Create issue ticket

考えれる24県の原因 全血球数 正常

  • うつ病

    〈うつ病(気分障害)〉 「うつ」ってどんな状態をいうの? うつ病の特徴 うつ状態は「ゆううつ」「おっくう」「どうどうめぐり」が重なる状態です。 《A子さんの場合》 育児疲れがなかなかすっきりしない。これまでなら、こんな「ゆううつ」な気持ちは翌日にはもとに戻っていたのに、なかなか戻らない。その上、食事の用意、掃除、洗濯が「おっくう」で仕方がない。しなければいけないと思ってなんとかできるけど、思うようにはかどらない。こんなことはいままでになかった。特に何か心配事があるわけではないように思うけど、考えることは「このままではだめだ」と「どうどうめぐり」をするばかり。[…][pref.kyoto.jp]

  • 内因性うつ病

    書誌事項 内因性うつ病からの回復 : 精神科医が自ら綴る症例報告 田中恒孝著 日本評論社, 2014.9 タイトル読み ナイインセイ ウツビョウ カラノ カイフク : セイシンカイ ガ ミズカラ ツズル ショウレイ ホウコク 内容説明・目次 内容説明 信州に生まれ育った一精神科医が語る詳細きわまる闘病体験・症例報告書! 目次 第1部 一精神科医の自分史 第2部 内因性うつ病で気づいたこと(内因性うつ病の生気悲哀;制止・仮性認知症・微小妄想について;うつ病と自殺企図;内因性うつ病時の病識) 第3部 内因性うつ病の疾病開示と職場復帰[…][ci.nii.ac.jp]

  • 不安障害

    パニック障害・不安障害とは 「パニック障害」も「不安障害」も、近年よく用いられるようになった病名ですが、正確にいうと、両者は並列関係にあるものではなく、下図のように、「パニック障害」は「不安障害」の下位分類のひとつです。 図1 不安障害と下位分類 ここに示した分類は、米国精神医学会のDSM-IV-TRによっています。もうひとつの臨床でよく使われる分類基準であるWHOのICD-10では、パニック障害と恐怖症の関係がやや異なることと、一般身体疾患や物質によるものは不安障害からのぞかれている点が異なっていますが、他はほぼ共通しています。[…][mhlw.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    州立ワシントン大学に著作権のある音源と、個人所有の写真を許可なく無断で使用し、 Youtube を使って嫌がらせをしたグループへ告ぐ。 2度までは、個人的な通報で穏便に済ませたが、 3度目は、同大学の法務に連絡をとり、法的アクションを起こすことを理解してほしい(著作権侵害) このサイトは、沢山の”命”のために「真実」を伝える目的、 および、慢性疲労症候群(15歳発症)から他の自己免疫疾患を発症するも治療法がなく (再発性多発性軟骨炎・ベーチェット病、前者は希少疾患) ---生物製剤は1%未満の重篤な副作用で使えず、殆ど全ての免疫抑制剤に深刻な副作用が出るため使用できない---[…][cocurej.web.fc2.com]

  • 非定型うつ病

    非定型うつ病という言葉をご存知でしょうか。私は今日初めて知りました。 医療法人和楽会のウェブサイト によると、過食や過眠、「気分の反応性」が症状として挙げられています。 私は、2年前を思い出して、ゾッとしています。 2年前の私、休学する前の私、体重が今より13キロも多いです。理由は過食です。 学校が終わって、バイトが始まる前にドラックストアに行って、袋一杯のお菓子や菓子パンを買ってきて、ひたすら食べました。ドラックストアって安いから、千円ちょっとでかなりの量を買えました。それを一人で黙々と食べて、バイトが終わったら賄いもたくさん食べました。[…][note.mu]

  • 中枢神経系転移

    以下の状況が当てはまります: 血球正常である。 骨髄中の5%未満の細胞が芽球(白血病細胞)である。 脳、脊髄または体内のいずれの部位にも白血病の症状・徴候が認められない。 再発性成人急性骨髄性白血病 再発性成人急性骨髄性白血病(AML)は治療されたあとに再発(再燃)したがんです。AMLは血液または骨髄に再燃することがあります。[imic.or.jp]

  • 消化不良

    ある物質の量が異常(正常より多いまたは少ない)である場合、それをつくる器官、組織における疾患の徴候である可能性があります。 血球算定検査: 血液サンプルを採取し、下記の項目を調べる手法です: 赤血球、白血球および血小板数。 赤血球中のヘモグロビン(酸素を運ぶ蛋白質)量。 サンプルにおける赤血球の構成比率。[imic.or.jp]

  • 小児胃癌

    ある物質の量が異常(正常より多いまたは少ない)である場合、それをつくる器官、組織における疾患の徴候である可能性があります。 血球算定検査: 血液サンプルを採取し、下記の項目を調べる手法です: 赤血球、白血球および血小板数。 赤血球中のヘモグロビン(酸素を運ぶ蛋白質)量。 サンプルにおける赤血球の構成比率。[imic.or.jp]

  • 急性骨髄性白血病

    以下の状況が当てはまります: 血球正常である。 骨髄中の5%未満の細胞が芽球(白血病細胞)である。 脳、脊髄または体内のいずれの部位にも白血病の症状・徴候が認められない。 再発性成人急性骨髄性白血病 再発性成人急性骨髄性白血病(AML)は治療されたあとに再発(再燃)したがんです。AMLは血液または骨髄に再燃することがあります。[imic.or.jp]

  • リンパ芽球性リンパ腫

    血球正常である。 骨髄中の芽球(白血病細胞)は5%以下である。 脊髄以外で白血病の症状・徴候が認められない。 発性成人急性リンパ芽球性白血病 再発性成人急性リンパ芽球性白血病(ALL)は寛解期後に再発(再燃)したがんです。ALLは血液、骨髄または体内の他の部分に再燃することがあります。[imic.or.jp]

さらなる症状