Create issue ticket

考えれる1,038県の原因 倦怠感, 慢性肝炎

  • ウイルス性肝炎

    A・B型の肝炎に比べ、 発熱 、全身倦怠などの症状が軽いが、50 80%が慢性化して肝硬変、肝がんに進展することが多い。慢性化した肝炎の治療には抗ウィルス薬であるラミブジン,アデフォビル,エンテカビルがB型肝炎に, インターフェロン 類がC型肝炎に用いられる。[pharm.or.jp] 米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 安全が確認されない場所での入れ墨、ピアスの穴あけなどは避ける ウイルス 検査法 HA抗体 HBs抗原 HBs抗体 HCV抗体 HCV-RNA 初期症状 高熱、吐き気、黄疸など 発熱、食欲不振、倦怠、吐き気、黄疸など(風邪の症状に似ている) 発熱、食欲不振、倦怠、多くは無症状 C型肝炎ウイルスの存在が確認されてからまだ10数年あまりということもあり[alpha-medic.gr.jp]

  • 肝細胞癌

    どのような症状をきたすか 肝細胞癌は末期に至るまで比較的臨床症状に乏しく、全身倦怠、食欲不振、腹部膨満、発熱といった併存する慢性肝障害に由来する症状が主体となります。 どのような検査を行うか 肝細胞癌は症状だけでは早期発見する事が難しい疾患です。[byouin.metro.tokyo.jp] B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] それらの多くは食欲不振、全身倦怠、腹部膨満感など漠然とした症状で、肝細胞がんを疑う理由としては弱いものです。黄疸や吐下血などは進行した肝硬変の症状であり、肝細胞がんの発見に役にたつとはいえません。[jfcr.or.jp]

  • 薬物性特有の肝炎

    ただし、人によっては倦怠や発熱、黄疸といった急性肝炎に似た症状が現れる場合もあります。治療が遅れると肝硬変、肝不全を引き起こす可能性があるので、定期健診で血液検査を受け早期発見を目指しましょう。[organ-kaizen.net] 健常者におけるB型急性肝炎罹患後の慢性化率は10%以下といわれていましたが、近年急性肝炎後の慢性化する症例が増加しています。HBVの持続感染者の多くは、「無症候性キャリア」となりますが、10-20%の持続感染者では慢性肝炎へと移行し、その中から肝硬変、肝臓癌へと進行するとされています。 2.[hospital.osaka-med.ac.jp] 初発症状は、黄疸、全身倦怠、腹部症状などであるが、アレルギー症状や白血球・好酸球の増多を伴う者は少ない。 1999年の全国調査では、肝細胞障害型53.9 %、混合型35.0 %、胆汁うっ滞型11.0 %で、DLST 陽性率は51.3 %であった(表2)。[naoru.com]

  • B型肝炎ウイルス

    HBV感染後、数ヵ月の潜伏期間を経て、“倦怠”、“食欲不振”、“吐き気”などの症状があらわれます。 その後、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる“ 黄疸 ”があらわれることもあります。黄疸は自然に消え、肝機能も正常に戻ります。 しかし、急性肝炎を発症した方のうちの1 2%の方は、 劇症肝炎 を発症する危険性があります。[kanen-net.info] B型急性肝炎 感染して1 6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸などが出現します。尿の色は 濃いウーロン茶様であり、黄疸はまず眼球結膜(目の白目の部分)が黄色くなり、その後皮膚も黄色みを帯びてきます。[kanen.ncgm.go.jp] 発症した場合は、全身倦怠や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70 80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。[izavel.com]

  • 肝炎

    原因 E型肝炎ウイルス(HEV) 主な症状 主に発熱、悪心、全身倦怠、食欲不振、下痢、嘔吐など風邪のような症状がみられます。このような症状が消え、尿が黄色っぽくなる、あるいは便が白っぽくなると回復へ向います。[pro.saraya.com] 抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp]

  • G型肝炎ウイルス

    安全が確認されない場所での入れ墨、ピアスの穴あけなどは避ける ウイルス 検査法 HA抗体 HBs抗原 HBs抗体 HCV抗体 HCV-RNA 初期症状 高熱、吐き気、黄疸など 発熱、食欲不振、倦怠、吐き気、黄疸など(風邪の症状に似ている) 発熱、食欲不振、倦怠、多くは無症状 C型肝炎ウイルスの存在が確認されてからまだ10数年あまりということもあり[alpha-medic.gr.jp] 我が国では、慢性肝炎のほとんどがB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが原因であり、C型慢性肝炎が約70%を占めます。ウィルス性肝炎で肝臓が傷つく主な原因は、ウイルスそのものによるのではなく、ウイルスを排除するために働く宿主の免疫応答であると考えられています。慢性肝炎では自覚症状に乏しく、健康診断で発見されることも多いのです。[nissay.co.jp] 前駆期 黄疸に先行して風邪のような症状(全身倦怠、発熱、頭痛、関節痛、悪心、食欲不振、右脇腹痛など)がみられます。 黄疸期 前駆期の症状が軽快してくる頃、黄疸が見られるようになります。 回復期 ほとんど自覚症状はみられません。[e-chiken.com]

