Create issue ticket

考えれる135県の原因 側頭骨骨折

  • 頭蓋骨骨折

    頭骨骨折のうち、骨折線が迷路骨包を横切るものを迷路骨折(英:fracture of labyrinth、独:Labyrinthfraktur)という。頭骨骨折は縦骨折と横骨折とに分けられるが、横骨折は迷路に損傷を与える。[ja.wikipedia.org] 頭骨骨折は、局所の精密なCT(頭骨ターゲットCT)で診断されます。視神経管骨折は、特殊な単純X線(視神経管撮影)や、局所の精密なCT(眼窩CT)、あるいはMRIにより診断されます。 頭蓋底骨折の治療 頭蓋底骨折に伴う髄液漏あるいは脳神経麻痺に対する治療が行われます。[mizutani-neuro.com] 迷路骨折 [ 編集 ] 頭骨 骨折のうち、骨折線が迷路骨包を横切るものを迷路骨折(英:fracture of labyrinth、独:Labyrinthfraktur)という。頭骨骨折は縦骨折と横骨折とに分けられるが、横骨折は迷路に損傷を与える。[ja.wikipedia.org]

  • 側頭骨骨折

    概要 頭骨骨折とは、頭部に対しての外傷をきっかけに起こる頭骨骨折です。 頭部には、さまざまな神経や耳など複雑かつ重要な構造物が数多く存在しています。そのため、頭骨骨折を起こすと聞こえの低下、ふらつき、顔面神経麻痺などを併発することがあります。[medicalnote.jp] 頭骨骨折は,頭骨錐体部の長軸に対する方向により分類されている。縦骨折頭骨骨折の70 90%を占め,横骨折が10 30%を占める。両方の型の特徴を有する骨折もある。縦骨折は,中耳を貫通して鼓膜を破ることがある;症例の20%に顔面神経麻痺を引き起こし,まれに難聴(通常は伝音難聴)を引き起こす。[msdmanuals.com] 検査と診断 外傷の起こり方と前述の症状によって頭骨骨折が疑われた場合には、X線検査が診断に最も役に立ちます。耳のX線検査、頭部CT、頭骨のターゲットCTで骨折の部位、程度を診断します。頭骨長軸に平行な骨折線のある縦骨折と、垂直な横骨折に分類され、後者のほうがより重傷です。[medical.itp.ne.jp]

  • 頭蓋底骨折

    頭骨骨折 は、局所の精密なCT(頭骨ターゲットCT)で診断されます。 視神経管骨折 は、局所の精密なCT(眼窩(がんか)CT)、あるいはMRIにより診断されます。 治療の方法 頭蓋底骨折に伴う髄液漏あるいは脳神経麻痺に対する治療が行われます。[medical.itp.ne.jp] 頭蓋骨骨折頭骨骨折 縦骨折(多い) 中耳の骨折、耳小骨離断 縦骨折(少ない) 内耳の骨折、顔面神経麻痺、感音難聴 ・前 頭蓋底骨折 パンダの目徴候 目の周りの溢血斑 ・中 頭蓋底骨折 バトル徴候 耳の後ろの溢血斑 あああ、頭蓋低骨折じゃねぇよw 頭蓋底骨折 だよwww 正しいのはどれか。2つ選べ。[search.yahoo.co.jp] 投稿日 : 2018年10月16日 最終更新日時 : 2018年10月16日 カテゴリー : 耳鼻口 1 耳の構造 2 外耳の外傷・耳介血腫 3 耳介裂創 4 耳垂裂 5 耳鳴り 6 外傷性鼓膜穿孔 7 頭骨骨折 8 頭蓋底骨折 9 騒音性難聴 交通事故受傷後の眩暈、失調、平衡機能障害、あるいは視力や調整力の低下などの症状がある場合、傷病名[jiko-110.com]

