Create issue ticket

考えれる1県の原因 個人が立つ、歩く能力を発達

  • クーゲルベルグ・ウェランダー病

    概要 クーゲルベルグウェランダー病(Kugelberg Welander syndrome)とは、運動神経系(運動ニューロン)が選択的に障害されることによって生じる脊髄性筋萎縮症の成人病型です。 クーゲルベルグウェランダー病は、脊髄性筋萎縮症の一亜型として知られており、1歳半以降に、転びやすい、立てないなどの症状を呈することから病気が疑われるようになります。 クーゲルベルグウェランダー病は SMN (spinal moter neuron)遺伝子の変異を原因として発症します。両親が病気の素因となる遺伝子変異を有していると、お子さんが病気を発症する可能性が出てきます。[…][medicalnote.jp]

さらなる症状