Create issue ticket

考えれる8県の原因 免疫不全の証拠なし

  • 良性移動性舌炎

    また、2008年発刊のトキシコロジージャーナルには、CFSは、主として神経・内分泌・免疫系統の機能不全の一群であるとし、外因性の化合物・感染症・ストレス・幼少期の虐待等がCFSを起こす要因である可能性があると述べている [18] 。しかし依然、明確に説明できるような原因は見つかっていない [19] 。[ja.wikipedia.org] アメリカの医療従事者向けの治療ガイドには、3,000以上の研究報告が存在し、CFSは生理学的な病気である十分な科学的証拠があると記されている [17] 。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性疲労症候群

    また、2008年発刊のトキシコロジージャーナルには、CFSは、主として神経・内分泌・免疫系統の機能不全の一群であるとし、外因性の化合物・感染症・ストレス・幼少期の虐待等がCFSを起こす要因である可能性があると述べている。しかし依然、明確に説明できるような原因は見つかっていない。[ja.wikipedia.org] アメリカの医療従事者向けの治療ガイドには、3,000以上の研究報告が存在し、CFSは生理学的な病気である十分な科学的証拠があると記されている。[ja.wikipedia.org]

  • 再生不良性貧血

    昨今、様々な免疫学的機序を示唆する証拠が得られつつあるが、骨髄不全の原因となる自己抗原はまだ同定されていない。 3.症状 (1)貧血症状 顔色不良、息切れ、動悸、めまい、易疲労感、頭痛。 (2)出血傾向 血小板減少による出血症状。皮膚や粘膜の点状出血、鼻出血、歯肉出血、紫斑など。重症になると血尿、性器出血、脳出血、消化管出血もある。[nanbyou.or.jp]

  • 新生児湿疹と腸疾患

    家庭医学館 の解説 こどもにおおいじこめんえきしっかんとたいさく【子どもに多い自己免疫疾患と対策】 子どもの自己免疫疾患は、おとなほど多くはみられません(免疫のしくみとはたらきの「 自己免疫疾患とは 」)。それでも、リウマチ熱(ねつ)、若年性関節(じゃくねんせいかんせつ)リウマチ、全身性エリテマトーデス、アレルギー性紫斑病(せいしはんびょう)などは、子どもに比較的によくみられるものです。 リウマチ熱(ねつ) (「 リウマチ熱 」) 若年性関節(じゃくねんせいかんせつ)リウマチ (「 若年性関節リウマチ 」) 皮膚筋炎(ひふきんえん) (「 多発性筋炎/皮膚筋炎 」)[…][kotobank.jp]

  • 無痛性全身性マスト細胞症

    また、2008年発刊のトキシコロジージャーナルには、CFSは、主として神経・内分泌・免疫系統の機能不全の一群であるとし、外因性の化合物・感染症・ストレス・幼少期の虐待等がCFSを起こす要因である可能性があると述べている [18] 。しかし依然、明確に説明できるような原因は見つかっていない [19] 。[ja.wikipedia.org] アメリカの医療従事者向けの治療ガイドには、3,000以上の研究報告が存在し、CFSは生理学的な病気である十分な科学的証拠があると記されている [17] 。[ja.wikipedia.org]

  • 重度の再生不良性貧血

    昨今、様々な免疫学的機序を示唆する証拠が得られつつあるが、骨髄不全の原因となる自己抗原はまだ同定されていない。 3.症状 (1)貧血症状 顔色不良、息切れ、動悸、めまい、易疲労感、頭痛。 (2)出血傾向 血小板減少による出血症状。皮膚や粘膜の点状出血、鼻出血、歯肉出血、紫斑など。重症になると血尿、性器出血、脳出血、消化管出血もある。[nanbyou.or.jp]

  • テノリオ症候群

    症例報告 PPTバージョン PDFバージョン Meg Mangin細胞内感染によって引き起こされる免疫系の調節不全の臨床的証拠 PPTバージョン PDFバージョン マヌエラ・ストイスツク(Manuela Stoicescu)妊娠初期症例におけるアオタの喘息のリスク PDFバージョン ヘザー・ピーコック生物多様性保全のための保護区の設計:?[vnancymmartinezb.weebly.com]

  • 寒冷誘導発刊症候群 2型

    また、2008年発刊のトキシコロジージャーナルには、CFSは、主として神経・内分泌・免疫系統の機能不全の一群であるとし、外因性の化合物・感染症・ストレス・幼少期の虐待等がCFSを起こす要因である可能性があると述べている [18] 。しかし依然、明確に説明できるような原因は見つかっていない [19] 。[ja.wikipedia.org] アメリカの医療従事者向けの治療ガイドには、3,000以上の研究報告が存在し、CFSは生理学的な病気である十分な科学的証拠があると記されている [17] 。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状