Create issue ticket

考えれる1,224県の原因 免疫抑制療法

  • ホジキン病

    3 放射線治療患者の場合のように高線量の被ばくの場合で非ホジキンリンパ腫の誘発を示唆している論文も、放射線照射の対象になった原疾患や放射線治療と併用して行われた化学療法等に伴う免疫系の機能抑制が非ホジキンリンパ腫の発生に関連している可能性があることを示唆している。[mhlw.go.jp] 造血幹細胞移植を行うためには、治療のおよそ1週間前からの移植前処置として、大量化学療法や放射線による治療を行います。これにより、腫瘍細胞を減少させておくとともに、患者自身の免疫機能を抑制しておきます。特に、後述する「同種移植」では必要となる処置です。[ganchiryo.com] ホジキンリンパ腫の治療後の患者に非ホジキンリンパ腫の増加がみられているが、併用された化学療法剤による免疫抑制、免疫機能の変化が増加に関係している可能性が高いことが指摘されている。強直性脊椎炎患者に対する放射線治療後の悪性リンパ腫の発生も免疫機能の抑制が増加に関係している可能性が指摘されている。[mhlw.go.jp]

  • 再生不良性貧血

    3.効果的な治療方法 未確立(支持療法免疫抑制療法、蛋白同化ステロイド療法、造血幹細胞移植など) 4.長期の療養 必要(重症例や発症後長期間を経過した例は免疫抑制療法によっても改善せず、定期的な赤血球輸血・血小板輸血が必要。)[nanbyou.or.jp] 重症例では20歳以下では骨髄移植が第一選択であり、45歳以上では合併症の頻度が高いためまず免疫抑制療法を試す。20 45歳では患者の状態や希望に応じて選択する。免疫抑制療法を行う場合は、まずシクロスポリンやATGを投与し、無効であればタンパク同化ステロイドを投与する。それも無効であれば骨髄移植を実行する。[ja.wikipedia.org] 重症再生不良性貧血に対する治療指針 これまで、重症再生不良性貧血にはHLA一致同胞がいれば骨髄移植を、いなければ免疫抑制療法を選択し、非血縁ドナーからの移植は、免疫抑制療法に反応がみられない場合に実施することが薦められてきた。[npcf.or.jp]

  • 難治性貧血

    (狭義の再生不良性貧血)として速やかに免疫抑制療法を開始することが重要である.従来の治療が奏効しない難治例に対しては,トロンボポエチン受容体アゴニストであるエルトロンボパグの治療効果が期待されている.[saishin-igaku.co.jp] 染色体変化、分子生化学、分子遺伝学へと研究レベルは転換し、免疫抑制療法、造血幹細胞移植の確立などが臨床現場の様相を大きく変貌させ、最近の分子標的治療の展開へと続いている。[nankodo.co.jp] 重症再生不良性貧血に対する治療指針 これまで、重症再生不良性貧血にはHLA一致同胞がいれば骨髄移植を、いなければ免疫抑制療法を選択し、非血縁ドナーからの移植は、免疫抑制療法に反応がみられない場合に実施することが薦められてきた。[npcf.or.jp]

  • 発作性夜間血色素尿症

    PNH血球陽性再生不良性貧血や不応性貧血の患者は免疫抑制療法に反応しやすく、奏効率がよいことが知られている。ただし、これら患者におけるPNH血球の陽性率は通常1%未満であり、上記の通常のFCM法では偽陰性とされる恐れがある。そこで、0.01%程度まで検出できる高感度FCM法の使用が推奨されている。[ja.wikipedia.org]

  • 顕微鏡的多発血管炎

    初期に、免疫抑制薬(シクロホスファミド:エンドキサン、アザチオプリン:イムラン)、副腎皮質ステロイドを主体とする免疫抑制療法を行うことにより、病気を落ち着いた状態(寛解(かんかい))へ導くことが可能です。 その際、「全身型WG」と「限局型WG」で、使用する免疫抑制薬の量を調整して治療します。[health.goo.ne.jp] メチルプレドニゾロン(M-PSL)静注療法:病状が重い場合、老齢でない場合等。終了後は上記経口投与。 免疫抑制薬併用療法は、病状が重い場合のほか、副作用の強い糖質コルチコイドをなるべく少なくするため積極的にも用いられる。 寛解が得られてもANCAが陰性化しない場合、再燃が高頻度であるため、5年間継続する事もある。[ja.wikipedia.org] 治療の方法 高安動脈炎(たかやすどうみゃくえん) 治療はステロイドを中心とした免疫抑制療法のため、治療中に感染症、脊椎(せきつい)圧迫骨折、 糖尿病 、 脂質異常症 ( 高脂血症 )、 高血圧 などの合併症が起こる可能性もあります。 以下、代表的な血管炎について解説をしていきます。[health.goo.ne.jp]

