Create issue ticket

考えれる285県の原因 便秘, 心不全, 昇圧

  • 急性腸間膜虚血

    閉塞の種類 危険因子 動脈塞栓症(40%超) 冠動脈疾患,心不全,心臓弁膜症,心房細動,動脈塞栓の既往 動脈血栓症(30%) 全身性動脈硬化 静脈血栓症(15%) 凝固亢進状態,炎症性疾患(例,膵炎,憩室炎),外傷,心不全,腎不全,門脈圧亢進症,減圧症 非閉塞性虚血(15%) 低灌流状態(例,心不全,ショック,人工心肺),内臓血管収縮(例,昇圧[msdmanuals.com] 腸血管の 動脈硬化 や血栓・塞栓、けいれん 慢性便秘や浣腸による腸管内圧の上昇: 甲状腺機能低下症 による慢性便秘、 甲状腺機能低下症 が原因の便秘を、ただの慢性便秘と勘違いして浣腸治療続ける場合 が原因で、大腸の血流障害により粘膜炎症浮腫/地図状びらん・縦走潰瘍が発生、突然の腹痛と下痢・下血をおこします。[nagasaki-clinic.com] ときには、血流が完全に遮断されるのではなく、心臓の拍出量が少ないため( 心不全 や ショック で生じる)、またはある種の薬(コカインなど)により血管が狭くなっているために、単に血流が過剰に少なくなることもあります。一般に、50歳以上の人でリスクが最も高くなります。[msdmanuals.com]

  • 高血圧症

    アンジオテンシンII受容体拮抗薬 強力な血管収縮・昇圧作用をもつアンジオテンシンIIが結合する受容体と呼ばれる部分に競合的に結合し、アンジオテンシンIIが効果を発現できなくする薬剤です。副作用としては、アンジオテンシン変換酵素阻害薬と違い空咳がほとんどなく、めまい、動悸があります。[miyauchi-cl.jp] また、便秘になるとおなかの中の圧力が高まるため血圧を一過性に上げますが、適度な運動は便秘予防にも効果があります。 お酒、タバコはできるだけ控える お酒の飲み過ぎやタバコは、高血圧をすすめます。また直接、心臓病やガンの誘因にもなりますので、できるだけひかえましょう。理想的にはタバコは禁煙しましょう。[kousei-ehime.or.jp] 研究の背景 肺高血圧症は心臓から肺に血液を送る肺動脈に狭窄や閉塞が生じて肺動脈圧が上昇する疾患であり、最終的には心不全(右心不全)へ進行する予後不良の難治性疾患です。いまだに肺高血圧症患者でなぜ肺動脈に狭窄や閉塞が生じて肺動脈圧が上昇するか、その病態の詳細は明らかにされていません。[jst.go.jp]

  • 低血圧

    昇圧剤: 通常昇圧作用としては、血管のα1受容体を刺激することにより、末梢血管の緊張を高め、血管を収縮させて血圧を上昇させる作用か心臓のβ受容体を刺激して心臓から出る血液量を増加させ血圧を上げる作用からなります。[apha.jp] こんな誤解や誤診をされた人へ 内容(「BOOK」データベースより) めまい、ふらつき、立ちくらみ、頭痛、食欲不振、むくみ、冷え、動悸、便秘。こんな不調で悩んでいませんか。 商品の説明をすべて表示する トップレビュー レビューのフィルタリング中に問題が発生しました。後でもう一度試してください。[amazon.co.jp] 妊娠と期外収縮、小学校の心電図検診でQS型といわれた、不整脈と弁膜症で心不全に、狭心症の疑いなど、日本心臓財団は7,500件以上のご相談にお答えしてきました。[jhf.or.jp]

  • 右心不全

    あるいはドブタミンとの併用は 肺血管抵抗の軽減と右室収縮力増強に有用である.肺高血圧の程度が高く,強力な右室後負荷の軽減が必要な場合は,Ca拮抗薬,プロスタグラン ジン製剤,エンドセリン拮抗薬,NO吸入,PDE Ⅴ阻害薬,Rhoキナーゼ阻害薬の併用が有効である 283) .肺血管抵抗上昇に起因する右心不全患者 に対し,血管拡張作用を伴わない昇圧[jcs2011-izumi-h.medicalvista.info] 便秘便秘は悪心・嘔吐を悪化させるとともに、排便時に努責がかかることで心不全を悪化させます。内服などで排便コントロールを行い、便秘が長期間続くようであれば浣腸を行う必要もあります。毎日の排泄状況の観察を行いましょう。 【胸水】 毛細血管の上昇により胸腔内に水分が貯留した状態です。利尿剤を使って治療を行うため、尿量の観察が必要です。[kango-oshigoto.jp] 心不全において、左心不全と右心不全を厳密に区別することは難しいが、 急激な呼吸困難のため緊急受診を余儀なくされる左心不全に対し、 右心不全では症状の出現が緩徐であり、体液貯留を顕著に伴った状態で日常診療時間内に医療機関を受診することが多い。[ameblo.jp]

