Create issue ticket

考えれる379県の原因 偽腫瘍

  • 血友病

    血友病(けつゆうびょう、Hemophilia)は、血液凝固因子のうちVIII因子、IX因子の欠損ないし活性低下による遺伝性血液凝固異常症である。 第VIII因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病A、第IX因子の欠損あるいは活性低下によるのは血友病Bである。 男児出生数の5000〜1万人に1人が血友病患者である。血友病Aは血友病Bの約5倍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • トロサ・ハント症候群

    脳神経の麻痺を認めない場合、眼窩断面像で認められる炎症性変化は、より一般的かつ良性の所見として眼窩腫瘍と称される。 確定診断のため、特に腫瘍の可能性を除外するため、生検が必要になることがある。 THSを診断する時、頭蓋咽頭腫、片頭痛、髄膜腫との鑑別を考慮すべきである。[ja.wikipedia.org]

  • 遺伝性第Ⅹ因子欠乏症

    ホーム プロジェクト 和牛の遺伝的改良を目的とした血液凝固第XI因子欠乏症の生産性に与える影響の解明(生物生産科学専攻) 和牛の遺伝的改良を目的とした血液凝固第XI因子欠乏症の生産性に与える影響の解明(生物生産科学専攻) 日本学術振興会科学研究費補助金 リーダー:国枝哲夫 平成23年度 25年度[…][gels.okayama-u.ac.jp]

  • 外陰炎

    治療法として、抗炎症性鎮痛剤やピルの内服による対症療法、子宮内膜症病変を直接縮小させる効果を有する内服薬による治療、ホルモン剤を使用した閉経療法、さらに卵巣腫瘍に対する手術療法、特に妊娠を希望される患者さんの場合、腹腔鏡手術等侵襲性の低い手技により、腹腔内の内膜症性病変を焼灼する方法等があります。[dr-watanabe.jp]

  • 浮腫

    閉塞性には深部静脈血栓症やリンパ管浮腫、腫瘍や動脈瘤や後腹膜線維症などによる圧迫などでおこる。非閉塞性の原因には蜂窩織炎、痛風、痛風などがあげられる。 緊急性がなければ治療は不要である。原因疾患の治療のほうが重要である。浮腫自体の対症療法としてはナトリウムの制限、水の制限、利尿薬の投与がある。[ja.wikipedia.org]

  • 関節炎

    高齢になると男女を問わず通風、変形性関節痛、関節リウマチ、リウマチ性多発筋痛症、悪性腫瘍関連の頻度が増える。また全年齢を通じて女性の場合は甲状腺疾患、自己免疫疾患(関節リウマチ、SLE、シェーグレン症候群、全身性強皮症)、サルコイドーシスなども想起される。[ja.wikipedia.org]

  • 卵巣嚢胞

    悪性が疑われる場合は、腫瘍マーカーや造影MRIで精査する。腹水がある場合は腹水細胞診を行う。また、卵巣周囲から発生する傍卵巣嚢胞、卵管水腫、嚢胞などの非腫瘍性病変や、生殖年代では卵胞嚢胞や出血性黄体嚢胞などの機能性嚢胞との鑑別をする。 最終的な良悪性の診断は摘出標本による病理組織学的検査が必要である。[clinicalsup.jp] 卵巣腫瘍 (しゅよう)の一種で,ムチン嚢腫,漿液(しょうえき)嚢腫などがある。偽ムチン嚢腫は腺性嚢腫ともいい,内容はゼラチン状の液。30歳代に多い。悪性化するものは少ない。漿液嚢腫は乳頭腫性嚢腫ともいい,内容は透明液。40歳前後に多い。良性の場合が多いが,悪性化することもある。[kotobank.jp] 4.ムチン嚢腫(ぎムチンのうしゅ) 漿液性嚢腫の次に多いタイプ。腫瘍の中に粘液状の液体が詰まっているものです。人間のからだの中にできる腫瘍の中でももっとも大きくなり、時には人間の頭ほどの大きさになることも。嚢腫が破れて、粘液が腹腔内に広がってしまう場合もあります。[kao.co.jp]

  • 粘液腫性腹膜炎

    腹膜粘液腫(ふくまくぎねんえきしゅ)とは、悪性腫瘍の一種。虫垂や卵巣などからゼラチン状の粘液を産生しながら発生する。腹腔内で増殖し、大量の粘液を産生しながら、他臓器に癒着・圧排する病気。 超音波検査 腫瘍内部は低エコーを呈する。ホタテ貝の辺縁のような波状彎入像(scalloping)がみられることがある。[ja.wikipedia.org]

  • 高血圧症

    原発性アルドステロン症 (primary aldosteronism; PA) 副腎皮質の腫瘍からアルドステロンが過剰に分泌されるため起こる。 性アルドステロン症 グリチルリチン酸により、11-βHSD2活性が抑制され、コルチゾール代謝の阻害 コルチゾールの残存 ミネラルコルチコイド受容体刺激となる。[ja.wikipedia.org]

  • 本態性高血圧症

    代表的な疾患 腎血管性高血圧 レニン産生腫瘍 Bartter症候群 * 原発性アルドステロン症 17α水酸化酵素欠損症 性アルドステロン症 Liddle症候群 クッシング症候群 3-2. 主訴は低K血症に拠るものが多い 筋脱力、全身倦怠感 口渇、多飲、多尿 耐糖能異常(糖尿病)、代謝性アルカローシス 3-3.[e-resident.jp]

さらなる症状