその場所によって名称が異なり、 上顎洞 (じょうがくどう:ほおの奥; 図の赤色 ) 篩骨洞 (しこつどう:眉間の奥; 図の青色 ) 前頭洞 (ぜんとうどう:眉毛の奥; 図の黄色 )と呼ばれます。 副鼻腔の内部は鼻から連なる薄い粘膜におおわれた空洞になっています。 鼻腔から副鼻腔にばい菌が入り炎症を起こした状態が副鼻腔炎です 副鼻腔の粘膜が腫れたり、副鼻腔に膿汁がたまったりします。[…][mirai-ent.net]

  • アトピー性皮膚炎

    アトピー性皮膚炎(アトピーせいひふえん、英語: atopic dermatitis)とは、アレルギー反応と関連があるもののうち皮膚の炎症を伴うもの。アトピー性湿疹(英語: atopic eczema)と呼ぶ方が適切である。アトピーという医学用語は、主にタンパク質のアレルゲンに強く反応する傾向のことであり、気管支喘息、鼻炎などの他のアトピー性のアレルギー疾患にも冠されることがある。アトピーである場合、典型的には皮膚炎、鼻炎、喘息の症状を示すことがあり、その内の皮膚炎(湿疹)のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • アレルギー性鼻炎

    アレルギー性鼻炎(アレルギーせいびえん、allergic rhinitis、略:AR )とは、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を主徴とする鼻粘膜のI型アレルギーである。 鼻アレルギー(nasal allergy)とも呼ばれるが、この場合は鼻粘膜における炎症である鼻炎以外、すなわち副鼻腔などを含む鼻におけるアレルギー疾患全般を指す。しかしながら、アレルギー性鼻炎と鼻アレルギーとはしばしば同義に用いられる。 鼻過敏症(hyperesthetic rhinitis)と呼ぶこともあるが、これはさらに広義であり、アレルギーの機序によらない鼻疾患、たとえば血管運動性鼻炎なども含む概念である。[…][ja.wikipedia.org]

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 慢性アルコール依存症

    医療大全 アルコール依存症 アルコールいぞんしょう Alcoholism 【初診に適した診療科】 精神科、神経科 【どんな病気か】[…][yomidr.yomiuri.co.jp]

さらなる症状