Create issue ticket

考えれる349県の原因 先天性骨折

  • 外陰炎

    先天内反足 先天白内障 前立腺がん 躁うつ病 側彎症 鼠径ヘルニア そばかす 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 大腿骨頚部骨折 大腿骨頭すべり症 大腸がん 大腸ポリープ 大動脈瘤 唾液腺がん 脱毛症 多動性障害(ADHD) WPW症候群 男性型脱毛症 男性不妊 胆石症 胆嚢ポリープ チック 虫垂炎 中皮腫 聴神経腫瘍 腸チフス 直腸がん 直腸脱[t-pec.jp] 睡眠障害 頭蓋咽頭腫 頭痛 ストレス 性行為感染症 精巣がん 声帯結節 声帯ポリープ 性同一性障害 脊髄腫瘍 脊髄損傷 脊柱管狭窄症 脊椎圧迫骨折 脊椎分離症 赤痢 舌がん 摂食障害 接触性皮膚炎 舌痛症 尖形コンジローム 前十字靱帯損傷 染色体異常(胎児) 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前庭神経炎 先天性股関節脱臼 先天性心疾患 先天代謝異常症[t-pec.jp]

  • 凹足

    扁平足は、生まれつきである先天骨折や脱臼による外傷性、距骨下関節の感染による炎症性、脳性麻痺などによる麻痺性、発育に従って主として体重負荷による静力学的扁平足などに分けられる。また、静力学的扁平足には年齢により異なった様相を呈してくるので、年齢に従って、次のように分類している。[hallux-valgus.jimdo.com]

  • 変形性関節症

    【原因は何か】 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性と、何らかの原因で生じる二次があります。二次の原因には骨折、脱臼、靱帯損傷、半月板損傷などの外傷、痛風や化膿関節炎などの炎症、小児の先天性の股関節の病気(臼蓋(きゅうがい)形成不全など)、スポーツや仕事などでの過度な関節の使用などがあげられます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 過去に関節部の骨折を起こしたことがある人、子どものころに先天股関節脱臼 (だっきゅう) の治療を受けた人、力仕事などで関節を酷使している人は、加齢とともに発症する可能性が高まります。 炎症や外傷が原因で発症することもあります。[kotobank.jp] したがって、この病気にかかりやすい人、たとえば膝(ひざ)ではO脚(オーきゃく)の程度がひどい人、股関節(こかんせつ)では小さいときに先天股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)の治療を受けた人、肘(ひじ)では振動工具や力仕事をする人、関節にかかわる骨折をおこして関節面にやや段差が残った人などは、年齢とともに症状が出てくる可能性があるので[kotobank.jp]

  • 良性移動性舌炎

    その他にも顎関節の先天異常および発育異常、脱臼、骨折など の外傷病変、リウマチによる関節炎、変形性関節症など多くの疾患があります。 炎症 虫歯や歯周病からの細菌感染(歯性感染症)に対して、内服薬で制御できない場合には長時間作用する抗菌薬を外来で連日点滴投与を行います。[takanawa.jcho.go.jp] (結核・梅毒) b.奇形 先天喉頭横隔膜症、先天喘鳴症(喉頭軟弱症) c.外傷・異物 喉頭軟骨骨折、喉頭熱傷、喉頭外傷、喉頭外傷後遺症、喉頭肉芽腫、喉頭異常 d.神経障害 反回神経麻痺、混合性喉頭麻痺、喉頭異常感症 e.腫瘍 喉頭乳頭腫、喉頭悪性腫瘍(喉頭癌) (5)気管・気管支・食道領域 a.気管・気管支疾患 気管・気管支炎、気管・気管支狭窄[seirei.or.jp] […] d.奇形 耳介奇形、先天耳瘻孔、外耳道閉鎖症、中耳奇形、内耳奇形 e.外傷 鼓膜裂傷、側頭骨骨折、耳小骨離断、髄液漏、外リンパ瘻 f.腫瘍 外耳腫瘍、中耳腫瘍、グロームス腫瘍、聴神経腫瘍 g.顔面神経 顔面神経麻痺、ベル麻痺、ハント症候群、顔面痙攣、顔面神経鞘腫 (2)鼻・副鼻腔領域 a.発育異常 外鼻奇形・変形、鼻中隔彎曲症、後鼻孔閉鎖症[seirei.or.jp]

