Create issue ticket

考えれる2,588県の原因 倦怠感

  • 風邪

    監修:独立行政法人 国立病院機構 九州医療センター 名誉院長 柏木征三郎先生 インフルエンザは普通のかぜとは異なり、突然の38 以上の「高熱」や、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他、全身倦怠、食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。 インフルエンザの症状は?[influ-news.info] 高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。[saiseikai.or.jp] 突然の38度から40度の発熱が1日から3日間続き、のどの痛み、全身倦怠、食欲不振などを引き起こし、多くは軽症です。 感染経路 ヘルパンギーナの原因となるウイルスは、ツバなどを介してうつる飛沫感染、経口感染、便を介しての接触感染などで感染します。そのため、保育所、幼稚園では玩具のこまめな消毒が望まれます。[pref.osaka.lg.jp]

  • 急性胃腸炎

    下痢、嘔吐、腹痛が主な症状で、発熱および倦怠を伴うこともある。一般的に、ウイルス性胃腸炎では嘔吐が激しく、細菌性腸炎では下痢が激しくなる傾向にある。 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。[ja.wikipedia.org] 病名 急性胃腸炎【子ども】(きゅうせいいちょうえん) 部位 腹部(胃、腸) 主な症状 腹痛、嘔吐、下痢 診療科 症状の解説 ウイルス性腸炎の場合下痢、嘔吐が主症状で、腹痛や発熱、倦怠を伴うこともあります。下痢よりも嘔吐を初発症状として認めることが多いです。乳幼児の場合に嘔吐・下痢の程度が強い場合は容易に脱水症になるため注意が必要です。[kmu.ac.jp] 全身症状として下痢に基づく脱水症状による脱力倦怠 などが起こります。トイレに通うのが頻繁で、粘液の中に血が混じり高熱が出た場合は、入院が必要になります。 原因は 急性腸炎は、その原因によって感染性と非感染性の2つに分けることがで きます。[ichikawaiin.com]

  • 上気道感染症

    高熱、悪寒(寒気)、全身倦怠(全身のだるさ)、筋肉痛などの全身症状は一般的に少なく、同様にウイルスで起こる インフルエンザ との違いでもあります。 一方、肺炎では38 を超える発熱が数日間に渡って持続し、悪寒や全身倦怠(全身のだるさ)に加え、呼吸困難感・息切れを伴う場合もあります。[saiseikai.or.jp] 発熱、悪寒、全身倦怠で発症し、1 2日後から水様性下痢、腹痛、膿粘血便、しぶり腹などの症状が出現する。極期は膿粘血や血液のみを少量頻回に排出する。潜伏期は、通常1 3日である。 【 コレラ 】 病原体は血清型O1型とO139型の2種類である。激しい下痢と嘔吐で発症する。[biseibutu.co.jp] 【症状】 自覚症状として鼻症状(鼻水、鼻づまり)、咽頭症状(咽頭痛)が主体で、発熱、頭痛、全身倦怠などがあります。下気道まで炎症が及ぶと下気道症状(せき、たん)が出現します。 【診断】 咽頭ぬぐい液などからウイルスを直接に分離同定するか、もしくは初診時と2週間後位の血液検体を用いて有意な抗体価上昇を認めれば診断できます。[jrs.or.jp]

  • 尿路感染症

    主症状は発熱と腰や背中の痛み、悪心(気分が悪い)、嘔吐などですが、高齢者の場合、原因不明の発熱、倦怠、意識障害などで発症することがあります。 クリニックでは尿検査により尿中の炎症細胞や細菌を調べます。また、血液検査で白血球の増加など全身性の炎症反応を検査します。[ome-clinic.com] その後、持続性全身性リンパ節腫大・発熱・下痢・倦怠・体重減少・口腔カンジダ(カビ)症が認められるようになります。さらに進んでAIDSに至り、カリニ肺炎・結核・カポジ肉腫・悪性リンパ腫を発症して死にいたります。最近ではAIDSに対する抗ウイルス薬が上梓されていますが、延命効果が期待できるに過ぎません。[info.fujita-hu.ac.jp] 遷延する発熱、全身倦怠と共に、排尿痛、頻尿、残尿感といった排尿症状がある。典型的な症例では、米のとぎ汁様の混濁尿(血膿尿)を、尿細菌培養検査は陰性であるが、結核菌培養検査は陽性となる。DNAプローブを用いた結核菌のPCR法が検出に役立つ。 画像診断として、排泄性腎盂造影(IVU)の所見が重要である。[home.hiroshima-u.ac.jp]

