Create issue ticket

考えれる10県の原因 側頭部と中心部の高圧棘波

  • てんかん

    脳MRI画像 左:特発性一次性てんかんのMRI ( 正常 。2年前から半年に1回ほど、1回に5分ほど、意識消失と共に全身がけいれんする発作)、右: 二次性てんかんのMRI ( 脳腫瘍 髄膜腫(矢印) 。3年前から年に1回ほど、1回に5分ほど、右手ががくがくと動く発作)。左のMRIが成人のてんかんの95-97%を占める。 概括と症状[…][web.archive.org]

  • 全身性慢性または強直間代発作

    オクスカルバゼピン oxcarbazepine (Trileptal Novartis) 参考 1 第二世代の抗てんかん薬 カルバマゼピン の類似体、化学吊:10,11-Dihydro-10-oxo-5H-dibenz[b, f]azepine-5-carboxamide 膜安定化作用 を有する抗痙攣薬 本邦未承認の抗てんかん薬(てんかん部分発作)、欧州では広く使われていて、2000年にFDAも承認 キッセイも糖尿病性神経障害疼痛としてKIN-493を開発していたが、2004年に開発中止 単剤としての効果は、カルバマゼピンやフェニトインとほぼ同等だが、薬物相互作用や副作用が少ないとされている。[…][shiga-med.ac.jp]

  • 若年性ミオクロニーてんかん

    住所 出身 総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 968,235サイト INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週 OUTポイント 2 2 0 0 0 0 0 4/週 PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週 病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,397サイト てんかん 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 239サイト 総合ランキング(OUT) 102,320位 103,620位 79,473位 77,446位 68,050位 67,392位 61,047位 968,235サイト INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週[…][blogmura.com]

  • 特発性全般てんかん

    2009/4/2 2018/11/9 てんかんと発作, てんかんの病型・症候群 これまでにてんかんの分類について述べてきた。発作が脳の一部から起こるか、あるいは脳全体が最初から興奮するかによって、全般てんかんと、部分てんかんとに分けられる。[…][mkclinic.jp]

  • 器質性脳症候群

    概要 器質性精神障害とは、外因性の精神障害の総称です。 精神疾患は、従来は神経症に代表される性格や環境からのストレスなど心理的原因によって生じる精神障害である心因性、脳に直接侵襲を及ぼす身体的病因による外因性、統合失調症や双極性障害のような伝達物質の不均衡による内因性という3つの要因に分類されていました。この考え方は古典的な概念となってしまいましたが、精神疾患を理解するうえで重要な意味を持ちます。成立するうち、外因性に分類されるものの中で直接脳そのものを障害するものを器質性精神障害とよびます。 精神科疾患の操作的診断のため一般的に用いられるICD-10(International[…][medicalnote.jp]

  • 脳症

    脳症(のうしょう、Encephalopathy)とは、発熱、頭痛、意識障害、麻痺などの脳炎の急性症状を示すにもかかわらず、脳実質内に炎症が認められず浮腫が認められる状態のことである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 若年性欠神てんかん

    2004/10/1 2018/11/8 てんかんと発作, 反射てんかん 前回はてんかん発作の誘因についてお話しました。寝不足、緊張、不安、興奮、月経、アルコール、発熱などが発作の誘因になる場合があることを述べました。[…][mkclinic.jp]

  • 尿毒症性脳症

    病気事典[家庭の医学] にょうどくしょうせいのうしょう 尿毒症性脳症について解説します。 執筆者: どんな病気か 腎不全 (じんふぜん)に伴う脳症を尿毒症性脳症といいます。一般に急速に腎不全が進行した時に起こりやすく、多くは 急性腎不全 の患者さんにみられます。 原因は何か 脳症の原因は不明ですが、 尿毒症 に伴う毒性物質が神経伝達を損ったり、脳酸素の消費量を減少させたりすることによると考えられています。 症状の現れ方 症状は他の代謝性脳症(たいしゃせいのうしょう)と基本的には同じです。初期には集中力や注意力の低下がみられ、次第に症状の日内変動や意識レベルの動揺を特徴とする せん妄(もう)[…][medical.itp.ne.jp]

  • レノックス・ガストー症候群

    レノックス・ガストー症候群(レノックス・ガストーしょうこうぐん、Lennox–Gastaut syndrome, LGS)とは、小児期に発症する難治性のてんかんで、特に2歳から6歳の間に好発する。多彩なてんかん発作が頻繁に起きる、脳波検査で2.5 Hz未満の遅い棘徐波が検出される、中等度から重度の精神発達遅滞が見られる、という3つの徴候を特徴とする。日本では指定難病144に指定されている。 主に8歳未満の小児に発症するものの、発症のピークとされる年齢は典型的には3-5歳である。症例の約30%でLGSに先行して乳児てんかんが見られ、54%という高値も報告されている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低酸素性虚血性脳症

    国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センターよりsLOX-1が新生児低酸素性虚血性脳症の早期発見につながる有効なバイオマーカーである可能性が報告されました。 新生児低酸素性虚血性脳症は母体内で、あるいは分娩中になんらかの原因で新生児の脳への酸素供給や血流が滞ることによって引き起こされる脳障害です。 今回、出生時のsLOX-1測定がその重症度と予後予測に役立つ可能性が示唆されました。 今後は、より規模を大きくしたコホート研究を行い、さらなる臨床応用を進めていく方針と発表がされております。[nk-m.co.jp]

さらなる症状