Create issue ticket

考えれる461県の原因 先天性肺炎

  • リステリア症

    2004/11/16 リステリア症は、古くから人畜共通伝染病菌として知られていましたが、1980年代に入って欧米では、キャベツサラダ、牛乳、チーズなどの食品を媒介とする集団感染事例が確認されて以降、にわかに食中毒症として食品衛生の分野においても注目されるようになってきました。特に米国では毎年約2500名の重症なリステリア症患者が発生、そのうち約500名が死亡し、その死亡者数は食品由来の感染症による死亡者数の約10%に相当すると推定されるなど問題は深刻化しています。 本症はリステリア菌(Listeria[…][pref.aichi.jp]

  • 風邪

    喘息、先天心疾患がある時にはさらに重くなりやすい。 高齢者では肺炎をおこしやすい。 幼児では稀に急性脳症をおこすことがわかってきた。 高齢者の死亡率が高く、治療法は確立されていない。「SARS」患者との接触を避けること。 症状のない時の感染力はほぼない。[bdj.co.jp] ・せき 経過 鼻みず・鼻づまり・のどの痛み・せき・タン・声がれ 微熱〜38度ぐらいの発熱 タン・ゼイゼイとのどが鳴る(喘鳴)・発熱 高熱・頭痛・関節痛・筋肉痛・全身の倦怠感 (熱が上がった後にせきや鼻みずの症状) はげしいせき・呼吸困難・全身の倦怠感・関節痛・筋肉痛・頭痛 (重症の肺炎) 特徴と注意 ふつうは1週間程度で治るが、気管支炎、肺炎[bdj.co.jp]

  • ウイルス性下気道感染症

    低出生体重児、先天心疾患、慢性肺疾患、免疫不全(めんえきふぜん)のある方は重症化のリスクが高く、無呼吸発作や無気肺、急性脳症(きゅうせいのうしょう)、中耳炎等を合併することもあり注意が必要です。 終生免疫は獲得されないため、どの年齢でも再感染は起こりますが、一般的には年長児以降では重症化はしません。 原因はRSウイルスです。[city.meguro.tokyo.jp] 2歳までにはほとんどすべての乳幼児がRSウイルスに感染するといわれており、多くの場合、軽症でおさまりますが、1歳未満の乳児の場合は、急性細気管支炎(きゅうせいさいきかんしえん)や肺炎などの重い呼吸器症状を起こすことがあります。[city.meguro.tokyo.jp]

  • ウイルス性上気道感染症

    年齢が低い子や、免疫不全状態の人(先天免疫不全や、免疫抑制剤を飲んでいる方)では生命に関わる肺炎、肝炎、髄膜炎、脳炎になることもあります。また、時に百日咳様の症状を呈したり、クループ、細気管支炎、肺炎、 出血性膀胱炎 の原因にもなります。 目に感染するタイプでは濾胞様結膜炎、 流行性角結膜炎 をおこします。[sakuragaokashonika.com]

  • 性感染症

    感染症の母子感染によって、死産、新生児死亡が起こることや、低出生体重児や未熟児での出産、敗血症、肺炎、新生児結膜炎と先天奇形が起こることがあります。 妊娠中の梅毒によって、胎児死亡及び新生児死亡が毎年約30万5,000人発生しています。[forth.go.jp]

  • レンサ球菌感染

    出産後の女性 血液の感染 子宮の感染(子宮内膜炎) 緑色レンサ球菌 種々の菌株 — う蝕(虫歯) 先天心疾患やリウマチ熱などの病気によってすでに障害を受けていた心臓弁への感染症(心内膜炎) 肺炎球菌 — 髄膜炎 中耳の感染症(中耳炎) 肺炎(医療施設外[市中]で発生) 副鼻腔炎 レンサ球菌感染症の拡大 肺炎球菌 と同様、 A群レンサ球菌[msdmanuals.com] 心臓弁の感染(心内膜炎) 壊死性筋膜炎 胸膜炎 肺炎 猩紅熱(しょうこうねつ)(現在はまれ) レンサ球菌性毒素性ショック症候群 レンサ球菌感染症の後に起こる病気 糸球体腎炎(腎臓炎症) リウマチ熱 B群 ストレプトコッカス・アガラクティエ 成人、特に糖尿病がある場合 膿瘍 蜂窩織炎 傷の感染 新生児の場合 血流への感染(敗血症) 髄膜炎 肺炎[msdmanuals.com]