  • 貧血

    血液が薄くなり、赤血球の主要な構成物質であり酸素運搬を担うヘモグロビンが血液体積あたりで減少することで、血液の酸素運搬能力が低下し、多臓器・組織が低酸素状態になることで倦怠や蒼白その他の諸症状が現れる。[ja.wikipedia.org] 動悸、息切れ、倦怠などの貧血症状の他に、白血球の減少によって体の抵抗力が低下し、気管支炎や肺炎などの感染症にかかりやすくなったり、血小板の減少によって血液が固まりにくくなり、出血が止まらなくなるなどの症状があらわれます。[takeda-kenko.jp] 赤血球が全身に十分な量の酸素を運搬できず、倦怠やめまいなどの症状が現れます。 鉄欠乏性貧血は、赤血球細胞内の重要なタンパク質であるヘモグロビンを構成する鉄が不足して起こる貧血です。たとえてみると、お饅頭作りにあんこが足りないというイメージです(皮が足りないというイメージは巨赤芽球性貧血)。[saiseikai.or.jp]

  • 過敏症

    この疾患は、頭痛、全身倦怠、不眠、便秘、動悸等特徴のない症状が多くなっています。 原則的にはアレルギー疾患同様、その患者さんにとって合わない物であれば何でも原因物質になる可能性があり、世の中の物質すべてといっても過言ではありません。[city.kochi.kochi.jp] 頭痛、全身倦怠、不眠、健忘、イライラなど何となく体の不調が続いている人はいないだろうか。 風邪や日々の疲れ、更年期障害の症状、あるいはただ単に加齢のせいかと軽く考えしまうこともあるこの症状、全て「化学物質過敏症」という病気の症状でもある。[fnn.jp] 私たちの生活空間に存在する様々な種類の化学物質に反応して、頭痛・全身倦怠等の症状があらわれるとされています。 香料(香水・整髪料等)や建材、防虫剤など身近な製品に反応し困っている人がいます。たくさんの人が利用する場所へ出かける時など、できるだけ周囲の人に配慮した使用を心掛けましょう。[city.daito.lg.jp]

  • アデノウイルス感染症

    臨床症状 発熱で発症し、頭痛、食欲不振、全身倦怠とともに、咽頭炎による咽頭痛、結膜炎にともなう結膜充血、眼痛、羞明、流涙、眼脂を訴え、3 5日間程度持続する。眼症状は一般的に片方から始まり、その後他方にも出現する。また、結膜の炎症は下眼瞼結膜に強く、上眼瞼結膜には弱いとされる。眼に永続的な障害を残すことは通常はない。[niid.go.jp]

  • 扁桃炎

    扁桃炎の症状 発熱、特に38 以上の高熱 ノドの痛み(咽頭痛)、ものを飲み込む時の痛み 寒気や震え(悪寒戦慄) 体がだるい(全身倦怠) 頭痛 関節痛 など。扁桃炎は高熱になりますので、それに伴う症状が多いのが特徴です。 扁桃炎の原因 扁桃炎を起こす病原体は、ウイルス、細菌があります。[allabout.co.jp] 主な症状としては38度以上の発熱、咽頭の痛み、悪寒戦慄、 倦怠、頭痛、関節痛に加え、顎の下や頚部のリンパ節の腫れなどで、痛みが耳や側頭部に広がることもある。高熱を出すため、高熱に特徴的な症状が多い。[ja.wikipedia.org] 口腔の正面図 症状は発熱や全身倦怠など、風邪の諸症状に伴い、喉の痛み・物を飲み込むときに痛みを感じるようになります。扁桃炎は、両側性のことも片側性のこともあります。原因が溶連菌感染の場合は、急性糸球体腎炎やリウマチ熱などの合併症を起こしやすいとされているので、注意が必要です。[saiseikai.or.jp]

  • 急性呼吸器感染症

    多くは2 7日、最大10日間の潜伏期間の後に、急激な発熱、咳、全身倦怠、筋肉痛などのインフルエンザ様の前駆症状が現れる。2 数日間で呼吸困難、乾性咳嗽、低酸素血症などの下気道症状が現れ、胸部CT、X線写真などで肺炎像が出現する。[pref.okayama.jp] 38 以上の発熱、頭痛、全身倦怠、筋肉痛などのインフルエンザ様症状がみられます。その他に、下痢症状も多くみられます。その後、咳や呼吸困難を伴う肺炎がみられ、死亡することもあります。 特別な治療はなく、症状に応じた対症療法が行われます。 予防接種や予防薬はありません。[idsc.tokyo-eiken.go.jp] 発熱、食欲不振、全身倦怠といった全身症状を伴うことや前胸部不快感を伴うこともあります。 【診断】 主にせき、たんといった臨床症状から診断します。発熱を伴うことも多いですが、一般には身体所見に乏しく、軽症なことが多いです。[jrs.or.jp]

  • レンサ球菌感染

    初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。後発症状としては軟部組織病変、循環不全、呼吸不全、血液凝固異常(DIC)、肝腎症状など多臓器不全を来し、日常生活を営む状態から24時間以内に多臓器不全が完結する程度の進行を示す。[pref.okayama.jp] 《 臨 床 的 特 徴 》 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢)、全身倦怠、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[medic.mie-u.ac.jp] (2) 臨床的特徴 初発症状は咽頭痛、発熱、消化管症状(食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢)、全身倦怠、低血圧などの敗血症症状、筋痛などであるが、明らかな前駆症状がない場合もある。[mhlw.go.jp]

さらなる症状