Create issue ticket

考えれる114県の原因 免疫グロブリンGの増加

  • 妊娠後期

    妊娠28週(妊娠8か月)以降は妊娠後期といわれ、お腹が大きくなってきたのが目立つ時期です。お腹の赤ちゃんも活発に動き、赤ちゃんが動いただけで、痛いと感じる妊婦さんもいます。 妊娠後期、気になる主な疾患は『切迫早産』と『妊娠高血圧症候群』です。今回は『切迫早産』について話しましょう。 早い時期からのお腹の張りは要注意 『切迫早産』の主な症状は 「お腹の張り」 です。お腹が張るとは、腹部に手を当てた時に、いつもより硬くなっている状態をいいます。 お腹の張り[…][kosodate-support-satsumasendai.jp]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 橋本甲状腺炎

    (自己免疫性甲状腺炎) 執筆者: Jerome M. Hershman , MD, MS, Distinguished Professor of Medicine Emeritus, David Geffen School of Medicine at UCLA; Endocrinology Consultant, West Los Angeles VA Medical Center 橋本甲状腺炎は、甲状腺に慢性的な自己免疫性の炎症が生じる病気です。 橋本甲状腺炎は、体が自身の甲状腺の細胞を攻撃すること(自己免疫反応)で発生します。[…][msdmanuals.com]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 門脈性肝硬変

    肝臓にもいろいろな病気がありますが、ここでは稀な病気を避けて、よくある病気にとどめて解説しておきます。 アルコール性肝疾患 (ALD) アルコールの過剰摂取により最初に起こる肝臓の変化は 脂肪肝 です。脂肪肝は日本酒1日5合程度1週間飲み続けると確実に起こりますが、2 3週間の断酒によって脂肪肝はなくなります。アルコール性脂肪肝の人がさらに継続して大量に飲酒すると、10 20%の人にアルコール性肝炎が発症します。この肝炎は重症になるとしばしば致命的な劇症肝炎になります。また日本酒3 5合の飲酒を続けていると、肝細胞の壊死を伴わない肝線維化が進行し、男性なら約20年、女性なら約12年後に 肝硬変[…][minophagen.co.jp]

  • 関節リウマチ

    抄録 症例1は69歳,男性.1年半前より手指のこわばり,四肢の関節痛があった.また,両手掌に多発性の皮下結節と手指の拘縮が出現してきたため,近医にて全身性強皮症(SSc)と診断されていた.当科での精査では皮膚硬化は認められず,リウマトイド因子(RF)が陽性であった.両手のX線像で近位指節間(PIP)関節に多発性のびらんを認めた.Palmar fibromatosisを合併したRAと診断した.Palmar[…][doi.org]

  • ヘロイン依存症

    池田脳神経外科TOP  院長コラム:タバコをやめよう(6) タバコをやめよう(6) 医学的には、タバコを吸うことを病気ととらえていて、「 ニコチン依存症 」という診断名をつけています。一般的に依存症と言いますと、日本では比較的に少ないですがヘロイン・コカインといった危険性の非常に高い禁止薬物を思い出します。しかし、ニコチン依存症はそれらの禁止薬物と同等の危険性があると言われています。 各依存症でいいますと、 依存症になる人の割合 は? ニコチン ヘロイン コカイン アルコール カフェインの順番とされています。 また、依存症になった人での 禁断症状の強さ は? アルコール ヘロイン ニコチン[…][ikedansc.jp]

  • 特発性肝硬変

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 原発性胆汁性胆管炎(指定難病93) げんぱつせいたんじゅうせいたんかんえん (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.原発性胆汁性胆管炎(旧称:原発性胆汁肝硬変(PBC))とは[…][nanbyou.or.jp]

  • 大結節性肝硬変

    【インタビュー】 公開日 2015 年 09 月 19 日 更新日 2017 年 12 月 01 日 肝硬変 湘南藤沢徳洲会病院 肝胆膵消化器病センター センター長 岩渕 省吾 先生 C型肝炎ウイルス・B型肝炎ウイルス・アルコールなど、さまざまなものが 肝硬変 の原因になります。肝硬変は以前、不治の病とされていました。しかし近年、肝硬変は治る病気になりつつあります。長年肝臓の診療を行い、今も第一線で日々患者さんと向き合っている湘南藤沢徳洲会病院の岩渕省吾先生に、肝硬変が治るようになってきたメカニズムについて、専門的なお話を含めてお伺いしました。 肝硬変は治る病気?[…][medicalnote.jp]

  • 特発性血小板減少性紫斑病

    また、抗血小板抗体であるPAIgG(血小板関連免疫グロブリン)も増加します。 ・血小板数が減少していないかを確認します。 ・抗血小板抗体の有無を確認します(特発性血小板減少性紫斑病の場合、血小板に対する抗体ができるためです) ・凝固検査(PT、APTT)で血液の固まる時間を調べます。[jpma-nanbyou.com] […] a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核数は増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は数、形態ともに正常です。 c) 血小板結合性免疫グロブリン (platelet associated immunoglobulin G、PAIgG)増加 血小板上に結合する非特異的免疫グロブリンが増加します。[med.osaka-cu.ac.jp] グロブリン G(PAIgG)増量、ときに増量を認めないことがあり、他方、特発性血小板減少性紫斑病以外の血小板減少症においても増加を示しうる 血小板減少をきたしうる各種疾患を否定できる 1及び2の特微を備え、更に3の条件を満たせば特発性血小板減少性紫斑病の診断をくだす。[harasanshin.or.jp]

さらなる症状