Create issue ticket

考えれる4県の原因 先天性肺炎

  • リステリア症

    リステリア・モノサイトゲネス感染症とは リステリア症はListeria monocytogenes (リステリア・モノサイトゲネス)による感染症で、ヒトのほか種々の動物にも認められる人畜共通感染症である。本菌は動植物を始め自然界に広く分布している。 ヒトのリステリア症が我が国で最初に報告されたのは、1958 年8月に山形県で髄膜炎、11月に北海道で胎児敗血症性肉芽腫症を発症した症例である。以来、1970年代前半まで年間数例の散発例がみられていたが、 徐々に本症に対する関心が高まるにつれて報告数も漸増してきている。リステリア症の病型は、ヒトでは髄膜炎が最も多く、次いで敗血症、胎児敗血症性肉芽腫[…][niid.go.jp]

  • 精上皮腫

    神経鞘腫 神経細胞腫 神経細胞腫 先天嚢胞 気管支嚢胞 胸腺嚢胞 心膜嚢胞 悪性リンパ腫 原因不明の胸水貯留 間質性肺炎 外傷性気胸・血胸 肺挫傷 肋骨骨折 手掌多汗症 呼吸器外科学領域で行われる手術術式は以下の通り。[ja.wikipedia.org] 肺膿瘍・肺化膿症 膿胸 急性膿胸 結核 非結核性抗酸菌症 肺分画症 漏斗胸 胸壁腫瘍 悪性胸壁腫瘍 繊維肉腫 骨肉腫 悪性線維性組織球腫 良性胸壁腫瘍 骨軟骨腫 軟骨腫 線維性骨異形成 転移性胸壁腫瘍 胸膜中皮腫 胸腺腫 胸腺癌 重症筋無力症 胚細胞腫瘍 奇形腫 精上皮腫 絨毛癌 胎児性癌 卵黄嚢腫瘍 未分化胚細胞腫 縦隔内甲状腺腫 神経原腫瘍[ja.wikipedia.org]

  • 性感染症

    感染症の母子感染によって、死産、新生児死亡が起こることや、低出生体重児や未熟児での出産、敗血症、肺炎、新生児結膜炎と先天奇形が起こることがあります。 妊娠中の梅毒によって、胎児死亡及び新生児死亡が毎年約30万5,000人発生しています。[forth.go.jp]

  • 梅毒

    生後数年で、一般的に、肝臓、脾臓の増大、発疹、発熱、神経梅毒、肺炎といった症状が現れる。治療がなされない場合、鞍鼻変形、ヒグメナキス徴候、剣状脛、クラットン関節といわれる後期先天梅毒の症状が現れる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状