Create issue ticket

考えれる852県の原因 先天性骨折

  • 骨形成不全症2型
  • 外陰炎

    先天内反足 先天白内障 前立腺がん 躁うつ病 側彎症 鼠径ヘルニア そばかす 帯状疱疹後神経痛 対人恐怖症 大腿骨頚部骨折 大腿骨頭すべり症 大腸がん 大腸ポリープ 大動脈瘤 唾液腺がん 脱毛症 多動性障害(ADHD) WPW症候群 男性型脱毛症 男性不妊 胆石症 胆嚢ポリープ チック 虫垂炎 中皮腫 聴神経腫瘍 腸チフス 直腸がん 直腸脱[t-pec.jp] 睡眠障害 頭蓋咽頭腫 頭痛 ストレス 性行為感染症 精巣がん 声帯結節 声帯ポリープ 性同一性障害 脊髄腫瘍 脊髄損傷 脊柱管狭窄症 脊椎圧迫骨折 脊椎分離症 赤痢 舌がん 摂食障害 接触性皮膚炎 舌痛症 尖形コンジローム 前十字靱帯損傷 染色体異常(胎児) 全身性エリテマトーデス(SLE) 喘息 前庭神経炎 先天性股関節脱臼 先天性心疾患 先天代謝異常症[t-pec.jp]

  • 変形性関節症

    【原因は何か】 原因がはっきりしない加齢に伴う一次性と、何らかの原因で生じる二次があります。二次の原因には骨折、脱臼、靱帯損傷、半月板損傷などの外傷、痛風や化膿関節炎などの炎症、小児の先天性の股関節の病気(臼蓋(きゅうがい)形成不全など)、スポーツや仕事などでの過度な関節の使用などがあげられます。[yomidr.yomiuri.co.jp] 過去に関節部の骨折を起こしたことがある人、子どものころに先天股関節脱臼 (だっきゅう) の治療を受けた人、力仕事などで関節を酷使している人は、加齢とともに発症する可能性が高まります。 炎症や外傷が原因で発症することもあります。[kotobank.jp] したがって、この病気にかかりやすい人、たとえば膝(ひざ)ではO脚(オーきゃく)の程度がひどい人、股関節(こかんせつ)では小さいときに先天股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)の治療を受けた人、肘(ひじ)では振動工具や力仕事をする人、関節にかかわる骨折をおこして関節面にやや段差が残った人などは、年齢とともに症状が出てくる可能性があるので[kotobank.jp]

  • 凹足

    扁平足は、生まれつきである先天骨折や脱臼による外傷性、距骨下関節の感染による炎症性、脳性麻痺などによる麻痺性、発育に従って主として体重負荷による静力学的扁平足などに分けられる。また、静力学的扁平足には年齢により異なった様相を呈してくるので、年齢に従って、次のように分類している。[hallux-valgus.jimdo.com] レントゲンを見た医師が薄笑いを浮かべ、骨折ではなく、変形で心配ないが、かなりな先天凹足だという。 こういう足では長距離とか重荷は関節や表皮に負担がかかり、起因する障害が多いらしい。 登山が趣味で重荷でいつも山歩きをしていたというと、「よくもまあこの足でねえ」とあきれ顔をした。[digi-hound.com]

  • 脂肪浮腫

    整形外科は骨,関節,靱帯などに関する疾患を扱うので,骨折,捻挫,骨腫瘍,腰痛などが診察の対象となります。それに対して形成外科は,主として皮膚などの軟部組織を扱うので,先天の外表奇形やアザ,外傷,癌などを切除した後の修復など,体表面に関することを対象とします。[aichi-med-u.ac.jp]

  • 足根管症候群

    原因には、ガングリオン、神経鞘腫、血管腫などの腫瘍、先天距踵骨癒合症など明らかな空間占拠障害(Space Occupying Lesion)可逆的な空間占拠としては、次のようなことが考えられます。[siseikai.net] 骨折による変形、圧迫による外傷性の維持化、静脈瘤の拡大、長趾屈筋腱などの腱鞘炎(付近の腱が外傷後遅発性に腱鞘炎を起こすことによる)短母趾外転筋の副筋腹の肥大などがある。 7)神経伝道速度(MCV)の遅延 正常では45 52m/秒であります。40 45m/秒ではやや低下していて軽度障害と考えられます。[siseikai.net]

  • 脊椎すべり症

    形成不全性すべり症は、生まれたときから背骨の発育に問題がある先天の脊椎すべり症で、非常にまれな病気です。 分離すべり症は、腰椎の一部が疲労骨折を起こす腰椎分離症が原因で骨がずれる病気です。腰椎分離症が第5腰椎で発症しやすいことから、分離すべり症も同じ場所での発症例が多くみられます。[saiseikai.or.jp]

  • ヘルニア

    脊椎の骨折先天奇形、腫瘍による骨の異常などの骨病変の評価にはCT検査が有利です。 レントゲン脊髄造影、側方像:第13胸椎 第1腰椎椎間板ヘルニアによる重度の脊髄圧迫が確認される。 治療 温存療法 温存療法は症状が軽い患者に対して選択する治療法で、通常2 4週間の絶対安静が必要です。ゲージ内などで一日中過ごし、排泄時だけ外に出します。[aikawavmc.com]

  • 絞扼性神経障害

    対象疾患は、骨折や脱臼、指の切断などの外傷、神経障害、関節炎・腱鞘炎、変形関節症、腫瘍、先天異常などです。 手のしびれ 上肢のしびれは上肢の神経障害と考えられます。しびれの持続時間、部位・範囲、上肢以外のしびれの有無などで障害部位の鑑別をしていきます。[nagoya-central-hospital.com] 分離症はその昔、先天の病気と考えられていたのですが、現在では発育期の児童の腰椎椎弓に一種の疲労骨折が起きて分離してくるものと考えられています。その頻度は一般の人で約20人に1人であるのに対して、スポーツ選手では5人に1人と4倍も多くなっ ています。[jcoa.gr.jp]

  • 骨形成不全症

    英語名 Osteogenesis Imperfecta 略称 OI 区分 その他の慢性疾患 就労実態情報 今回調査実施 日本の患者数 110 程度判定基準の有無 病気の内容 タイプIコラーゲンの異常により、骨脆弱による易骨折と四肢の彎曲変形が問題となる。下肢での骨折の頻度が高い。先天代謝異常。[nivr.jeed.or.jp] 骨形成不全症は、骨の主要な成分であるコラーゲンの先天的な異常により骨の脆弱が見られる先天疾患で、骨折リスクが高く、骨折による脊椎や四肢の変形、低身長などの症状も見られる。軽症から致死性まで重症度は個人差がある。日本での発生頻度は2万人に1人と推測されている。[mixonline.jp] 骨形成不全症 2018/03 2018/03/24 2018/03/25 骨形成不全症は日本でも難病指定されている病気で、2.3万に一人の割合と言われている先天の病気です。 骨がもろく、骨折しやすいため、生涯を通じての治療が必要と言われています。骨の変形のほか、歯の形成不全、難聴、成長障害、青色強膜などの症状を呈します。[dentalnews.jp]

さらなる症状