  • 気管の外傷性穿孔

    だからこそ外傷に強くなろう/小川 郁 総 論 外傷とその初期診療/小川 郁 外傷と全身反応/青木毅一・他 外傷時に注意するべき感染症とその対応/池田弘人 外傷と心身症/五島史行 耳科・側頭骨 耳介・外耳道の外傷/朴澤孝治 外傷性鼓膜穿孔/安井拓也・他 外傷性耳小骨連鎖離断/小島博己 外傷性外リンパ瘻/中川尚志 音響外傷と急性音響性難聴/松延 毅 頭骨骨折[tokyo-igakusha.co.jp] 病気 耳介奇形、耳介周囲炎、耳介膿瘍、耳介蜂窩織炎、耳真菌症、耳介部皮膚炎、外耳湿疹、外耳外傷、耳部打撲傷、耳介血腫、耳介挫創、耳介腫瘍、耳介部腫瘤、耳介脂肪腫、耳介のう腫、外耳道奇形、外耳道腫瘍、外耳道外傷、耳介ヘルペス、外耳道湿疹、外耳炎、外耳道膿瘍、外耳道蜂窩織炎、耳せつ、外耳道真菌症、外耳道異物、外耳道真珠腫、耳垢、外傷性中耳損傷、頭骨骨折[jibika.com] 頭骨骨折は、難聴や顔面神経麻痺を伴うことがあります。頭蓋内の損傷の程度などにより手術療法などが選択されます。 耳いた(耳痛) 意外に広範囲に耳痛を来す病気があります。責任部位別に見ていきます。 外耳 外耳道の入り口から鼓膜までを外耳といいます。頻繁な耳かきなどによる外耳炎、耳せつ(じせつと読みます。耳のおできです。)[tsujimoto-jibika.com]

  • 家族性再発性末梢性顔面神経麻痺

    2.頭骨骨折に伴う顔面神経麻痺への対応 3.頭骨外外傷性顔面神経障害 6.中耳炎、中耳手術による顔面神経麻痺 1.中耳炎による顔面神経麻痺 2.中耳手術による顔面神経麻痺 7.側頭骨内腫瘍による顔面神経麻痺 1.顔面神経原発の腫瘍 2.顔面神経周囲組織の腫瘍 8.聴神経腫瘍と顔面神経麻痺 1.術前の顔面神経麻痺の頻度 2.術後の顔面神経麻痺[rr2.nakayamashoten.co.jp] また、顔面神経が通っている頭骨骨折や、顔面の深い傷によって顔面神経が損傷された場合にもケガの後に顔面神経麻痺が生じます。 (3)ゆっくりと麻痺が生じる場合 特殊な神経や血管の病気によって、顔面神経にゆっくりと障害が生じた結果、顔面神経麻痺が生じます。[jscmfs.org] ・ 外傷(頭骨骨折)に伴うこともあります。 ・ 誘因が、全く見あたらないこともあります。 ・ 難聴は、変動する、変動しながら悪化する、改善した難聴が再び悪化することがあります。 ・ めまいのみの外リンパ瘻もあります。[tmd-otohns.jp]

  • 骨折

    迷路骨折 [ 編集 ] 頭骨 骨折のうち、骨折線が迷路骨包を横切るものを迷路骨折(英:fracture of labyrinth、独:Labyrinthfraktur)という。頭骨骨折は縦骨折と横骨折とに分けられるが、横骨折は迷路に損傷を与える。[ja.wikipedia.org] 顔面骨折 (がんめんこっせつ、英:fracture of facial bones)とは、 顔面 における 骨折 である。顔面骨は、主に『鼻骨』、『頬骨』、『篩骨』、『上顎骨』、『下顎骨』からなる。『頭骨』を含める事もある。[ja.wikipedia.org] 顔面骨は多様な機能を有しており、骨折部位や機能障害により医師(形成外科、耳鼻咽喉科、眼科、頭頸部外科、脳神経外科)や歯科医師(歯科口腔外科)により治療される。 地域や病院により異なっているが、概ね下記の様に振り分けられる事が多い。[ja.wikipedia.org]

