Create issue ticket

考えれる111県の原因 免疫グロブリンMの増加

  • トキソプラズマ感染症

    トキソプラズマ感染症に対するワクチン製剤 Download PDF Info Publication number WO2014034046A1 WO2014034046A1 PCT/JP2013/004928 JP2013004928W WO2014034046A1 WO 2014034046 A1 WO2014034046 A1 WO 2014034046A1 JP 2013004928 W JP2013004928 W JP 2013004928W WO 2014034046 A1 WO2014034046 A1 WO 2014034046A1 Authority WO WIPO (PCT) Prior art[…][patents.google.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症では、血液中のモノクローナル免疫グロブリンM(IgM)量が増加します。 フローサイトメトリー法: 患者さんの試料中の細胞数、生きている細胞の割合、細胞の特徴(大きさ、形状、細胞表面の腫瘍マーカーの有無等)を計測するための手法です。[imic.or.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 寄生虫病

    1.主に食肉に寄生する寄生虫 トキソプラズマToxoplasma gondii 食物や水を介し、経口で感染します。トキソプラズマのリスクの高い食材は、豚、羊、山羊の生又は加熱不十分な肉と山羊の生乳等とされています。トキソプラズマのヒトに対する感染は、加熱の不十分な食肉に含まれる寄生虫(シスト)の摂取、あるいはネコ糞便に含まれる寄生虫(オオシスト)の経口的な摂取により主に生じます。妊娠中に初めて感染した場合、母親から胎児への垂直感染(胎盤感染)により、流産や、胎児が感染することにより先天性トキソプラズマ症が発生する可能性があるので妊婦の方は注意しましょう。 寄生虫をやっつける 加熱処理:55[…][fsc.go.jp]

  • ヘロイン依存症

    池田脳神経外科TOP  院長コラム:タバコをやめよう(6) タバコをやめよう(6) 医学的には、タバコを吸うことを病気ととらえていて、「 ニコチン依存症 」という診断名をつけています。一般的に依存症と言いますと、日本では比較的に少ないですがヘロイン・コカインといった危険性の非常に高い禁止薬物を思い出します。しかし、ニコチン依存症はそれらの禁止薬物と同等の危険性があると言われています。 各依存症でいいますと、 依存症になる人の割合 は? ニコチン ヘロイン コカイン アルコール カフェインの順番とされています。 また、依存症になった人での 禁断症状の強さ は? アルコール ヘロイン ニコチン[…][ikedansc.jp]

  • 多発性骨髄腫

    骨のX線撮影で「打ち抜き像」と呼ばれる骨の破壊像が見られることや、血清たんぱく中に、異常な免疫グロブリン免疫グロブリンたんぱく)の増加がみられることで診断できます。[kotobank.jp] その他 体を病原体から守ってくれる正常な免疫グロブリンが減り、細菌、真菌、ウイルスなどの感染を起こしやすくなります。[kompas.hosp.keio.ac.jp] 正常の形質細胞は、身体に侵入したウイルスや細菌などの異物を排除する作用をもつタンパク質(抗体 免疫グロブリン)を産生します。がん化した形質細胞(骨髄腫細胞)からは単一の抗体(Mタンパク)が多量に産生され、血液中に異常に増加し、その一部は尿中へ漏れ出てくることがあります。[uwajima-mh.jp]

  • ウイルス性肝炎

    ウイルス性肝炎(ウイルスせいかんえん、英Viral hepatitis)とは肝炎ウイルスが原因の肝臓の炎症性疾患のことを指す。 その他、サイトメガロウイルス・EBウイルス・単純ヘルペスウイルス・風疹ウイルス・麻疹ウイルス・パルボウイルスなどのウイルスによって肝炎を起こすことがある。 ほとんどの場合、A型肝炎・B型肝炎・C型肝炎が多く、E型肝炎は発展途上国を中心に流行しているが、その他の肝炎は少ない。 それぞれ各項目の記述を参照 経口感染:A型肝炎ウイルス・E型肝炎ウイルス 非経口感染:B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・D型肝炎ウイルス等[…][ja.wikipedia.org]

  • 原発性免疫不全症

    HOME 難病をお持ちの方へ 原発性免疫不全症候群 原発性免疫不全症候群について 1. 原発性免疫不全症候群とは 正常なヒトでは体内に細菌やウイルスなどの病原体が侵入すると、これらを排除する防衛反応が生じます。この仕組みが免疫系です。原発性免疫不全症候群は、先天的に免疫系のいずれかの部分に欠陥がある疾患の総称であり、後天的に免疫力が低下するエイズなどの後天性免疫不全症候群と区別されます。障害される免疫担当細胞(たとえば、好中球、T細胞、B細胞)などの種類や部位により200近くの疾患に分類されます。[…][funabashi-nenkin.com]

さらなる症状