Create issue ticket

考えれる81県の原因 倦怠感, 性感染症に対する陽性検査

  • HIV感染症

    妊婦のスクリーニング検査では、結果が「陽性」でも、大半が「偽陽性」です。スクリーニング検査で「陽性」の場合は、必ず確認検査を実施し、陽性か非陽性かを確定する必要があります。 後天免疫不全症候群(HIV感染を含む)は、5類感染症全数把握疾患に定められており、診断した医師は7日以内に最寄の保健所に届け出る必要があります。[city.yokohama.lg.jp] 症状 感染して数週間から十数年の症状のない期間があった後、発熱、のどの痛みや倦怠などの症状が出ることがありますが、この症状は1 数週間で自然に治ります。 その数年後に、リンパ節の腫れ、発熱や下痢を発症し、さらに進行すると肺炎や皮膚病になったり、腫れものができたりします。 治療 定期的に医師の診断を受け、症状を軽くする治療を受けます。[forth.go.jp] 担当医が梅毒などのSTDの既往歴があることからHIV感染の可能を疑い、患者の同意を得てスクリーニング検査を実施したところ陽性が判明したため、HIV感染に合併したニューモシスチス肺炎が疑われ、当センターへ転院となっています。[acc-elearning.org]

  • 梅毒

    又、頭痛・発熱・間接痛・倦怠などの症状が出ることもあります。 【第3期:感染後2・3年 10年くらい】 骨・筋肉・内臓などに硬いしこりができます。 【第4期:感染後10年以上経過】 心臓・血管・神経までおかされる状態で、死に至ることもあります。進行性の麻痺・梅毒性の動脈炎・脊髄の痛み・認知症・失禁等の症状が出てきます。[1971fujinka.jp] 全身のリンパ節腫脹、発熱、倦怠、関節痛などの症状が出る場合もあります。 発疹は治療しなくても半年以内に消えますが、抗生物質で治療しない限り病原体は体内に残ります。 第3期(感染後3年から10年まで) 皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍ができる場合がありますが、現在はまれです。皮膚や内臓で、静かに病気が進行していきます。[city.shinjuku.lg.jp] 2期:感染後数か月 全身のリンパ節が腫れる他,発熱,倦怠,「バラ疹」と呼ばれる 全身性発疹 が現れることがあります。 晩期:感染後数年 皮膚や筋肉,骨などに腫瘍が生じたり,脳や脊髄,神経が侵されることがあります。 予防方法について コンドームを使用し, 感染部位と粘膜や皮膚が直接接触しないようにする ことで予防できます。[city.kyoto.lg.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    HBV感染後、数ヵ月の潜伏期間を経て、“倦怠”、“食欲不振”、“吐き気”などの症状があらわれます。 その後、皮膚や眼球の白い部分が黄色くなる“ 黄疸 ”があらわれることもあります。黄疸は自然に消え、肝機能も正常に戻ります。 しかし、急性肝炎を発症した方のうちの1 2%の方は、 劇症肝炎 を発症する危険性があります。[kanen-net.info] B型急性肝炎 感染して1 6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸などが出現します。尿の色は 濃いウーロン茶様であり、黄疸はまず眼球結膜(目の白目の部分)が黄色くなり、その後皮膚も黄色みを帯びてきます。[kanen.ncgm.go.jp] 発症した場合は、全身倦怠や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70 80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。[izavel.com]

  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org]

  • 伝染性単核球症

    重要なのは,異種親和抗体検査は,一部の急性HIV感染患者で偽陽性となる可能があることである。異種親和性抗体の力価および保有率は疾患の第2および第3週目に上昇する。したがって,この疾患が強く疑われるものの異種親和性抗体検査が陰性の場合は,発症の7 10日後に検査を繰り返すことが妥当である。[msdmanuals.com] 年長児から青年期、あるいはそれ以上の年齢で初感染した場合、発熱・全身倦怠のほか、口蓋扁桃の発赤腫脹・咽頭痛、アデノイド腫脹による鼻閉、全身特に頚部のリンパ節腫脹、肝脾腫がみられる。発疹を伴うこともあり、特にアミノベンジルペニシリン (ABPC) の投与は発疹を誘発するとされる。[ja.wikipedia.org] 感染細胞の核内に陽性シグナルが見られる。 病理組織以外の検出診断法 伝染単核球では血清抗体検査(EA-IgG、 VCA-IgM、 VCA-IgG、EBNA-IgG抗体)が重要である。他に PCR,サザンブロット法など。 参考文献等 ダコ社による EBER ISH の解説。[www0.nih.go.jp]

  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 発症した場合、発熱や倦怠やリンパ節腫脹などの非特異的な一過性の症状が起こり、時に伝染性単核症様の病態を呈する。通常、特異的IgGとIgMの抗体価測定により血清学的な診断を行う。 (2) 眼トキソプラズマ症 眼に孤発して発症する。先天性感染の再活性化で生じることが多く、後天性感染で発症することは稀である。[nih.go.jp] もし妊娠前にトキソプラズマの検査をする機会があり、そこで抗体が陽性であれば、既にトキソプラズマに慢性感染しているため、先天トキソプラズマを起こす危険はほとんどありません。一方、抗体が陰性の場合は妊娠中にトキソプラズマに感染しないよう、徹底した予防が必要になります。 トキソプラズマ症の症状は?[news.goo.ne.jp]