  • 脂肪浮腫

    整形外科は骨,関節,靱帯などに関する疾患を扱うので,骨折,捻挫,骨腫瘍,腰痛などが診察の対象となります。それに対して形成外科は,主として皮膚などの軟部組織を扱うので,先天の外表奇形やアザ,外傷,癌などを切除した後の修復など,体表面に関することを対象とします。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 多発性神経炎

    脚長差 ・患側が短いもの:先天股関節脱臼、成長期の下肢関節の感染、下肢骨 折後の変形治癒 ・患側が長いもの:幼児期の骨折後の過成長、下肢動静脈痩 8. 下肢切断 閉塞性動脈硬化症、外傷、感染、下肢骨軟部腫瘍 三叉神経痛の診断基準(NEJM 2006;355:185、International headache society) 1.[ibaraisikai.or.jp]

  • 足根管症候群

    原因には、ガングリオン、神経鞘腫、血管腫などの腫瘍、先天距踵骨癒合症など明らかな空間占拠障害(Space Occupying Lesion)可逆的な空間占拠としては、次のようなことが考えられます。[siseikai.net] 骨折による変形、圧迫による外傷性の維持化、静脈瘤の拡大、長趾屈筋腱などの腱鞘炎(付近の腱が外傷後遅発性に腱鞘炎を起こすことによる)短母趾外転筋の副筋腹の肥大などがある。 7)神経伝道速度(MCV)の遅延 正常では45 52m/秒であります。40 45m/秒ではやや低下していて軽度障害と考えられます。[siseikai.net]

  • 絞扼性神経障害

    対象疾患は、骨折や脱臼、指の切断などの外傷、神経障害、関節炎・腱鞘炎、変形関節症、腫瘍、先天異常などです。 手のしびれ 上肢のしびれは上肢の神経障害と考えられます。しびれの持続時間、部位・範囲、上肢以外のしびれの有無などで障害部位の鑑別をしていきます。[nagoya-central-hospital.com] 分離症はその昔、先天の病気と考えられていたのですが、現在では発育期の児童の腰椎椎弓に一種の疲労骨折が起きて分離してくるものと考えられています。その頻度は一般の人で約20人に1人であるのに対して、スポーツ選手では5人に1人と4倍も多くなっ ています。[jcoa.gr.jp]

  • 脊椎すべり症

    形成不全性すべり症は、生まれたときから背骨の発育に問題がある先天の脊椎すべり症で、非常にまれな病気です。 分離すべり症は、腰椎の一部が疲労骨折を起こす腰椎分離症が原因で骨がずれる病気です。腰椎分離症が第5腰椎で発症しやすいことから、分離すべり症も同じ場所での発症例が多くみられます。[saiseikai.or.jp] 成長期のスポーツ活動などによる椎弓根部の疲労骨折が原因といわれていますが、先天の素因も関連するようです。第5腰椎に起こることが多く、経過によっては腰椎が前方にすべって、分離すべり症になることがあります。症状は腰痛が主ですが、分離部の軟骨や骨が増殖して神経を圧迫すると下肢痛も出てきます。[takaoka-seishikai.jp]

  • 変形治癒骨折

    また一度変形が起こってしまった疾患 (モンテジア骨折, 上腕骨顆上骨折後変形治癒) に対しても矯正骨切り等で対応することも可能です。母指多指症や浮遊母指などの先天疾患にも対応しています。[fujita-hu.ac.jp] 診療実績 代表疾患 2015 2016 2017 母指多指症(三節母指 含む) 45 40 36 母指形成不全 22 34 29 裂手・指列誘導障害 21 20 13 合指症 13 13 11 先天絞扼輪症候群 6 10 10 先天橈尺骨癒合症 15 24 28 その他の上肢先天異常 40 40 11 肘周辺骨折 13 24 24 その[ncchd.go.jp] 四肢再建・骨延長外科(四肢変形、四肢長不等(脚長差)) 担当グループ 脚延長グループ 診療時間 毎週水曜日 午前 診療する主な疾患 四肢変形、骨折後の変形治癒、骨端線損傷後の変形、四肢長不等(脚長差)、軟骨無形成症、先天脛骨偽関節症 四肢変形、四肢長不等(脚長差) 先天性疾患、感染症、外傷などにより四肢変形や四肢長(脚長)に左右差が生じますと[u-tokyo-ortho.jp]

さらなる症状