Create issue ticket

考えれる12県の原因 僧帽筋力低下

  • リウマチ性多発筋痛症

    リウマチ性多発筋痛症は, 巨細胞性動脈炎 (側頭動脈炎)と密接に関連する症候群である。55歳以上の成人に発生する。 典型的には近位筋に重度の痛みおよびこわばりが生じ(筋力低下や萎縮は伴わない),非特異的な全身症状を呈する。赤沈亢進およびCRPの上昇が典型的にみられる。診断は臨床的に行う。低用量コルチコステロイドによる治療が効果的である。低用量から中用量のプレドニゾンまたはメチルプレドニゾロンに対する劇的で急速な反応が診断を裏付ける。 リウマチ性多発筋痛症は55歳以上の成人に発生し,女性:男性の比率は2:1である。 リウマチ性多発筋痛症は 巨細胞性動脈炎[…][msdmanuals.com]

  • 手掌膿瘍

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • 僧帽弁閉鎖不全症

    開心術による弁の外科的手術が標準的治療ですが、高齢、または高齢により筋力や活動レベルが低下した虚弱状態(フレイル)、併存疾患等の理由により多くの患者は手術を受けることができない状況にあります。[prtimes.jp] 現在は開心術による弁の外科的手術が標準的治療ですが、高齢、または高齢により筋力や活動レベルが低下した虚弱状態(フレイル)、併存疾患などの理由により外科的手術を受けることのできない患者では、内科的治療で症状のコントロールにとどめ病気の進行を止めるに至らない状況にあり、国内でのMR治療に対する低侵襲治療のニーズが高まっています。[prtimes.jp]

  • 心膜気腫

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • 頚動脈球傍神経節腫

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • サルコイド心筋炎

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • 後天性球状赤血球症

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • 僧帽弁閉鎖不全症

    開心術による弁の外科的手術が標準的治療ですが、高齢、または高齢により筋力や活動レベルが低下した虚弱状態(フレイル)、併存疾患等の理由により多くの患者は手術を受けることができない状況にあります。[prtimes.jp] 現在は開心術による弁の外科的手術が標準的治療ですが、高齢、または高齢により筋力や活動レベルが低下した虚弱状態(フレイル)、併存疾患などの理由により外科的手術を受けることのできない患者では、内科的治療で症状のコントロールにとどめ病気の進行を止めるに至らない状況にあり、国内でのMR治療に対する低侵襲治療のニーズが高まっています。[prtimes.jp]

  • 梅毒性脈絡網膜炎

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

  • 舌咽麻痺

    C5は三角筋、上腕二頭筋 を支配しているため、障害されると肩外転、肘屈筋力低下[ibaraisikai.or.jp] 筋上縁の痛み:C5 or C6の根症状 ・肩甲骨または肩甲骨間部の痛み:C7 or C8の根症状 ・横隔膜神経支配はC3 ・肘を曲げるのはC5、手首の背屈はC6、C7は手首の掌屈と肘の伸展、C8は手指 の屈曲、T1支配は手指の開閉、母指はC6、中指はC7、小指はC8。[ibaraisikai.or.jp]

さらなる症状