Create issue ticket

考えれる379県の原因 倦怠感, 性感染症に対する陽性検査

  • 梅毒

    発熱、倦怠等の全身症状に加え、泌尿器系、中枢神経系、筋骨格系の多彩な症状を呈することがある。第 I 期梅毒と同様、数週間〜数ヶ月で無治療でも症状は軽快する。早期顕症梅毒症例で髄膜炎や眼症状などの脳神経症状を示すものは、早期神経梅毒と呼び晩期梅毒の神経梅毒とは区別する。 潜伏梅毒 ; 梅毒血清反応陽性で顕性症状が認めらないものをさす。[niid.go.jp] 全身のリンパ節が腫れる他に、発熱、倦怠、関節痛などの症状がでる場合がある。 バラ疹と呼ばれる特徴的な全身性発疹が現れることがある。赤い目立つ発疹が手足の裏から全身に広がり、顔面にも現れる。特に手掌、足底に小さい紅斑が多発し、皮がめくれた場合は特徴的である。[ja.wikipedia.org] 治療開始後数時間で大量のTpが破壊されるため、 皮疹の増悪、 発熱、 悪寒、 全身倦怠や頭痛などの症状を呈することがある。これはヘルクスハイマー現象と呼ばれ、 一過性である。 治癒判定 :治療によってTpは殺されるが、 梅毒血清反応における抗カルジオリピン抗体の完全な陰性化は起こらないか、 起こるとしても長期間を要する。[idsc.niid.go.jp]

  • B型肝炎ウイルス

    B型急性肝炎 感染して1 6ヶ月の潜伏期間を経て、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、褐色尿、黄疸などが出現します。尿の色は 濃いウーロン茶様であり、黄疸はまず眼球結膜(目の白目の部分)が黄色くなり、その後皮膚も黄色みを帯びてきます。[kanen.ncgm.go.jp] 発症した場合は、全身倦怠や発熱(微熱)、悪心・嘔吐、右上腹部痛などの症状に続いて黄疸が出現します。これらの症状が全くみられない不顕性感染例が70 80%を占めるため、知らないうちにB型肝炎に罹っていたということも少なくありません。乳幼児期に感染した場合、その多くはB型肝炎ウイルスの持続感染状態になり慢性肝炎に移行することがあります。[izavel.com] IFN療法を行うと開始当初にインフルエンザにかかったときのような38度を超える発熱・全身倦怠・関節痛・筋肉痛は必発です。ただしこれらの副作用はIFNを継続して投与していくと徐々に落ち着き、数週後には多くの人では出現しなくなります。また白血球、赤血球、血小板の低下が起こります。これはIFNが血球を作る骨髄の働きを抑えるためです。[kanen.ncgm.go.jp]

  • C型肝炎

    一般に自覚症状が乏しい場合もあるが、発熱、全身倦怠、食欲不振、悪心、嘔吐、口腔扁平苔癬が出現し、血液検査にて肝障害(AST・ALT高値)、黄疸(T-Bil高値)を認めるといった急性肝炎症状を呈する場合が多い。なお、B型肝炎やA型肝炎に比較して劇症肝炎を呈する例は稀である。[ja.wikipedia.org]

  • HIV感染症
  • トキソプラズマ感染症

    妊娠しようと考えているひとは、トキソプラズマの血液検査を受けましょう。トキソプラズマが陽性であれば、胎児が感染して先天トキソプラズマを起こす心配はありません。トキソプラズマが陰性であれば、トキソプラズマに感染するのを防ぐためにしっかりした注意が必要です。 すでに妊娠している人は、産婦人科の主治医に相談しましょう。[city.yokohama.lg.jp] 発症した場合、発熱や倦怠やリンパ節腫脹などの非特異的な一過性の症状が起こり、時に伝染性単核症様の病態を呈する。通常、特異的IgGとIgMの抗体価測定により血清学的な診断を行う。 (2) 眼トキソプラズマ症 眼に孤発して発症する。先天性感染の再活性化で生じることが多く、後天性感染で発症することは稀である。[nih.go.jp]

  • 風邪

    症状は、咳嗽(咳、症例の50% )、咽頭痛(40% )、鼻汁・鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠、頭痛、筋肉痛(50%)など。 鼻汁は通常、風邪の初期はさらさらとした水様で、徐々に粘々とした膿性に変化する。 原因の7-8割がウイルスである。 ライノウイルス (30%–80%)。 普通感冒といわれている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 貧血

    血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠や蒼白その他の諸症状が現れる。[ja.wikipedia.org] また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過性の起立性低血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠なども起きる慢性の低血圧症を「貧血」と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。[ja.wikipedia.org] また、代償が追いつかないと、体の各組織が低酸素状態になり、倦怠などの諸症状が現れる。また、血色素であるヘモグロビンが減少するために体の各部が蒼白になる。しかし、貧血が徐々に進行した場合には、体が低酸素状態に慣らされるために、相当に強い貧血になるまで特に自覚症状が無いこともある。[ja.wikipedia.org]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • アデノウイルス感染症

    臨床症状 発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂を訴え、3 5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。また、結膜の炎症は下眼瞼結膜に強く、上眼瞼結膜には弱いとされる。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[niid.go.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査
  • 扁桃炎

    扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠、頭痛、関節痛に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org] 全身的には、高熱を伴い、経口摂取がほとんどできなくなり、全身倦怠(けんたいかん)、脱水状態となります。 扁桃周囲膿瘍(扁桃周囲炎)の検査と診断 口内を調べると、口蓋扁桃のみならず、その周囲の粘膜が強く赤く腫脹(しゅちょう)し、扁桃が口のなかに張り出しています( 図14 )。 膿瘍部を針で刺して膿汁が吸引されれば診断できます。[health.goo.ne.jp]

    不足: 性感染症に対する陽性検査

さらなる症状