Create issue ticket

考えれる7県の原因 免疫不全による肝膿瘍

  • HIV感染症

    HIV感染を合併している患者では、免疫不全を反映して膿瘍での発症例が少なくありません。単発性の巨大膿瘍として発症するのが特徴的ですが、発熱以外に症状がないため疑わなければ診断自体がしばしば困難です。[acc-elearning.org]

  • 急性眼内炎

    ポイント: 免疫不全を背景に膿瘍などの化膿巣から血行性に感染を起こし発症するものを内因性(転移性)眼内炎という。 高齢者、糖尿病、臓器膿瘍、免疫抑制療法などを背景に発熱、全身倦怠感などの敗血症の症状とともに前房炎症、前房蓄膿、前房内のフィブリン析出を認めた際には内因性眼内炎を疑う。[clinicalsup.jp]

  • 硝子体膿瘍

    ポイント: 免疫不全を背景に膿瘍などの化膿巣から血行性に感染を起こし発症するものを内因性(転移性)眼内炎という。 高齢者、糖尿病、臓器膿瘍、免疫抑制療法などを背景に発熱、全身倦怠感などの敗血症の症状とともに前房炎症、前房蓄膿、前房内のフィブリン析出を認めた際には内因性眼内炎を疑う。[clinicalsup.jp]

  • 肝臓類肉腫症

    9.門脈炎 10.単核球症 11.後天性免疫不全症候群(エイズ) 12.外重症感染症あるいは敗血症/エンドトキシン血症 13.肝サルコイド症 第8章 自己免疫性肝疾患 1.自己免疫性肝炎 2.原発性胆汁性肝硬変 3.原発性硬化性胆管炎 第9章 アルコール肝疾患と類似病変 1.アルコール代謝 2.発生病理,危険因子 3.血清マーカー 4.[chugaiigaku.jp] 型肝炎ウイルス E.E型肝炎ウイルス 4.ウイルス肝炎の分類と命名 A.急性ウイルス肝炎の形態像 B.慢性活動性ウイルス肝炎の形態像 C.持続性ウイルス肝炎の形態像 第7章 ウイルス肝炎以外の肝感染症 1.ウイルス感染 2.細菌感染 3.リケッチア感染 4.スピロヘータ感染 5.マイコバクテリア感染 6.真菌感染 7.原虫・寄生虫感染 8.膿瘍[chugaiigaku.jp]

  • エイズ-髄膜脳炎を伴う

    HIV感染を合併している患者では、免疫不全を反映して膿瘍での発症例が少なくありません。単発性の巨大膿瘍として発症するのが特徴的ですが、発熱以外に症状がないため疑わなければ診断自体がしばしば困難です。[acc-elearning.org]

  • 梅毒性脈絡網膜炎

    ポイント: 免疫不全を背景に膿瘍などの化膿巣から血行性に感染を起こし発症するものを内因性(転移性)眼内炎という。 高齢者、糖尿病、臓器膿瘍、免疫抑制療法などを背景に発熱、全身倦怠感などの敗血症の症状とともに前房炎症、前房蓄膿、前房内のフィブリン析出を認めた際には内因性眼内炎を疑う。[clinicalsup.jp]

  • アメーバ性膿瘍

    後腹膜膿瘍の原因として,便中卵検査は3日間陰性であったが赤痢アメーバ抗体が100倍から800倍と上昇したためアメーバ性虫垂炎の穿孔と考えた.入院時の後腹膜膿瘍については肝不全,HIV感染による免疫不全状態により緊急手術は困難であったため経皮的ドレナージを行った.同様に膿瘍についても経皮的ドレナージを行った.[micenavi.jp]

さらなる症状