Create issue ticket

考えれる712県の原因 偽腫瘍

  • 血友病

    の運動障害をきたす.腸腰筋出血では股関節を屈曲する腸腰筋位(psoas position)を呈する.筋肉内出血は血管や神経を圧迫していわゆるコンパートメント(筋区画)症候群を発症することがある.また,骨膜下の筋肉内出血が漸次進行した場合,出血による壊死組織と凝血塊を内容とする囊胞が形成され,周囲の組織が進行性に破壊されることがある.これは腫瘍[kotobank.jp]

  • トロサ・ハント症候群

    脳神経の麻痺を認めない場合、眼窩断面像で認められる炎症性変化は、より一般的かつ良性の所見として眼窩腫瘍と称される。 確定診断のため、特に腫瘍の可能性を除外するため、生検が必要になることがある。 THSを診断する時、頭蓋咽頭腫、片頭痛、髄膜腫との鑑別を考慮すべきである。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性第Ⅹ因子欠乏症

    小児科の病気:乳幼児の出血と血友病 大半は遺伝性で男子に多い 女性の発症は父血友病と母保因者の4分の1 軽症の場合は抜歯で気づくことも 先天性の場合はQOL改善目指す 血友病の検査と診断 血液凝固因子の補充療法で普通の生活が可能 大半は遺伝性で男子に多い 乳幼児の出血性疾患で血小板数が正常、プロトロンビン時間(PT)正常、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)延長を認めるときは血友病が疑われます。[…][tokushukai.or.jp]

  • 尿路疾患

    考えられる血尿の原因 泌尿器による出血 泌尿器以外からの出血 排尿の初めの血尿 尿道の問題 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・肉芽腫性尿道炎) 膀胱三角領域:腫瘍 前立腺:感染・嚢胞・膿瘍・腫瘍 子宮:感染・腫瘍・発情前期・退縮不全 包皮/陰茎:腫瘍・外傷 常に血尿/排尿の最後に血尿 血尿 腎臓、尿管、膀胱 (外傷・感染・尿石症・腫瘍・寄生虫・[dogwan.jp] 尿を遠心分離しても、上清が着色したままなら、血尿です。 血尿の原因が下部尿路の炎症、外傷、腫瘍であるなら、症状は、頻尿と排尿困難です。上部尿路からの出血ですと、抑うつ、嗜眠、食用不振、嘔吐、下痢、体重減少、腹部疼痛を伴うことが多いのですが、無症状であることもあります。[dogwan.jp]

  • 肉芽腫性乳腺炎

    炎症性腫瘍と肉芽腫性乳腺炎の病理所見は類似するが,ともに乳癌と似た臨床像を示すことがあり,臨床的に重要な乳腺疾患である。 Full text loading... /content/article/0385-0684/43120/2029[pieronline.jp] 【MRI】 ・右乳腺D領域にてT1WIで筋と等信号、脂肪抑制T2WIで筋よりやや高信号、 DWIで高信号 ・広範に造影増強域を認め、 内部の多房性腫瘤がリング状に濃染 される ・time intensity curveは"r apid - persistent "パターンを示す ・右腋窩リンパ節腫大あり ・肉芽腫性乳腺炎 ・乳腺炎症性腫瘍[trc-rad.jp] を認め,形質細胞,リンパ球,好酸球などの炎症細胞浸潤を伴う紡錘形細胞の増殖が観察されたことから炎症性腫瘍と診断した.比較的稀な大腸の炎症性腫瘍を経験したので報告する.[ringe.jp]

  • 外陰炎

    治療法として、抗炎症性鎮痛剤やピルの内服による対症療法、子宮内膜症病変を直接縮小させる効果を有する内服薬による治療、ホルモン剤を使用した閉経療法、さらに卵巣腫瘍に対する手術療法、特に妊娠を希望される患者さんの場合、腹腔鏡手術等侵襲性の低い手技により、腹腔内の内膜症性病変を焼灼する方法等があります。[dr-watanabe.jp]

