Create issue ticket

考えれる22県の原因 免疫グロブリンMの減少

  • 皮膚癌

    皮膚がん(ひふがん)は、皮膚に生じた悪性新生物の総称である。主なものに基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫が含まれるほかさまざまなものがある。皮膚に生じる悪性新生物としてはそのほか皮膚T細胞リンパ腫である菌状息肉症、セザリー症候群などがある。日光角化症、ボーエン病、パージェット病は表皮内癌である。 皮膚の表面に過剰な紫外線や化学物質などによる刺激により皮膚組織ががん化し発生するといわれている。最近ではオーストラリア・ニュージーランドなどで患者が増えているとされている。これはフロンガスによるオゾン層破壊が進み、太陽からの紫外線の量が増加したためと考えられる。[ja.wikipedia.org]

  • 悪性黒色腫

    悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ、メラノーマ(malignant melanoma ; MM))とは、皮膚、眼窩内組織、口腔粘膜上皮などに発生するメラノサイト由来の悪性腫瘍である。正確な発生原因は不明であるが、表皮基底層部に存在するメラノサイトの悪性化によって生じる。また、皮膚に発生する悪性黒色腫は紫外線曝露と、足底に発生するものは機械的刺激と関連性が深いと考えられている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年10月 ) 肝細胞癌 (かんさいぼうがん、 英 : Hepatocellular carcinoma, HCC )は、 肝臓 に発生する 腫瘍 の1つで、 肝細胞 に由来する 悪性腫瘍 である。 疫学 [ 編集 ] 原発性 肝癌 の90%以上を占める。80%〜90%が 肝硬変 あるいはその前段階である 慢性肝炎 に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。 日本や東アジアでは欧米よりも肝細胞癌の発生率が高い。これは元々地域的に[…][ja.wikipedia.org]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

  • ネフローゼ症候群

    ネフローゼ症候群(ネフローゼしょうこうぐん、英: Nephrotic syndrome)は、高度の蛋白尿により低蛋白血症を来す腎臓疾患群の総称である。 低蛋白血症、高度な蛋白尿、浮腫(眼瞼や下肢)を主な症状とし、病理学的には糸球体基底膜の透過の亢進を一次的異常として認める。時に脂質異常症も合併する。ネフローゼ症候群は元来病理学的な概念であり、腎炎 nephritisと異なり、炎症性の変化(炎症細胞浸潤など)がみられないものの総称として提唱された。若年層(特に幼少期では男子)に多く発症するが、30代の男女の発症例も多数報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    慢性骨髄性白血病 (まんせいこつずいせいはっけつびょう Chronic myelogenous leukemia ,CML)とは、 造血幹細胞 の遺伝子が後天的に変異して、造血細胞が分化・成熟能を保ったまま自律的な増殖をし、血液において白血球や時に血小板が増加する血液腫瘍である。 発生率と疫学 [ 編集 ] 慢性骨髄性白血病は年間に100万人あたり10-15人程度発生しすべての白血病(年間10万人あたり6人程度)の約2割を占める [1][…][ja.wikipedia.org]

  • 萎縮性胃炎

    胃の洞の腸上皮化生(写真中央上)と胃の腺癌(写真左中央)。H&E染色。 萎縮性胃炎 (いしゅくせいいえん、 英 : Atrophic gastritis)とは、 胃 の「慢性胃炎」の状態の多く。 「慢性胃炎」とほぼ同義として用いられる。 定義 [ 編集 ] 胃炎における「萎縮(Atrophy)」とは、 胃底腺 組織の減少と、それにより胃粘膜の菲薄化が生じることである。 内視鏡 (胃カメラ)では、胃粘膜血管の透見が見られ、粘膜色調も褐色調へと変化し、胃の粘膜皺壁が消失が認められる。 要因 [ 編集 ] 「Strickland & Mackay 分類」で以下の2つに分類されるが、ほとんどの場合は[…][ja.wikipedia.org]

  • アミロイドーシス

    本アミロイドーシス病型解析は、「検体検査の精度確保に係る改正医療法:平成30年12月1日施行」において「診療の用に供する検査」ではなく「研究」として位置づけられています。このため、必ずしも「同医療法における診断のための質の担保」がなされているものではありません。 注1)野生型ATTRアミロイドーシス(老人性全身性アミロイドーシス)が疑われる患者様に対するトランスサイレチン(TTR)遺伝子検 査(BMLによるTTR遺伝子変異解析, 保険収載)について。 当施設では、遺伝性ATTRアミロイドーシス(家族性アミロイドポリニューロパチー, ATTR-FAP)が疑われる患者様のTTR遺伝子[…][www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]

  • 重鎖病

さらなる症状