Create issue ticket

考えれる137県の原因 免疫グロブリン増加

  • 血小板減少症

    […] a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核数は増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は数、形態ともに正常です。 c) 血小板結合性免疫グロブリン (platelet associated immunoglobulin G、PAIgG)増加 血小板上に結合する非特異的免疫グロブリン増加します。[med.osaka-cu.ac.jp] (3)免疫学的検査 血小板結合性免疫グロブリンG(PAIgG)増量、ときに増量を認めないことがあり、他方、特発性血小板減少性紫斑病以外の血小板減少症においても増加を示しうる。 3.血小板減少を来たしうる各種疾患を否定できる。※ 4.1及び2の特徴を備え、さらに3の条件を満たせば特発性血小板減少性紫斑病の診断を下す。[nanbyou.or.jp] ITPに特異的な所見ではな く自己免疫疾患で増加するため、PAIgG増加のみでITPの診断はできません。[med.osaka-cu.ac.jp]

  • 産褥期

    特に分娩後5日頃までに分泌される、黄色みがかった乳汁を「初乳」といい、免疫グロブリンが多く含まれるとされています。 ・体重減少 胎児や羊水、悪露などのほか、増加した血液や組織液などの分が、出産後じょじょに減少していきます。[baby-calendar.jp]

  • 伝染性単核球症

    ・その他、TTT、ZTT、γグロブリンが上昇し、免疫グロブリンIgMが増加する。 ・A、B、Cなどの肝炎ウイルスが陰性であることを確認する必要がある。 治療法 1.一般療法 確立された特異療法はないが、抗ウイルス剤(アシクロピル)を試みる場合がある(保険適応はない)。一般に安静臥床させ、肝庇護食にて経過を観察する。[jomf.or.jp]

  • 全身性アミロイドーシス

    免疫グロブリン性アミロイドーシスの場合は、血中免疫グロブリン増加、尿蛋白陽性になり、 骨髄腫 の検索が必要です。区別すべき疾患には、血小板減少性紫斑病、 壊血病 、 甲状腺機能低下症 、 環状肉芽腫 、 サルコイドーシス 、リンフォーマ、黄色腫、脂肪類壊死症があります。[qlife.jp] 免疫グロブリン性アミロイドーシスの場合は、血中免疫グロブリン増加、尿蛋白陽性になり、 骨髄腫 (こつずいしゅ)の検索が必要です。[medical.itp.ne.jp]

  • 多発性神経炎

    病巣の周囲にリンパ球やプラズマ細胞が集まっている、免疫グロブリンが沈着、サプレッサーT細胞が減少し、ヘルパーT細胞のTh1タイプが増加免疫抑制剤が治療に有効、など免疫異常を疑わせる所見が見られます。 日本をはじめとするアジア地域では、視神経と脊髄を病変の主体とする比較的症状の重い視神経脊髄型多発性硬化症が多いとわれています。[mbiotech.org]

  • 紫斑病

    免疫グロブリン…血小板を増加させる働きがある ・ステロイドホルモン(副腎皮質ホルモン)…炎症・免疫を抑えるために使用 ※血小板の数が1万 2万/µL以下に低下すると、口腔内出血・鼻出血・下血・血尿・頭蓋内出血などの重篤な出血症状が出現するので、3万/µL以下では製剤を使う 慢性型で、これらの製剤が無効な時には、次のような治療法が行われることがあります[epark.jp] […] a) 末梢における血小板破壊に伴い、骨髄では骨髄巨核数は増加(ないし正常)します。 b) 赤芽球および顆粒球の両系統は数、形態ともに正常です。 c) 血小板結合性免疫グロブリン (platelet associated immunoglobulin G、PAIgG)増加 血小板上に結合する非特異的免疫グロブリン増加します。[med.osaka-cu.ac.jp] 腹痛に伴う血便の症状がある場合には、入院後絶食し、血小板を増加させるために、次のような輸液治療を行います。 ・免疫グロブリン製剤大量療法(大量の免疫グロブリン製剤を点滴) ・ステロイドパルス療法(大量の副腎皮質ホルモン剤を点滴) 関節の痛み・腹痛には、副腎皮質ステロイド薬が有効とされています。[epark.jp]

  • 肝硬変

    肝硬変が進行すると、血小板数の減少、タンパク質であるアルブミン値の低下、γ (ガンマ) ‐グロブリン免疫グロブリン)の増加、血液凝固検査におけるプロトロンビン時間(血液凝固因子を加えたときの血漿 (けっしょう) が固まる時間)の延長、コリンエステラーゼ(酵素)の低下などの検査異常が出てくる。[kotobank.jp]

  • 内側性硬化症

    急性期のMSでは蛋白質の増加免疫グロブリン IgGの上昇、オリゴクローナルIgGバンドの出現など炎症や免疫反応 亢進 を反映した所見が見られます。また髄鞘の破壊を反映して、髄鞘の成分であるミエリン塩基性蛋白の増加が見られることがあります。
脱髄が起こると電線がむき出しになり、電気の伝導が遅くなります。[nanbyou.or.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    ワルデンシュトレーム型マクログロブリン血症では、血液中のモノクローナル免疫グロブリンM(IgM)量が増加します。 フローサイトメトリー法: 患者さんの試料中の細胞数、生きている細胞の割合、細胞の特徴(大きさ、形状、細胞表面の腫瘍マーカーの有無等)を計測するための手法です。[imic.or.jp]

  • IgE型骨髄腫

    免疫グロブリン増加の場合、多クローン性を疑うときは原疾患を検索・精査し、単クローン性を疑うときは免疫電気泳動で同定する。 IgEの増加でアレルギーが疑われる場合は、 皮膚 試験、 アレルゲン 特異IgE、マルチアレルゲンなどの検査でアレルゲンを検索する。[kango-roo.com] 原因はよくわかっていませ んが、50歳ごろから年齢が上がるに従って 発症率が増加し、高齢者に多いことが知られ 造血機能の低下 血液中や尿中のM蛋白が増加 骨の破壊 貧血、白血球減少、 血小板減少 正常免疫グロブリン の低下 腎障害、血液循環の悪化 M蛋白による臓器の機能低下 高カルシウム血症、病的骨折、 圧迫骨折、脊髄圧迫症状 息切れ・動悸[slideshare.net] 免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検体の取り扱い 血清で凍結保存可能であるが、採血後すみやかに提出、血清分離する。[kango-roo.com]

さらなる症状