Create issue ticket

考えれる25県の原因 免疫グロブリンGの増加, 正球性正色素性貧血

  • 多発性骨髄腫

    骨髄腫で認められる貧血は一般的には色素貧血である。骨髄における腫瘍細胞の浸潤とサイトカイン産生により、骨髄での赤血球産生が抑制されておこると言われている。 よくある問題として、高カルシウム血症による易疲労感・脱力感・意識障害がある。[ja.wikipedia.org] 末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp]

  • 自己免疫性溶血性貧血

    血液検査 末梢血塗沫染色検査 色素貧血 : 造られる赤血球自体は正常なので色素性を示す。 サラセミア 自己免疫性溶血性貧血 発作性夜間血色素尿症 異常赤血球 : ただし、赤血球の形状自体が異常であるため溶血の原因となる場合もある。[ja.wikipedia.org] これにより赤血球の平均容積は相殺され、一般に末梢血は色素貧血を呈する [2] 。また造血の亢進を反映して、骨髄は赤芽優位の過形成となる [2] 。 免疫学的には クームス試験 が重要である [2] 。この疾患において感作された赤血球の膜上には温式抗体(化学的には 免疫グロブリン という蛋白質)が付着している [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • 横隔膜下膿瘍

    ベストツイート 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離 【腹痛(右下腹部)】 虫垂炎 、尿路結石、 憩室炎 、大腿ヘルニア陥頓、閉鎖後ヘルニア、子宮外妊娠、精巣/卵巣捻転、十二指腸潰瘍穿孔 【腹痛(左下腹部)】大腸癌、尿路結石、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離 【腹痛(右下腹部)】 虫垂炎 、尿路結石、 憩室炎 、大腿ヘルニア陥頓、閉鎖後ヘルニア、子宮外妊娠、精巣/卵巣捻転、十二指腸潰瘍穿孔 【腹痛(左下腹部)】大腸癌、尿路結石、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎 【腹痛(左上腹部)】膵炎、脾梗塞、横隔膜下膿瘍、大動脈解離[…][search.yahoo.co.jp]

  • ホジキン病

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 の解説 ホジキン病 ホジキンびょう Hodgkin's disease 腫瘍, 悪性リンパ腫 の一種。臨床的には, 弛張熱 , 好酸球 増加,全身 リンパ節 の 腫大 などがみられる。特に頸部, 縦隔 ,腹腔,鼠径部の無痛性のリンパ節に初発することが多い。その他の症状としては,炎症と免疫不全がみられる。また,皮膚病変を伴わない皮膚のかゆみ,アルコール飲酒後のリンパ節の痛み,食欲不振などの症状もある。 脾臓 ,肝臓,骨髄も侵される。脾臓では小結節状の病巣が多数みられることが多く,これは 斑岩 脾と呼ばれている。組織学的には,単核および多核の 腫瘍 細胞,[…][kotobank.jp]

  • 鎌状赤血球症

    […] μl TP 7.9 g/dl RBC 406 x10 4 /μl Alb 4.5 g/dl Hb 11.2 g/dl AST 35 IU/l Ht 33.8 % ALT 17 IU/l Plt 22.6 x10 4 /μl LDH 406 IU/l T-Bil 2.0 mg/dl Cr 0.57 mg/dl CRP 1.42 mg/ml 色素貧血[trc-rad.jp]

  • 形質細胞白血病

    末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン[kotobank.jp] 多くの場合、血液中に異常な免疫グロブリンであるMタンパクだけが増加するIgM型M蛋白血症がみられます。Mタンパクが3g/dL以上になると、血液の粘り気が強くなる過粘稠症候群(かねんちょうしょうこうぐん)が起こりやすくなり、視力障害や脳血管障害を発症することがあります。[ganjoho.jp]

  • 小球性貧血

    表.赤血球恒数による貧血の鑑別 分類 MCV MCH 主な疾患 小色素貧血 低値 低値 鉄欠乏貧血、サラセミア、鉄芽貧血 色素貧血 正常 正常 溶血貧血、急性出血、白血病、再生不良貧血、腎貧血、症候貧血色素貧血 高値 高値 正常 ビタミンB12や葉酸欠乏による巨赤芽性貧血、肝障害に伴う貧血、[crc-group.co.jp] 骨髄所見:骨髄巨核球数は正常あるいは増加。 血小板自己抗体の増加:血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG) 治療 血小板数5万/mm3以上は経過観察。 ステロイド投与(プレドニゾロン30 60 mg/日) プレドニゾロンは児への移行が少ない。[www2.nms.ac.jp] 貧血の分類は大別して、原因による病態生理学的分類と赤血球恒数による形態学的分類がありますが、貧血の診断を進めるには赤血球恒数による分類(小色素貧血色素貧血、大色素貧血)が使われます(表2)。[beckmancoulter.co.jp]

  • 異常ガンマグロブリン血症

    乳児偽白血病 白赤芽症 脾貧血 D648 その他の明示された貧血 思春期貧血 血色素貧血 貧血 色素貧血 貧血 本態貧血 老人貧血 色素貧血 D649 貧血, 詳細不明 劇症紫斑病 後天性無フィブリノゲン血症 消費性凝固障害 線維素溶解性紫斑病 線溶亢進 続発性線維素溶解性障害 播種性血管内凝固 D65[kegg.jp] 多くの場合、血液中に異常な免疫グロブリンであるMタンパクだけが増加するIgM型M蛋白血症がみられます。Mタンパクが3g/dL以上になると、血液の粘り気が強くなる過粘稠症候群(かねんちょうしょうこうぐん)が起こりやすくなり、視力障害や脳血管障害を発症することがあります。[ganjoho.jp] H00982 後天性鉄芽球性貧血 D641 続発性鉄芽球性貧血, 疾病によるもの 薬剤性鉄芽球性貧血 D642 続発性鉄芽球性貧血, 薬物及び毒素によるもの ピリドキシン反応性貧血 鉄芽球性貧血 D643 その他の鉄芽球性貧血 H00982 先天性赤血球形成異常性貧血 先天性赤血球酵素異常 D644 先天性赤血球生成障害性貧血 H00917 症候貧血[kegg.jp]

  • 壊死性動脈炎

    検査成績 PANでは診断の決め手となるような特異性の高い検査マーカーはない.高度の炎症病態を反映して,赤沈亢進,CRP 強陽性を呈する.末梢血一般検査では白血球増加,血小板増加,貧血色素性)を呈する.血清蛋白分画では低アルブミン血症,ポリクローナル高ガンマグロブリン血症をきたす.PANでは特徴的な自己抗体はなく,ANCAは陰性である[kotobank.jp]

さらなる症状