Create issue ticket

考えれる360県の原因 便秘, 心不全, 昇圧

  • 甲状腺機能低下症

    腸管も活動が低下して便秘になる。活力の低下により精神活動も緩慢となり、偽痴呆を呈することがある。心臓も活動が低下して徐脈になる。心臓への粘液状物質の沈着も見られ、不整脈の原因となる。 本症で最も問題となる症状は早老による動脈硬化などである。[ja.wikipedia.org] 主な症状は、強い全身倦怠感、無力感、皮膚の乾燥、発汗減少、便秘、上下肢、脇、眉の外側の脱毛、声がかすれる、聴力の低下、目に光がなくなり、顔もぼてっとする、鍵の開け閉めなどできにくくなる、体重増加などである。 全身の活動が低下し無力感を持ったり低体温になる。皮膚の活動の低下により発汗が減少、それに加え低体温であるため皮膚が乾燥する。[ja.wikipedia.org] 甲状腺機能低下症のその他の症状のうち、うつ症状、鼻閉、便秘/腸閉塞、多関節炎が非定型的で見逃されやすく、注意を要する。 もっとも多いのが橋本病である。二次性、三次性のものは脳腫瘍が原因となることが多い。 自己免疫障害によって甲状腺が攻撃される橋本病では、甲状腺が慢性炎症を起こして機能が低下する。これは原発性に分類される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • ファブリー病

    ファブリー病の主な臨床症状としては、脳血管障害、難聴、角膜混濁・白内障、左室肥大・冠攣縮性狭心症・心弁膜障害・不整脈、被角血管腫・低汗症、タンパク尿・腎不全、四肢疼痛・知覚異常、腹痛・下痢・便秘・嘔気・嘔吐など全身に症状がみられる。[carenet.com] 1898年にドイツの皮膚科医であるヨハネス・ファブリーが最初に報告した古典的ファブリー病で、「ファブリー病の症状」が、ほとんど全て出現するα-ガラクトシダーゼの酵素活性はほとんどない 最近明らかになったものであり、主に心臓の筋肉に糖脂質が溜まり、心肥大、拡張型心筋心筋症となり、心不全や不整脈をおこす。[ja.wikipedia.org] 皮膚 低汗症(ていかんしょう)、被角血管腫(ひかくけっかんしゅ) 神経 四肢疼痛(ししとうつう)、知覚障害(ちかくしょうがい) 目 角膜混濁(かくまくこんだく)、白内障(はくないしょう) 心臓 心肥大(しんひだい)、不整脈(ふせいみゃく) 腎臓 タンパク尿(たんぱくにょう)、腎不全(じんふぜん) 消化器 腹痛(ふくつう)、下痢(げり)、便秘[kompas.hosp.keio.ac.jp]

    不足: 昇圧
  • アミロイドーシス

    この病気ではどのような症状がおきますか 全身性アミロイドーシスでは、心臓の障害(心不全や不整脈)、腎臓の障害(ネフローゼ症候群や腎不全)、胃腸の障害、 末梢神経 や自律神経の障害(手足のしびれ、麻痺、立ちくらみ、排尿の異常、便秘、下痢)などがしばしばみられ、舌、甲状腺、肝臓が腫れることもあります。[nanbyou.or.jp] 前者の初発症状は心房細動であり、ついで進行性の心不全を呈する。心房細動に起因する脳塞栓を併発することがある。手根管症候群は両側性であり心不全の出現に数年先行することが多い。[ja.wikipedia.org] この病気ではどのような症状がおきますか 全身性アミロイドーシスでは、心臓の障害(心不全や不整脈)、腎臓の障害(ネフローゼ症候群や腎不全)、胃腸の障害、 末梢神経 や自律神経の障害(手足のしびれ、麻痺、立ちくらみ、排尿の異常、便秘、下痢)などがしばしばみられ、舌、甲状腺、肝臓が腫れることもあります。[nanbyou.or.jp]