  • 性腺機能低下症

    先天副腎低形成症 アジソン病 特発性間質性肺炎 肺動脈性肺高血圧症 肺静脈閉塞症/肺毛細血管腫症 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 リンパ脈管筋腫症 網膜色素変性症 バッド・キアリ症候群 特発性門脈圧亢進症 原発性胆汁性肝硬変 原発性硬化性胆管炎 好酸球性消化管疾患 慢性特発性偽性腸閉塞症 巨大膀胱短小結腸腸管蠕動不全症 腸管神経節細胞僅少症[sick.blogmura.com] ヘモグロビン尿症 血栓性血小板減少性紫斑病 原発性免疫不全症候群 黄色靱帯骨化症 広範脊柱管狭窄症 特発性大腿骨頭壊死症 下垂体性ADH分泌異常症 下垂体性TSH分泌亢進症 下垂体性PRL分泌亢進症 クッシング病 下垂体性ゴナドトロピン分泌亢進症 下垂体性成長ホルモン分泌亢進症 家族性高コレステロール血症(ホモ接合体) 甲状腺ホルモン不応症 先天副腎皮質酵素欠損症[sick.blogmura.com]

  • トキソプラズマ感染症

    異常値を示す病態・疾患 上昇する疾患 局所性トキソプラズマ症(リ ンパ腺型,網脈絡膜炎型,皮膚発疹型,心炎型), 後天トキソプラズマ症(急性発熱発疹型,中枢神経型,肺炎型,腸炎型), 先天トキソプラズマ症 参考文献 測定法文献 亀井 喜世子 他:臨床病理 42-7-743 747 1994 臨床意義文献 矢野 明彦:産婦人科の実際 43[test-guide.srl.info] 動物の症状 幼若のものに症状が出ることが多く、肺炎、脳炎等を起こす。 人の症状 妊婦が初感染した場合、流産や胎児の先天障害をまれに起こすことがある。成人では感染しても無症状であることが多い。 予防法 猫のフンは速やかに始末し、猫には検便を行う。豚の生肉を扱ったときには、手や、まな板等の器具をよく洗う。[city.kawasaki.jp] 動物の症状 幼若のものに症状が出ることが多く、肺炎、脳炎等を起こす。 人の症状 妊婦が初感染した場合、流産や胎児の先天障害( 脳炎、脳水腫、発育障害等 )をまれに起こすことがある。 成人では感染しても無症状であることが多い。 予防法 猫のフンは速やかに始末し、猫には検便を行う。[fukushihoken.metro.tokyo.jp]

  • 化膿レンサ球菌

    出産後の女性 血液の感染 子宮の感染(子宮内膜炎) 緑色レンサ球菌 種々の菌株 — う蝕(虫歯) 先天心疾患やリウマチ熱などの病気によってすでに障害を受けていた心臓弁への感染症(心内膜炎) 肺炎球菌 — 髄膜炎 中耳の感染症(中耳炎) 肺炎(医療施設外[市中]で発生) 副鼻腔炎 レンサ球菌感染症の拡大 肺炎球菌 と同様、 A群レンサ球菌[msdmanuals.com] 心臓弁の感染(心内膜炎) 壊死性筋膜炎 胸膜炎 肺炎 猩紅熱(しょうこうねつ)(現在はまれ) レンサ球菌性毒素性ショック症候群 レンサ球菌感染症の後に起こる病気 糸球体腎炎(腎臓炎症) リウマチ熱 B群 ストレプトコッカス・アガラクティエ 成人、特に糖尿病がある場合 膿瘍 蜂窩織炎 傷の感染 新生児の場合 血流への感染(敗血症) 髄膜炎 肺炎[msdmanuals.com]

  • RSウイルス感染症

    多くの場合、軽傷でおさまりますが、初めて感染発症した場合は重くなりやすいといわれており、乳期、特に乳児期早期(生後数週間 数カ月間)にRSウイルスに初感染した場合は、細気管支炎、肺炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。 さらには、低出生体重児や先天心疾患、慢性肺疾患、免疫不全などを持つハイリスク児は要注意です。[city.higashimurayama.tokyo.jp] 初感染の乳児では、約1/3が下気道炎(細気管支炎、肺炎)に進展するといわれ、 生後数週から数ヶ月の新生児、早産児、慢性肺疾患や先天心疾患を持つ乳幼児では 重症化のリスクが高いといえます。 再感染を繰り返すので、年長児や成人も罹患しますが、 重症となることはあまりありません。 治療 酸素投与、輸血、呼吸管理などの支持療法が中心です。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp] 重症化のリスクのあるかた 低出生体重児、先天心疾患、慢性肺疾患、 免疫不全 ( めんえきふぜん ) のある方は重症化のリスクが高く、無呼吸発作や無気肺、 急性脳症 ( きゅうせいのうしょう ) 、中耳炎等を合併することもあり注意が必要です。[city.meguro.tokyo.jp]

さらなる症状