Create issue ticket

考えれる1,643県の原因 倦怠感, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 倦怠感, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 敗血症

    悪寒、倦怠、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。[medley.life] 敗血症を疑ったら、時間との戦いが始まる。東海大の井上氏は「敗血症を疑って1時間以内に『sepsis six』のうちできるものを全て行い、専門施設に紹介してほしい」と話す。ICU搬送前にも積極的に行いたいsepsis sixとは図3に示す6項目だ。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 発作時低血糖(50 mg/dL以下) 中枢神経症状を伴う低血糖発作 ブドウ糖の静脈注射による急速な回復 症状は、空腹・欠伸・悪心で始まり、倦怠が強くなり、やがて発汗などの交感神経症状が現れる。さらに低血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    悪寒、倦怠、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 敗血症性ショックの患者が対象 研究班は、この報告より前の研究で、重症の感染により 敗血症性ショック という致命的な状態に陥った患者200人をランダムに分け、体温36.5 から37 の範囲にまで冷やしながら治療するか、冷やさないで治療するかを比較し、冷やしたグループのほうが14日目までの死亡率が低いという結果を得ていました。[medley.life] 敗血症を疑ったら、時間との戦いが始まる。東海大の井上氏は「敗血症を疑って1時間以内に『sepsis six』のうちできるものを全て行い、専門施設に紹介してほしい」と話す。ICU搬送前にも積極的に行いたいsepsis sixとは図3に示す6項目だ。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

  • 尿路感染症

    主症状は発熱と腰や背中の痛み、悪心(気分が悪い)、嘔吐などですが、高齢者の場合、原因不明の発熱、倦怠、意識障害などで発症することがあります。 クリニックでは尿検査により尿中の炎症細胞や細菌を調べます。また、血液検査で白血球の増加など全身性の炎症反応を検査します。[ome-clinic.com] 上部尿路感染症は敗血症の原因として頻度が高く、ひとたび敗血症となると播種性血管内凝固症候群や多臓器不全に陥る危険性もあるため、高齢者や免疫不全患者の上部尿路感染症には特に注意しなければならない。結石性腎盂腎炎、いわゆる膿腎症では閉塞機転のため典型的症状を来たさないことがあり、注意を要する(膿尿はなく、水腎症を来たすなど)。[ja.wikipedia.org] その後、持続性全身性リンパ節腫大・発熱・下痢・倦怠・体重減少・口腔カンジダ(カビ)症が認められるようになります。さらに進んでAIDSに至り、カリニ肺炎・結核・カポジ肉腫・悪性リンパ腫を発症して死にいたります。最近ではAIDSに対する抗ウイルス薬が上梓されていますが、延命効果が期待できるに過ぎません。[info.fujita-hu.ac.jp]

  • レンサ球菌感染

    《 臨 床 的 特 徴 》 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢)、全身倦怠感、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[medic.mie-u.ac.jp] 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。後発症状としては軟部組織病変、循環不全、呼吸不全、血液凝固異常(DIC)、肝腎症状など多臓器不全を来し、日常生活を営む状態から24時間以内に多臓器不全が完結する程度の進行を示す。[pref.okayama.jp] (2) 臨床的特徴 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[mhlw.go.jp]

  • 関節炎

    症状には局所症状と全身症状があり、局所症状としては発赤、腫脹、圧痛、こわばり、可動域制限などが知られ、全身症状としては発熱、全身倦怠、体重減少などが知られている。 急性か慢性か、単関節炎か多関節炎かといった観点で纏められることが多い。 単関節炎は感染症、結晶誘発性、物理的要因によるものが多い。 細菌性関節炎淋菌性関節炎は若年者に多い。[ja.wikipedia.org] その他敗血症、リウマチ熱、ライム病、血清病様反応でも認められることがある。 慢性単関節炎は非炎症性の関節症、炎症性の関節炎で分類されることが多い。 変形性関節症頻度としては最も多いのが変形性関節症である。 無痛性骨壊死大腿骨頭壊死が有名である。アルコール、ステロイド剤の摂取歴が重要となる。 神経原性関節症糖尿病患者などで認められる。[ja.wikipedia.org] 筋肉や関節の疼痛に発熱、倦怠、食欲低下があればリウマチ性多発筋痛症を疑うことができる。この疾患の特徴は年齢と疼痛範囲にある。リウマチ性多発筋痛症は50歳以上で生じる疾患である。50歳未満ではほぼ除外でき、60歳未満でも稀で、65歳以上がほとんどである。リウマチ性多発筋痛症の痛みは股関節、腰痛、高頚部痛、肩関節周囲痛で起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 大腸菌

    内毒素(リポ多糖)を産生するため、大腸菌による敗血症は重篤な内毒素ショック(エンドトキシンショック)を引き起こす。敗血症の原因(明らかになる場合)として最も多いのは尿路感染症であるが、大腸菌は尿路感染症の原因菌として最も多いものである。 大腸菌の株は多数報告されており、一部では動物に害となりうる性質を持つ株も存在する。[ja.wikipedia.org]

  • 急性中耳炎

    急性中耳炎は抗生物質が広く普及する前には、急性乳突洞炎、内耳炎、硬膜外炎へと進展し、敗血症となり死亡することも多かった。 真珠腫性中耳炎は、頭蓋内へ進展した場合には髄膜炎を併発し死亡する場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 風邪

    監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info] 初期に局所臓器所見がはっきりしにくい感染症:(1)急性腎盂腎炎,(2)急性前立腺炎,(3)肝膿瘍,(4)化膿性胆管炎,(5)感染性心内膜炎,(6)カテーテル関連血流感染症,(7)蜂窩織炎,(8)カンピロバクター腸炎の初期,(9)歯髄炎,(10)肛門周囲膿瘍,(11)その他:髄膜炎菌敗血症,サルモネラ,レプトスピラ,レジオネラ,ブルセラ ……[igaku-shoin.co.jp] 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。[saiseikai.or.jp]

  • 丹毒

    多くの場合、全身倦怠や高熱、皮膚の炎症症状などが見られ、抗生物質の服用が必要になります。 詳しく説明すると 習っていても、普段接することがない病気は忘れがちになり、聞き慣れない病名が出てくるとドキッとしますよね。では、丹毒について詳しくお話していきますので、一緒に確認してみてくださいね。[kango-oshigoto.jp] その他鑑別が必要になる疾患に、 帯状疱疹 ( たいじょうほうしん ) 、 蜂窩織炎 ( ほうかしきえん ) 、接触皮膚炎、血栓静脈、Sweet病などもあり、判断に迷う場合にはこれら疾患に特異的な追加検査を行うこともあります。 治療 抗生物質(ペニシリン系抗生物質が第一選択)による治療が行われます。[medicalnote.jp] 症状は急性の敗血症型、亜急性の蕁麻疹型、慢性の心内膜炎型、慢性の関節炎型の4つに分別されます。 敗血症型、蕁麻疹型は発熱症状を示しますが、心内膜炎型、関節炎型は発熱症状は示しません。 発生が多い型は何か 近年の発生数で多くを占めているのは関節炎型、蕁麻疹型、敗血症型になります。[shokukanken.com]

さらなる症状

類似した症状