  • IgG4関連肝疾患

    病理組織所見では悪性細胞を認めず,IgG4 陽性細胞を多数認めたためIgG4 関連肝炎症性腫瘍と診断した。IgG4 関連疾患は全身の諸臓器に発生し,自己免疫性膵炎や硬化性胆管炎との関連が知られているが,肝臓のIgG4 関連炎症性腫瘍はまれな疾患である。[pieronline.jp] 2017年6月17日第42回日本超音波検査学会において「超音波検査室」の北浦幸一技師が「IgG4関連疾患が疑われた肝炎症性腫瘍(IPT)の1例」について発表しました。IPTは肝切除例の0.7%を占めるとの報告もあり、肝臓の占拠性病変の鑑別診断の一つとして念頭に置くべき疾患概念です。[kameda.com] これまで自己免疫性膵炎、硬化性胆管炎、ミクリッツ病、リーデル甲状腺炎、キュットナー腫瘍、炎症性大動脈瘤、あるいは後腹膜線維症、炎症性腫瘍、間質性腎炎、間質性肺炎、下垂体病変、硬膜病変などと診断されていた症例、あるいはその一部が、IgG4関連疾患であることが判明している。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    高齢になると男女を問わず通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org]

  • IgG4関連縦隔炎

    膵病変では自己免疫性膵炎、肝胆道では硬化性胆管炎、唾液腺・涙腺では腫脹(ミクリッ ク病)、後腹膜腔では後腹膜線維症や間質性腎炎、代謝・内分泌腺では糖尿病や慢性甲状腺炎、その他、腹腔・肺門部リンパ節腫脹や各臓器の腫瘍などを呈す ることもある。本症では血中IgG4高値、病変臓器におけるIgG4陽性形質細胞浸潤、線維化を特徴とする。[nanbyou.or.jp] IgG4は正常範囲内であった.診断後はPSL 30mg/dayによる治療を施行中であるが自覚症状は改善傾向にある.IgG4関連疾患は自己免疫性膵炎患者で血清IgG4が高値を示し,病変部へのIgG4陽性形質細胞浸潤を認めたという報告を端緒として本邦で提唱された新しい疾患概念である.最近ではミクリッツ病,下垂体炎,間質性腎炎,後腹膜線維症,肺炎症性腫瘍[haigan.gr.jp] 【症例】【健常者に発症し短時間で急激に増悪した緑膿菌市中肺炎に対し,出血制御目的に上葉切除術を施行した1例 [著者]松尾 翼, 藤嶋 悟志, 細野 由希子, 三井 匡史 【症例】【経過中に皮膚筋炎を発症した肺癌の2切除例 [著者]小林 健一, 芦刈 周平, 岩田 輝男, 塚本 浩, 花桐 武志 【症例】【前縦隔に発生したIgG4関連炎症性腫瘍[kalib.jp]

  • 卵巣嚢胞

    悪性が疑われる場合は、腫瘍マーカーや造影MRIで精査する。腹水がある場合は腹水細胞診を行う。また、卵巣周囲から発生する傍卵巣嚢胞、卵管水腫、嚢胞などの非腫瘍性病変や、生殖年代では卵胞嚢胞や出血性黄体嚢胞などの機能性嚢胞との鑑別をする。 最終的な良悪性の診断は摘出標本による病理組織学的検査が必要である。[clinicalsup.jp] 卵巣腫瘍 (しゅよう)の一種で,ムチン嚢腫,漿液(しょうえき)嚢腫などがある。偽ムチン嚢腫は腺性嚢腫ともいい,内容はゼラチン状の液。30歳代に多い。悪性化するものは少ない。漿液嚢腫は乳頭腫性嚢腫ともいい,内容は透明液。40歳前後に多い。良性の場合が多いが,悪性化することもある。[kotobank.jp] 4.ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。人間のからだの中にできる腫瘍の中でももっとも大きくなり、時には人間の頭ほどの大きさになることも。嚢腫が破れて、粘液が腹腔内に広がってしまう場合もあります。[kao.co.jp]

さらなる症状