Create issue ticket

考えれる57県の原因 偽小葉

  • 大結節性肝硬変

    の形成 上図ははきれいな肝臓です。この肝臓の構造が線維により壊されてしまうと、下図のという状態になります。 さて、ここで具体例を挙げてみましょう。肝硬変を患った患者さんに、C型肝炎ウイルスの治療をするとします。仮に、無事ウイルスが消えたとしましょう。そうなると、「や再生結節は元のように治るのか?」[medicalnote.jp] P-C間の線維性隔壁の形成はを形成し、通常の 単位での機能は失われる。肝細胞の再生は硬い線維性隔壁によって妨げられ、門脈血流の内への流通も減少するため門脈圧は亢進する。そのうえ、線維性隔壁内の門脈・肝静脈シャントが形成され有効肝血流量は大幅に減少することになる。 Ⅴ.症状と診断 l 病態と所見 1.[kanazawa-med.ac.jp] 肝硬変の特徴 肝硬変の定義は、病理学的なもので、慢性の肝障害により肝細胞の再生と結合織の増生が生じ、びまん性に肝臓全体に線維性隔壁に囲まれた再生結節()が形成された状態をいい、簡単にいえば、線維性の占める部分が多くなり、肝臓が硬くなった状態です。[jikeisurgery.jp]

  • 肝硬変

    P-C間の線維性隔壁の形成はを形成し、通常の 単位での機能は失われる。肝細胞の再生は硬い線維性隔壁によって妨げられ、門脈血流の内への流通も減少するため門脈圧は亢進する。そのうえ、線維性隔壁内の門脈・肝静脈シャントが形成され有効肝血流量は大幅に減少することになる。 Ⅴ.症状と診断 l 病態と所見 1.[kanazawa-med.ac.jp] 肝硬変の特徴 肝硬変の定義は、病理学的なもので、慢性の肝障害により肝細胞の再生と結合織の増生が生じ、びまん性に肝臓全体に線維性隔壁に囲まれた再生結節()が形成された状態をいい、簡単にいえば、線維性の占める部分が多くなり、肝臓が硬くなった状態です。[jikeisurgery.jp] は改築され,が形成された病態として定義される.肝硬変はその原因にかかわらず,肝細胞の変性・壊死が生じ長期にそれが持続すると,膠原線維の増生と肝細胞の結節性再生が認められ肝表面は凹凸を呈するようになる.[kotobank.jp]

  • 門脈性肝硬変

    P-C間の線維性隔壁の形成はを形成し、通常の 単位での機能は失われる。肝細胞の再生は硬い線維性隔壁によって妨げられ、門脈血流の内への流通も減少するため門脈圧は亢進する。そのうえ、線維性隔壁内の門脈・肝静脈シャントが形成され有効肝血流量は大幅に減少することになる。 Ⅴ.症状と診断 l 病態と所見 1.[kanazawa-med.ac.jp] 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病 因 河田 則文 大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵病態内科学 教授 要旨 肝硬変は,B型やC型肝炎ウイルス感染(HBV,HCV)アルコール多飲,自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変など,すべての慢性肝疾患の終末像である.病理学的にはびまん性にコラーゲンで構成される線維性隔壁に囲まれた再生結節()が[saishin-igaku.co.jp] は改築され,が形成された病態として定義される.肝硬変はその原因にかかわらず,肝細胞の変性・壊死が生じ長期にそれが持続すると,膠原線維の増生と肝細胞の結節性再生が認められ肝表面は凹凸を呈するようになる.[kotobank.jp]

  • アルコール性肝疾患

    男性では、日本酒5合を20 30年、女性では男性の3分の2の飲酒量を12 20年で肝硬変に進行するとされています アルコール性肝硬変の組織所見の特徴は、結節(直径3ミリ以下)の形成が典型的です。ウイルス性肝硬変では大結節となります。[kanen.ncgm.go.jp] 肝硬変は、このような慢性の肝細胞障害により線維性隔壁に囲まれた再生結節()が形成された肝障害の終末像です。そして肝硬変になると、肝機能が保たれている代償期を経て、肝予備能が低下し、黄疸・腹水・肝性脳症・食道静脈瘤を呈する非代償期へと移行します。さらに、肝細胞癌の出現率も高くなるのが問題です。治療は症状に応じた対症療法が中心です。[fukui-saiseikai.com]