  • 頚動脈球傍神経節腫

    書籍・雑誌 全国送料無料でお届け 発送目安:8 14営業日 4,968 円(税込) 目次 JOHNS 26/3 2010年3月号 ―目次― 特集 耳鼻咽喉・頭頸部画像アトラス 耳鼻咽喉・頭頸部領域における画像診断法の選択と評価 耳・頭骨 先天性外耳道閉鎖症/外耳道真珠腫/サーファーズ・イア/ 悪性外耳道炎/聴器癌/中耳奇形/中耳外傷,頭骨骨折[molcom.jp] Heerfordt症候群 5.内耳道脂肪腫 6.耳硬化症 7.蝸牛神経鞘腫 8.内頸動脈異所性走行,アブミ骨動脈遺残 9.傍神経節腫-鼓室糸球 10.傍神経節腫-頸静脈糸球 11.鼓室硬化症 12.骨化性迷路炎 13.急性中耳炎 14.慢性中耳炎 15.真珠腫 16.真珠腫-先天性真珠腫 17.真珠腫-半規管瘻孔 18.真珠腫-鼓室天蓋破壊 19.頭骨骨折[kinokuniya.co.jp] 耳性帯状疱疹(ハント症候群)、外耳道真菌症、鼓膜炎、外耳道真珠腫、閉塞性角化症、悪性外耳道炎、急性中耳炎、急性乳様突起炎、錐体炎、滲出性中耳炎、耳管狭窄症、耳管開放症、慢性穿孔性中耳炎、中耳真珠腫、先天性真珠腫、錐体尖真珠腫、癒着性中耳炎、鼓室硬化症、コレステリン肉芽腫、結核性中耳炎、好酸球性中耳炎、耳小骨奇形、耳硬化症、外リンパ瘻、耳性髄液漏、頭骨骨折[hospital.asahi.chiba.jp]

  • ベル麻痺

    また、顔面神経が通っている頭骨骨折や、顔面の深い傷によって顔面神経が損傷された場合にもケガの後に顔面神経麻痺が生じます。 (3)ゆっくりと麻痺が生じる場合 特殊な神経や血管の病気によって、顔面神経にゆっくりと障害が生じた結果、顔面神経麻痺が生じます。[jscmfs.org] それ以外の原因では,外傷性(頭骨骨折,顔面打撲,切り傷)のもの,中耳炎からの炎症の波及,各種髄膜炎の波及,聴神経腫瘍や耳下腺腫瘍などの手術によるものなど局所性の原因によるもののほか,サルコイドーシスや神経ベーチェットなど全身性の炎症疾患の部分症状によるもの,ギラン・バレー症候群や重症筋無力症など神経筋疾患の部分症状によるものなどがあります[itsuki-hp.jp] また、外傷(顔面軟部組織損傷や頭骨骨折)や外科手術(頭蓋内腫瘍摘出、耳下腺悪性腫瘍摘出手術など)によって、やむを得ず神経が損傷・切断されて起こるものがあります。 顔面神経麻痺の治療 原因のわかっているものについては原因の治療を行います。またベル麻痺の用に原因不明のもの、ハント症候群などはステロイド剤や浸透圧利尿剤の点滴などを行います。[kuhp.kyoto-u.ac.jp]

  • 老人性難聴

    例えば純音聴力検査で4000Hzの閾値上昇を認める両側性騒音性難聴、CT検査で頭骨骨折が認められる両側性外傷性難聴、耳毒性薬剤の使用歴が明らかな薬剤性難聴、ウイルスIgM抗体価上昇を伴う急性ウイルス感染が認められる例など外的因子が明らかなものは除く。 重症度分類 以下の重症度分類において3高度難聴以上を対象とする。[nanbyou.or.jp] ・ 外傷(頭骨骨折)に伴うこともあります。 ・ 誘因が、全く見あたらないこともあります。 ・ 難聴は、変動する、変動しながら悪化する、改善した難聴が再び悪化することがあります。 ・ めまいのみの外リンパ瘻もあります。[tmd-otohns.jp]

  • 前頭骨内板過骨症

    頭骨骨折は,頭骨錐体部の長軸に対する方向により分類されている。縦骨折頭骨骨折の70 90%を占め,横骨折が10 30%を占める。両方の型の特徴を有する骨折もある。縦骨折は,中耳を貫通して鼓膜を破ることがある;症例の20%に顔面神経麻痺を引き起こし,まれに難聴(通常は伝音難聴)を引き起こす。[msdmanuals.com] 迷路骨折 [ 編集 ] 頭骨 骨折のうち、骨折線が迷路骨包を横切るものを迷路骨折(英:fracture of labyrinth、独:Labyrinthfraktur)という。頭骨骨折は縦骨折と横骨折とに分けられるが、横骨折は迷路に損傷を与える。[ja.wikipedia.org] (1)骨折の部位による分類 ①円蓋部骨折 (a)前頭骨骨折、(b)頭骨骨折、(c)頭頂骨骨折、(d)後頭骨骨折 ②頭蓋底骨折 (a)前頭蓋底骨折、(b)中頭蓋底骨折、(c)後頭蓋底骨折 (2)骨折の形状による分類 ①線状骨折 線状骨折はX線上黒色の線として写ります。[jikosoudan.net]

さらなる症状