  • 猩紅熱

    やはり疑わしい症状や所見あって、検査陽性になれば非常に溶連菌感染である可能が高くなります。 反対に熱はあるけど、ノドは痛くなかったりノドが赤くなかったりすれば溶連菌が原因ではないかもしれません。 とはいえ検査で陽性になった場合、溶連菌が原因である可能性は十分に考えなければなりませんので、治療を開始いたします。[washio-jibika.com] 同時に 寒気、腹痛、嘔吐、筋肉痛や全身の倦怠 なども良く起こります。 舌やのどの状態から物を食べにくくなりますので、できるだけ柔らかいものや液体のものを与えるようにしましょう。その他、涼しいところの方が過ごしやすいでしょう。[minnakenko.jp] 主な症状・経過 突然の発熱、のどの痛み、全身の倦怠によって発症し、しばしば嘔吐を伴います。 通常発熱は3 5日以内に下がり、主な症状は1週間以内に治ります。 溶連菌が産生する毒素に免疫のない場合は、猩紅熱(しょうこうねつ)に発展する場合があります。その場合、発熱、咽頭炎、扁桃炎とともに舌がいちご状に赤く腫れます。[wakuchin.net]

  • 再発肺塞栓症

    2) 膠原病に伴う肺動脈性肺高血圧症:それぞれの膠原病の診断基準に合うかどうかをチェック 3) 先天性シャント性心疾患に伴う肺動脈性肺高血圧症:心臓エコー検査でシャント性心疾患の有無をチェック 4) 門脈圧亢進症に伴う肺動脈性肺高血圧症:腹部エコー検査で門脈圧亢進を示唆する所見があるか否かをチェック 5) HIV感染に伴う肺動脈肺高血圧[irdph.jp] 吐血、黒色便・血便、腹痛、食欲不振[消化管出血] 吐き気、めまい、麻痺、感覚障害[頭蓋内出血] 目のかすみ、視力障害[眼内出血] 全身倦怠、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる[肝機能障害、黄疸] 血の混じった痰、から咳、息切れ、呼吸困難、発熱[間質性肺疾患] 以上の副作用はすべてを記載したものではありません。[rad-ar.or.jp] 化学療法による嘔気・嘔吐、下痢、または食欲低下により脱水になる時や、倦怠が強く元気がなくなったり、動けなくなったりしている時も静脈血栓が増加します。 カテーテルに伴う血管損傷・うっ滞 栄養や化学療法薬を確実に投与するために、様々な種類の静脈カテーテルを挿入することがあります。[cick.jp]

  • ライム病

    日本では急性ライム病以外で、検査に回してもらえる可能は非常に少ないと言えます。 たとえ、ライム病と共感染の血液検査陽性であっても、急性期ライム病以降の治療後ライム病症候群、慢性期ライム病患者の患者の存在を認識し、治療できる医師が日本にはいません。(もし、ご存知でしたら、情報をいただけると助かります。)[markhouse-projects.com] また、筋肉痛、関節痛、頭痛、発熱、悪寒、倦怠などのインフルエンザ様症状を伴うこともあります。症状が進むと病原体が全身性に拡がり、皮膚症状、神経症状、心疾患、眼症状、関節炎、筋肉炎など多彩な症状が見られます。[kansen-wakayama.jp] 5か月もの間寝たきりだったの」 ライム病とはマダニによって媒介される感染症で、初期症状は風邪に似ているが倦怠や発熱といった体調の悪さが数週間に渡り続く。病状が進行すると、髄膜炎や心疾患、関節炎といった様々な重篤な症状を引き起こす。ライム病の診断は困難であり、ラヴィーンも病名が判明するまでひどく苦労したようだ。[jisin.jp]

  • 結核

    IGRAまたはツ反 エックス線検査 喀痰検査 1.潜在結核感染(LTBI)患者 陽性 異常なし 2.他人に感染させる恐れがない結核患者 陽性 結核性病変 塗抹陰性 3.他人に感染させる恐れがある結核患者 陽性 結核性病変 塗抹陽性 LTBI患者と他人に感染させる恐れがない結核患者については、外来診療で治療することができますが、他人に感染[pref.fukui.lg.jp] 長引く咳は“結核”かも 長引く咳(2週間以上) 長引く微熱 長引く倦怠(体がだるく、活力が出ない) 痰が出る 体重減少 胸痛 これらの症状は風邪と似ているため、単なる風邪と自己判断する場合があります。 しかし、このような症状が長引くときは、医療機関で診てもらいましょう。[city.higashiosaka.lg.jp] 強いて挙げれば、2週間以上続く咳や痰(ときに血が混入)、倦怠、微熱などです。そのため、最初は風邪などと思われがちです。しかし、寝汗や体重減少などを伴い、「風邪とは違うかも----」と感じたら、一度医療機関を受診すべきでしょう。上記の症状が1か月以上続く場合、25人に1人の割合で結核の可能性が高いといわれています。[jacr.or.jp]

さらなる症状