Create issue ticket

考えれる378県の原因 倦怠感

  • 風邪

    症状は、咳嗽(咳、症例の50% )、咽頭痛(40% )、鼻汁・鼻づまりなど局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠、頭痛、筋肉痛(50%)など。 鼻汁は通常、風邪の初期はさらさらとした水様で、徐々に粘々とした膿性に変化する。 原因の7-8割がウイルスである。 ライノウイルス (30%–80%)。 普通感冒といわれている。[ja.wikipedia.org]

  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org]

  • アデノウイルス感染症

    臨床症状 発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂を訴え、3 5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。また、結膜の炎症は下眼瞼結膜に強く、上眼瞼結膜には弱いとされる。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[niid.go.jp]

  • 上気道感染症
  • 貧血

    血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠や蒼白その他の諸症状が現れる。[ja.wikipedia.org] また、世間では急に立ち上がったり、立ち続けることで血圧が低下しめまい・立ちくらみが起きる一過性の起立性低血圧(脳貧血)やそれに加え全身の倦怠なども起きる慢性の低血圧症を「貧血」と呼ぶこともあるが、低血圧によるものは医学的には貧血とはまったく異なるものである。[ja.wikipedia.org] また、代償が追いつかないと、体の各組織が低酸素状態になり、倦怠などの諸症状が現れる。また、血色素であるヘモグロビンが減少するために体の各部が蒼白になる。しかし、貧血が徐々に進行した場合には、体が低酸素状態に慣らされるために、相当に強い貧血になるまで特に自覚症状が無いこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 尿路感染症

    尿路感染症(にょうろかんせんしょう、urinary tract infection、UTI)とは、腎臓から尿管、膀胱を通って尿道口にいたる尿路に病原体が生着して起こる感染症。[…][ja.wikipedia.org]

  • 扁桃炎

    扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠、頭痛、関節痛に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org] 全身的には、高熱を伴い、経口摂取がほとんどできなくなり、全身倦怠(けんたいかん)、脱水状態となります。 扁桃周囲膿瘍(扁桃周囲炎)の検査と診断 口内を調べると、口蓋扁桃のみならず、その周囲の粘膜が強く赤く腫脹(しゅちょう)し、扁桃が口のなかに張り出しています( 図14 )。 膿瘍部を針で刺して膿汁が吸引されれば診断できます。[health.goo.ne.jp]

  • 過敏症

    アレルギー(独: Allergie)とは、免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう。免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である。語源はギリシア語の allos(変わる)と ergon(力、反応)を組み合わせた造語で、疫を免れるはずの免疫反応が有害な反応に変わるという意味である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 肺炎

    抗癌剤 漢方薬 症候性肺炎 膠原病性肺炎 (関節リウマチにおけるリウマチ肺が代表) その他 好酸球性肺炎、過敏性肺炎 発熱、咳、痰、呼吸困難、全身倦怠、胸部痛など。初期はのどの痛みはあまりないが、痰を排出しようと咳を繰り返すことで炎症を起こす場合がある。[ja.wikipedia.org]

  • 急性呼吸器感染症

さらなる症状