  • 薬物性中毒性肝炎

    症状:全身倦怠、食欲不振、黄疸など 治療:治療の基本は安静です。肝臓の数値によっては入院し点滴を行います。 経過:ほとんどの急性肝炎は数週間から数か月でおさまります。しかし、ごくまれに劇症肝炎へ移行する場合があります。[naika-inoue.com] 中毒性肝肉芽腫 慢性肝炎,他に分類されないもの 慢性持続性肝炎 活動性慢性肝炎 慢性非活動性肝炎 慢性肝炎 慢性肝炎増悪 遷延性肝炎 肉芽腫性肝炎,他に分類されないもの 肉芽腫性肝炎 肝肉芽腫 自己免疫性肝炎 自己免疫性肝炎 リポイド肝炎 自己免疫性肝硬変 重症自己免疫性肝炎 脂肪肝 肝の脂肪化 ,他に分類されないもの 脂肪肝 非アルコール[scuel.me] C型慢性肝炎、肝硬変 日本の慢性肝炎の大多数を占めるのがC型慢性肝炎です。C型慢性肝炎とは、C型肝炎ウイルスの持続感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが低下していく病気です。初期にはほとんど症状はありませんが、放置しておくと、長い経過のうちに肝硬変や肝がんに進行しやすいことが知られています。[kiraku-naika.com]

  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org] 抄録 67歳の男性が結婚40年後にC型急性肝炎を発症した.その妻(68歳)がC型慢性肝炎患者であり,C型肝炎ウイルス(HCV)RNAが高力価陽性( 5,000 KIU/m l )であった.両者のHCV遺伝子型はともに1b型で,NS5B領域の1,087塩基長の配列において99.7%の一致率を示した.それに対し,これまでに報告されているHCV[doi.org] 慢性C型肝炎の治療の目的は、C型肝炎ウイルスの除去による慢性肝炎の沈静化(ALTの正常化)と、その後の肝硬変への移行・肝細胞癌発症の阻止にある。急性C型肝炎は基本的に保存的加療がなされる。 抗ウイルス治療はC型肝炎ウイルスを排除する治療である。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性活動性肝炎

    を訴えないことが多い 」 全身倦怠 食欲不振 易疲労 腹部不快感 自覚症状を認めず検診などで偶然肝機能異常を発見されることも多い。[naoru.com] 食欲不振・倦怠などの自覚症状が見られることもあるが、一般には軽度。肝硬変に進行する場合もある。[kotobank.jp] 概念 慢性肝炎と診断する患者は、急性肝炎と比較して経過が長く、治りにくく、病理組織学的には不可逆的な変化を残すという病態をもっている。 l 慢性肝炎診断基準 (犬山分類 1994) 慢性肝炎とは 6ヶ月以上の肝機能異常とウィルス感染が持続している病態をいう。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 無黄疸性ウイルス性肝炎

    症状 ・急激な発病 ・発熱、全身倦 怠、食思不振、嘔吐、黄疸 ・1 2ヶ月で 治癒 ・慢性化しない ・キャリアは存在しない ・時に劇症化 ・全身倦怠、食思不振、嘔吐、黄疸 ・急性B型肝炎から慢性化することは少ない ・キャリアの90%は一生発症しない ・キャリアの10%が慢性肝炎、肝硬変、肝癌へと進行 ・全身倦怠、食思不振、嘔吐、黄疸[erc.pref.fukui.jp] 概念 慢性肝炎と診断する患者は、急性肝炎と比較して経過が長く、治りにくく、病理組織学的には不可逆的な変化を残すという病態をもっている。 l 慢性肝炎診断基準 (犬山分類 1994) 慢性肝炎とは 6ヶ月以上の肝機能異常とウィルス感染が持続している病態をいう。[kanazawa-med.ac.jp] 症状:全身倦怠、食欲不振、黄疸など 治療:治療の基本は安静です。肝臓の数値によっては入院し点滴を行います。 経過:ほとんどの急性肝炎は数週間から数か月でおさまります。しかし、ごくまれに劇症肝炎へ移行する場合があります。[naika-inoue.com]

さらなる症状