  • 先天性肝硬変

    P-C間の線維性隔壁の形成はを形成し、通常の 単位での機能は失われる。肝細胞の再生は硬い線維性隔壁によって妨げられ、門脈血流の内への流通も減少するため門脈圧は亢進する。そのうえ、線維性隔壁内の門脈・肝静脈シャントが形成され有効肝血流量は大幅に減少することになる。 Ⅴ.症状と診断 l 病態と所見 1.[kanazawa-med.ac.jp] 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病 因 河田 則文 大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵病態内科学 教授 要旨 肝硬変は,B型やC型肝炎ウイルス感染(HBV,HCV)アルコール多飲,自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変など,すべての慢性肝疾患の終末像である.病理学的にはびまん性にコラーゲンで構成される線維性隔壁に囲まれた再生結節()が[saishin-igaku.co.jp] は改築され,が形成された病態として定義される.肝硬変はその原因にかかわらず,肝細胞の変性・壊死が生じ長期にそれが持続すると,膠原線維の増生と肝細胞の結節性再生が認められ肝表面は凹凸を呈するようになる.[kotobank.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    という肝細胞の集団が破壊されてしまい、そのかわりに 「」という結節(こぶのようなもの) がどんどんできあがっていきます。そして、外見上もなめらかさがなくなり、結節が浮いて見えてでこぼこになります。[fujimoto.or.jp] 肝臓の線維化が進み、構造が破壊されて再生結節()に置き換わった状態を肝硬変という。 原因はC型、B型肝炎ウイルス、アルコール、自己免疫性肝炎、慢性胆汁うっ滞、代謝性肝疾患がなどある。臨床的には、肝細胞機能不全、門脈圧亢進症、門脈-大循環短絡路(シャント)形成の病態を伴う。 検査と診断 身体症状 代償性肝硬変:肝機能は比較的維持。[nurseful.jp] は、もはや解毒などの肝臓本来の機能をはたせないので、 食欲不振 や 虚脱感 、 吐き気 、 黄疸 などの症状がでてきます。 また、硬くなった肝臓は血液を流れにくくするので、門脈によって導かれていた胃や腸からの血液が行き場をなくし、 門脈圧 が亢進します。[fujimoto.or.jp]

  • fibrolamellar 型肝細胞癌

    血腫 急性期血腫 陳旧性肝内血腫 肝梗塞・壊死 Zahn梗塞 肝壊死(壊死性肝梗塞) 虚血性壊死 壊死結節 好酸球性肝壊死 肝細胞性腫瘍類似病変 限局性結節性過形成 FNH様結節 結節性再生性過形成様結節(NRH様結節) その他 放射線肝障害(放射線肝炎) 肝紫斑病 偽リンパ腫 髄外造血 confluent hepatic fibrosis[igaku-shoin.co.jp] […] malformation関連嚢胞性病変 血管性腫瘤 門脈-肝静脈短絡 門脈瘤 肝動脈瘤 炎症性肝腫瘤 炎症性肝腫瘤 化膿性肝膿瘍 アメーバ性肝膿瘍 感染性肝肉芽腫(慢性肝膿瘍,肉芽性肝膿瘍) 真菌性肝膿瘍 炎症性肝腫瘤 寄生虫性疾患 エキノコッカス(包虫)症 日本住血吸虫症 肝蛭症 肝吸虫症 内臓幼虫移行症 回虫症 炎症性肝腫瘤 炎症性腫瘍[igaku-shoin.co.jp]

  • 乳房の悪性新生物

    腺筋上皮腫 3 良性上皮増殖 A 腺症、硬化性腺症、結節性硬化性腺症、アポクリン腺症 /B 放射状瘢痕・複雑型 硬化性病変 /C 微小腺管腺症 4 乳腺症と関連病変 A 線維嚢胞性変化 /B 孤立性嚢胞 /C 明細胞化生 5 その他の良性非腫瘍性病変 A 乳管拡張症 /B 粘液瘤様腫瘍 /C 乳輪下膿瘍 /D 脂肪壊死 /E 特発 性肉芽腫性性乳腺炎[unp.or.jp]  /F その他の良性非腫瘍性病変 6 比較的まれな良性間葉系腫瘍 A 筋線維芽細胞腫 /B 血管腫様間質過形成 /C 顆粒細胞腫 /D その他 の良性間葉系腫瘍 Ⅲ 乳管内増殖病変 1 通常型乳管過形成 A 通常型乳管過形成 /B 若年性乳頭腫症 /C 女性化乳房型過形成 /D 円 柱上皮化と円柱上皮過形成 /E 平坦型上皮異型 /F Cystic[unp.or.jp]

  • 乳癌

    また、組織型によりFDG集積にも違いがあり、一般に、浸潤性乳管癌に比べて、非浸潤性乳管癌(DCIS)、浸潤性癌や粘液癌などでは、集積が低く陰性になる可能性が高いとされている。 一方、MMG、US、MRI、CTなどの画像は、検査範囲に限界があり、撮影野外に病変がある場合、見逃されることになる。[nmp.co.jp]

  • 肝肺症候群

    肝硬変の特徴 肝硬変の定義は、病理学的なもので、慢性の肝障害により肝細胞の再生と結合織の増生が生じ、びまん性に肝臓全体に線維性隔壁に囲まれた再生結節()が形成された状態をいい、簡単にいえば、線維性の占める部分が多くなり、肝臓が硬くなった状態です。[jikeisurgery.jp] 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病 因 河田 則文 大阪市立大学大学院医学研究科肝胆膵病態内科学 教授 要旨 肝硬変は,B型やC型肝炎ウイルス感染(HBV,HCV)アルコール多飲,自己免疫性肝炎,原発性胆汁性肝硬変など,すべての慢性肝疾患の終末像である.病理学的にはびまん性にコラーゲンで構成される線維性隔壁に囲まれた再生結節()が[saishin-igaku.co.jp] 目次に戻る 第2章 病理・病態生理 病態生理 孝田 雅彦 鳥取大学医学部機能病態内科 准教授 村脇 義和 鳥取大学医学部機能病態内科 教授 要旨 肝硬変はびまん性に線維化と再生結節によるが見られ,肝実質機能低下と門脈圧亢進症に由来する病態が発生する.代償期には症候は見られないが,非代償期に進行すると,黄疸,門脈圧亢進症,腹水,肝性脳症[saishin-igaku.co.jp]

さらなる症状