  • メルケル細胞癌

    ただし、すべての患者が免疫療法に反応するわけではない。さらに、固形臓器移植または自己免疫疾患の状況で免疫抑制が必要な患者は、免疫療法の最適な候補にならない可能性がある。[cancerinfo.tri-kobe.org] 以下が追加された;免疫療法の成功は、進行期MCCの管理において重大な出来事である;ただし、すべての患者が免疫療法に反応するわけではない。さらに、固形臓器移植または自己免疫疾患の状況で免疫抑制が必要な患者は、免疫療法の最適な候補にならない可能性がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]

  • 先天性再生不良性貧血

    免疫抑制療法が無効(投与後6ヶ月以内)であった場合、日本造血細胞移植学会の ガイドラインでは非血縁者間移植の適応となります。厚生労働省調査研究班のガイドで は免疫抑制療法で改善徴候が認められた場合には 再度免疫抑制療法を行うことが推 奨 されています。[med.osaka-cu.ac.jp] 軽症〜中等症の場合、経過観察または免疫抑制療法を中心とした治療、重症の場合は免疫抑制療法または造血幹細胞移植を行います。免疫抑制療法とは、造血幹細胞を攻撃しているT細胞の働きを弱めるシクロスポリン内服単独の場合と、T細胞を破壊するATG(抗胸腺細胞グロブリン)を併用する治療があります。[saga-hor.jp] 免疫抑制療法で造血機能を改善 AAの治療法としては、まず免疫抑制療法(抗胸腺細胞グロブリン ATG/ALG、シクロスポリン)が試みられます。これはAAの発症に関与している造血幹細胞傷害性リンパ球の働きを抑えて造血を回復させる治療法です。タンパク同化ステロイド療法が有効な例もあります。[tokushukai.or.jp]

  • 多発血管炎性肉芽腫症

    元来生命予後の極めて悪い疾患であるが、発症早期に免疫抑制療法を開始すると、高率に寛解を導入できる。早期確定診断にANCAの測定は極めて有用である。[nanbyou.or.jp] 病気が落ち着いた状態(寛解)になったら、使用している免疫抑制療法を維持し、病気がぶり返すこと(再燃)のないように長期間慎重に経過を観察することが必要です(寛解維持治療)。 2)免疫抑制薬 副腎皮質ステロイドと併用します。寛解導入治療では、点滴による静注シクロホスファミド(エンドキサン )パルス療法を行います。[nanbyou.or.jp] 1度:免疫抑制療法(ステロイド、免疫抑制薬)の維持量あるいは投薬なしに1年以上血管炎症状※1を認めず、寛解状態にあり、血管炎による不可逆的な臓器障害を伴わず、日常生活(家庭生活や社会生活)に支障のない患者 2度:免疫抑制療法を必要とし定期的外来通院を必要とするが、血管炎による軽度の不可逆的な臓器障害(鞍鼻、副鼻腔炎、末梢神経障害など)および[shiseikaidai2.crayonsite.net]

  • 重度の再生不良性貧血

    重症再生不良性貧血に対する治療指針 これまで、重症再生不良性貧血にはHLA一致同胞がいれば骨髄移植を、いなければ免疫抑制療法を選択し、非血縁ドナーからの移植は、免疫抑制療法に反応がみられない場合に実施することが薦められてきた。[npcf.or.jp] 免疫抑制療法が無効(投与後6ヶ月以内)であった場合、日本造血細胞移植学会の ガイドラインでは非血縁者間移植の適応となります。厚生労働省調査研究班のガイドで は免疫抑制療法で改善徴候が認められた場合には 再度免疫抑制療法を行うことが推 奨 されています。[med.osaka-cu.ac.jp] 3.効果的な治療方法 未確立(支持療法免疫抑制療法、蛋白同化ステロイド療法、造血幹細胞移植など) 4.長期の療養 必要(重症例や発症後長期間を経過した例は免疫抑制療法によっても改善せず、定期的な赤血球輸血・血小板輸血が必要。)[nanbyou.or.jp]

  • 骨髄異形成

    3)免疫抑制療法 造血幹細胞を攻撃するリンパ球を抑える「免疫抑制剤」を投与して、血液細胞数減少の改善を図ります。免疫抑制剤としては、シクロスポリン、副腎皮質ステロイド、抗胸腺グロブリン:ATGなどが用いられます。しかし残念ながら、免疫抑制療法により効果の出る割合はあまり高くありません。[web.archive.org] 境界領域との鑑別として再生不良性貧血があげられるが,オーバーラップする病態も知られていることより必ずしも明確な区別ができない症例も存在する.また,再生不良性貧血に対する免疫抑制療法後にみられるMDSもある(治療後の7%程度,7モノソミーを示すことが多い).WHO-2008分類ではICUSを設け,MDSと再生不良性貧血の中間的な存在として位置付[kotobank.jp] 同種造血幹細胞移植以外に治癒はない.造血幹細胞移植非適応例では IPSS,IPSS-R で層別化し,高リスク群では DNA 脱メチル化薬であるアザシチジン療法や急性骨髄性白血病に準じた化学療法が行われ,低リスク群ではアザシチジン療法免疫抑制療法,輸血やサイトカインなどの支持療法が行われる.[primary-care.sysmex.co.jp]

さらなる症状