Create issue ticket

考えれる5県の原因 偏執症観念化

  • 急性アンフェタミン中毒

    医薬品を始めとする薬物についての正しい知識を持つことがその乱用防止の第一歩となります。そして何より必要なのは「ことわる勇気」なのです。どんな誘惑にあっても「ことわる勇気」のある人間であれば絶対に恐くない。薬物とはそういうものです。"YES TO LIFE, NO TO DRUGS"この言葉は「愛する自分を大切に。薬物乱用は『ダメ。ゼッタイ』」ということなのです。 麻薬・覚せい剤Q&A Q1 麻薬や覚せい剤は、魔の薬といわれていますがなぜですか。 Q2 覚せい剤はなぜ乱用されているのですか。 Q3 覚せい剤を使用すると行動面や身体面にどのような変化がありますか。 Q4[…][dapc.or.jp]

  • アルツハイマー病

    抄録[…][doi.org]

  • 大うつ病エピソード

    日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 大うつ病エピソード だいうつびょうえぴそーど 抑うつ気分と興味・喜びの著明な減退とが2週間の間にほぼ毎日みられること。「エピソード」とは、ある状態が持続している期間という意味。アメリカ精神医学会が作成する精神障害の診断的分類表であるDSM( Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders[…][kotobank.jp]

  • 妄想性パーソナリティ障害

    妄想性パーソナリティ障害(もうそうせいパーソナリティしょうがい、英語: Paranoid personality disorder ; PPD)とは、猜疑(さいぎ)性パーソナリティ障害とも呼ばれる、何ら明確な理由や根拠なく人から攻撃される、利用される、陥れられるといった不信感や疑念を抱き、広く対人関係に支障をきたすパーソナリティ障害の一類型である。 精神医学的障害の一種である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 抗第VIII因子抗体NMDA受容体脳炎

    スザンナ・キャハラン(Susannah Cahalan)さん(32) 何人もの医師の診察・検査を経て、アルコール依存症や統合失調症など精神疾患を疑われた後、脳炎治療で権威ある医師によって「抗NMDA受容体脳炎」と診断された。卵巣腫瘍などによる免疫反応でできた抗体が脳を「攻撃」して発症すると分かる2007年までは、幻覚や幻聴、けいれん発作などの症状から「悪魔払い」もされてきた病だ。 09年に発症し、約1カ月の入院治療を経て、7カ月後に職場復帰。難病を多くの人に知ってもらおうと、ニ[…] この記事は有料記事です。 残り425文字(全文666文字) 夏得キャンペーン実施中!![…][mainichi.jp]

さらなる症状