    不足: 昇圧
  • 褐色細胞腫

    症状 高血圧の他、頭痛、動悸、発汗過多、顔面蒼白、振戦、悪心、便秘、体重減少、狭心症様の胸痛など多彩な症状を示すが、この病気に特有ではない。 5. 合併症 発作性または持続性の高血圧、不整脈、耐糖能低下や糖尿病、高脂血症が 多くの患者でみられる。運動や食事などの刺激により急激に血圧が上昇する高血圧クリーゼや心筋梗塞様発作も認める。[nanbyou.or.jp] 悪性褐色細胞腫では多発性の骨、肝、肺 転移、心不全、腸閉塞、重篤な感染症を合併することがある。 6. 治療法 良性例は腫瘍の手術的摘出で治癒する一方、悪性例は有効な治療法がな い。欧米では131I-MIBG内照射が施行されるがわが国では保険適応はなく、有効性も未確立である。[nanbyou.or.jp]

    不足: 昇圧
  • 全身性強皮症
    不足: 昇圧
  • 消化管間質腫瘍

    消化管間質腫瘍(しょうかかんかんしつしゅよう、英: gastrointestinal stromal tumor:GIST)とは、消化管間葉系腫瘍の一つ。 消化管間葉系腫瘍(gastrointestinal mesenchymal tumor GIMT)は大まかに、筋原性腫瘍、神経性腫瘍、そしてGISTを含むそれ以外の腫瘍に分類される。「それ以外の腫瘍」の中で、受容体型チロシンキナーゼの一種であるKIT蛋白(別名:幹細胞因子受容体)を合成する遺伝子[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • 粘液水腫

    全身性浮腫の頻度としては心不全、腎不全、肝硬変などが多い。非圧痕浮腫の場合は甲状腺機能低下症による全身性浮腫の可能性が高く、頸静脈の怒脹やBNP高値を認める場合は心不全の可能性が高い。全身性浮腫の可能性が低いと判断したら局所性浮腫を疑う。局所性浮腫には閉塞性と非閉塞性の原因がある。[ja.wikipedia.org] 圧痕浮腫の原因: 心不全、ネフローゼ症候群、肝硬変、薬剤性など。 非圧痕浮腫の原因: 甲状腺機能低下症による粘液水腫、好酸球性血管性浮腫(angioedema with eosinophilia)、リンパ水腫など。 まず第一に全身性浮腫か局所性浮腫かどうかの判断を行う。[ja.wikipedia.org] 全身性浮腫には心原性(心不全など)、腎原性(腎不全やネフローゼ症候群など)、肝疾患(肝硬変など)、内分泌疾患(甲状腺機能低下症など)、妊娠中毒症、低栄養(低アルブミン血症やビタミン欠乏症など)、薬物性(非ステロイド性抗炎症薬やステロイド性抗炎症薬)、血管浮腫(局所の場合もある)などが知られている。[ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • 寄生虫病

    凍結処理:-10 で4日 主な症状 有鉤条虫症(成虫):症状は軽微であり、腹部膨満感、悪心、下痢、便秘など消化器症状などがみられることがありますが、症状がでないことも多くあります。 有鉤嚢虫症(幼虫):脳、筋肉、皮下組織への寄生が代表的ですが、その他、眼、心臓、肝臓、腎臓、腹腔、胸膜など様々な部位に嚢虫を形成することが報告されています。[fsc.go.jp] 幼虫被嚢期: 感染後6週以後、軽症の場合は徐々に回復しますが、重症の場合は貧血、全身浮腫、心不全、肺炎などを併発し死亡することもあります。 関連情報 肝蛭「かんてつ」Fasciola hepatica、F. gigantica、F. sp.[fsc.go.jp]

    不足: 昇圧
  • 遺伝性ATTRアミロイドーシス
    不足: 昇圧
  • 便秘

    現在使用されていない古い分類手法では機能性便秘を、ストレスや食事内容の変化が原因となる「一過性便秘」と慢性的な「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」に分類していた。 ブリストル・スケール(排便スケール)を便の硬さ・大きさの評価に使用し、排便記録を付けると客観的な評価が可能となる。[ja.wikipedia.org] 症状 高血圧性緊急症(頭痛、悪心、意識障害)、心不全(呼吸困難)、腎不全の症状があらわれる。[med.osaka-u.ac.jp] 便秘の定義を述べ, 女性の便秘の疫学を中心に述べた。[doi.org]

    不足: 昇圧

類似した症状