Create issue ticket

考えれる3県の原因 側頭葉の構造変化

  • アルツハイマー病

    また画像バイオマーカーとしては、Aβ凝集を検出するアミロイドPET、シナプス機能障害を表す機能MRI、神経細胞傷害を反映した糖代謝低下を検出するFDG-PET、神経細胞死を反映する構造的MRIによる海馬やの容積定量が挙げられる。[bsd.neuroinf.jp] アミロイドカスケード仮説に基づくと、バイオマーカーの変化は、 脳内アミロイド沈着〔CSF Aβ、アミロイドPET〕 シナプスおよび神経細胞機能不全〔FDG-PET、機能的MRI〕 タウによる神経変性〔CSFタウ〕 神経細胞死・脳萎縮〔構造的MRI〕 認知機能障害 全般機能障害 の順で出現すると考えられており [18] 、家族性ADの未発症保因者[bsd.neuroinf.jp]

  • エイズ-髄膜脳炎を伴う

    【まとめ】非ヘルペス脳炎によるてんかん重積状態のMR imagingで、両側内側部構造に高信号変化を認めた。今症例に対して文献的考察を加え報告する。[jsicm.org]

  • 常染色体優性痙性対麻痺 8型

    また画像バイオマーカーとしては、Aβ凝集を検出するアミロイドPET、シナプス機能障害を表す機能MRI、神経細胞傷害を反映した糖代謝低下を検出するFDG-PET、神経細胞死を反映する構造的MRIによる海馬やの容積定量が挙げられる。[bsd.neuroinf.jp] アミロイドカスケード仮説に基づくと、バイオマーカーの変化は、 脳内アミロイド沈着〔CSF Aβ、アミロイドPET〕 シナプスおよび神経細胞機能不全〔FDG-PET、機能的MRI〕 タウによる神経変性〔CSFタウ〕 神経細胞死・脳萎縮〔構造的MRI〕 認知機能障害 全般機能障害 の順で出現すると考えられており [18] 、家族性ADの未発症保因者[bsd.neuroinf.jp]

さらなる症状