Create issue ticket

考えれる70県の原因 全般性抑制

  • 外傷性脳損傷

    2018.07.17 友の会役員体制のご紹介 軽度外傷性脳損傷友の会役員体制を追加しました。 ご紹介致します。 2017.01.30 軽度外傷性脳損傷の実際 -学際的アプローチと多重的脳画像診断学- 軽度外傷性脳損傷の実際―学際的アプローチと多重的脳画像診断学 ひらの亀戸ひまわり診療所整形外科/石橋徹 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科/相馬啓子 安田泌尿器クリニック神経泌尿器科/安田耕作 木沢記念病院脳神経外科/篠田淳 (労働者住民医療2015.10) Mild Traumatic Brain Injury:Multidisciplinary Approach and Multiple Neuroimaging[…][mild-tbi.net]

  • 脳症

    脳症(のうしょう、Encephalopathy)とは、発熱、頭痛、意識障害、麻痺などの脳炎の急性症状を示すにもかかわらず、脳実質内に炎症が認められず浮腫が認められる状態のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低酸素性虚血性脳症

    国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センターよりsLOX-1が新生児低酸素性虚血性脳症の早期発見につながる有効なバイオマーカーである可能性が報告されました。 新生児低酸素性虚血性脳症は母体内で、あるいは分娩中になんらかの原因で新生児の脳への酸素供給や血流が滞ることによって引き起こされる脳障害です。 今回、出生時のsLOX-1測定がその重症度と予後予測に役立つ可能性が示唆されました。 今後は、より規模を大きくしたコホート研究を行い、さらなる臨床応用を進めていく方針と発表がされております。[nk-m.co.jp]

  • 良性移動性舌炎

    てんかんの分類と発作抑制率 てんかんの分類 特発 症候性 部分 100% 35% 全般 70% 20% (厚生省・難治てんかんの病態と治療に関する研究班による多施設共同研究、1991より)[jea-net.jp]

  • 心律動異常

    一方、症候局在関連てんかんでは、抗てんかん薬で発作を良好に抑制できる患者は50%程度です。症候全般てんかんは、てんかん性脳症ともよばれ、どのような抗てんかん薬を用いても発作が消失することは少なく、ほとんどはてんかん発作以外に知能や運動機能の発達障害を伴います。[asanogawa-gh.or.jp]

  • 不安障害

    抗不安薬はGABAの働きを強めることで、脳の活動を抑制します。その結果として、不安や緊張を和らげる作用があります。 全般不安障害には、以下のような抗不安薬 (精神安定剤)が使われます。[cocoromi-cl.jp] その人は、その心配を抑制することが難しいと感じている。 全般不安障害の患者さんでは、「こんなに不安になる必要なんてない…」「どうしてこんなこと気にしているんだ。ばかばかしい」といったように、自分でも過剰だという認識がある患者さんも多いです。まさにわかっているけどやめられない。抑制できないのです。[cocoromi-cl.jp]

  • 心原性失神

    歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症Dentatorubral-pallidoluysian atrophy;DRPLAによる症候全般てんかん、Lennox-Gastaut syndromeなどの小児期発症で成人までに抑制できなかったてんかんは、難治になりやすくなります。[tokushukai.or.jp]

  • 排尿失神

    一方、症候局在関連てんかんでは、抗てんかん薬で発作を良好に抑制できる患者は50%程度です。症候全般てんかんは、てんかん性脳症ともよばれ、どのような抗てんかん薬を用いても発作が消失することは少なく、ほとんどはてんかん発作以外に知能や運動機能の発達障害を伴います。[asanogawa-gh.or.jp]

  • 側頭葉てんかん

    歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症Dentatorubral-pallidoluysian atrophy;DRPLAによる症候全般てんかん、Lennox-Gastaut syndromeなどの小児期発症で成人までに抑制できなかったてんかんは、難治になりやすくなります。[tokushukai.or.jp] 一方、症候局在関連てんかんでは、抗てんかん薬で発作を良好に抑制できる患者は50%程度です。症候全般てんかんは、てんかん性脳症ともよばれ、どのような抗てんかん薬を用いても発作が消失することは少なく、ほとんどはてんかん発作以外に知能や運動機能の発達障害を伴います。[asanogawa-gh.or.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    抗てんかん薬における原発全般発作の抑制は、部分発作の抑制に比例して、一般により容易に達成できる。 抗てんかん薬は、長期投与されることから、潜行に進展する把握しにくい副作用を認識しておくことが重要 認知機能、記憶力、注意力などの障害、課題解決能力の減退、人格障害などはきわめて緩慢に現れることがある。[asahi-net.or.jp] てんかんの分類と発作抑制率 てんかんの分類 特発 症候性 部分 100% 35% 全般 70% 20% (厚生省・難治てんかんの病態と治療に関する研究班による多施設共同研究、1991より)[jea-net.jp] 歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症Dentatorubral-pallidoluysian atrophy;DRPLAによる症候全般てんかん、Lennox-Gastaut syndromeなどの小児期発症で成人までに抑制できなかったてんかんは、難治になりやすくなります。[tokushukai.or.jp]

さらなる症状