  • 本態性高血圧症

    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 内科学 第10版 の解説 本態性高血圧症(血圧の異常) 1)高血圧の成因 血圧は心拍出量と末梢血管抵抗の積で規定され,この両者に影響する諸因子により血圧が調節されている.心拍出量に関与する因子としては心拍数・心収縮力と細胞外液量があり,末梢血管抵抗に影響するものとしては体液性因子を中心とする昇圧[kotobank.jp] 普段から便秘を予防しましょう。 十分な睡眠と休養が必要です。 過度の労働や夜更かしは禁物です。また、人間関係やストレスを無くす様に常に心掛けましょう 寒さに気をつけましょう。 暖かい所から急に寒い所へ出ると血管が収縮し、血圧が上がります。特に冬は室内と外気との差をなるべく少なくするようにしましょう。[kumadai-junnai.com] にんじんとオレンジのサラダ PDF[262KB] ・ 豚ひれのピカタ PDF[156KB] ・ 華風はるさめサラダ PDF[137KB] ・ 鮭缶のおろし酢和え PDF[179KB] 日常生活の注意 1 規則正しい生活を心がけましょう 2 適度な運動を続けましょう 運動については医師に相談しましょう 3 ストレスをなくすようにしましょう 4 便秘[byouin.metro.tokyo.jp]

  • 高拍出性心不全

    検査と診断 治療 2 呼吸管理の基本 3 薬物療法の基本 利尿薬 血管拡張薬 強心薬・昇圧薬 4 補助循環装置 大動脈内バルーンパンピング(IABP) 植込み型除細道器(ICD) 心臓再同期療法(CRT) 経カテーテル的大動脈弁留置術 人工心臓 心臓移植 Step4 患者さんへの服薬指導のコツ―どうしてこの薬が必要なのか?[sogo-igaku.co.jp] * 心不全による消化器症状(嘔吐、便秘など)とは?[nursepress.jp] 衝心脚気では迅速な診断と治療が大切である.さらに,その治療中,末梢血管抵抗の上昇により高拍出性心不全から低拍出性心不全に病態が変化した衝心脚気の1例を経験したので報告する.[jstage.jst.go.jp]

  • 狭心症

    血圧が低下したときには、下肢挙上・補液・カ テコラミンなどの昇圧剤を投与する。 3.抗凝固療法として、ヘパリン1万単位/日を持続静注する。 また、下記のごとき抗血小板剤を併用する。[nms.co.jp] 便秘をしない。 十分な睡眠をとる。[cypress.ne.jp] 突然死をまねくこともある怖い病気 心不全、心臓の電気的なショックやある種の不整脈などを伴うと死に至る可能性が高まります。死亡率は40%、そのうち70%は発作から1 2時間で亡くなる緊急を要する病態です。 突然死をまねくこともある怖い病気 心不全、心臓の電気的なショックやある種の不整脈などを伴うと死に至る可能性が高まります。[shinfuzen.com]

  • アジソン病

    現れる症状はさまざまですが、主なものは、a.色黒、b.倦怠感、脱力感、c.体重減少、d.胃腸症状(食欲不振、便秘、下痢)、e.低血圧、f.低血糖などです。また精神症状(不安、集中力の低下など)や腋毛、恥毛の脱落などもしばしば認められる症状です。[yomidr.yomiuri.co.jp] また、血圧低下が重篤な場合もあるため、血圧を保つための点滴や昇圧剤も併用されます。血糖が低くなることもあり、充分な血糖補給が合併症予防に重要です。 アジソン病の症状は、感染症ややけど、手術や怪我などのストレスがきっかけとなって増悪することがあります。[medicalnote.jp] そして、これまでアルドステロン作用阻害薬として、腎臓に対する作用だけを考えて使っていた薬剤(スピロノラクトン)が、うっ血性心不全などの心臓の病気にも有効であることが示されています。最近では、アルドステロンの作用に注目した新しい心臓の薬や血圧の薬も開発されています。[qlife.jp]

  • 自律神経性ニューロパチー

    立ち上がったときにふらつきを覚えたり、排尿障害、便秘、嘔吐などをきたしたりします。男性では勃起障害が生じることもあります。 医師は身体診察と様々な検査を行い、自律神経の機能不全とその原因がないか確認します。 可能であれば原因を是正または治療します。 神経系 は、中枢神経系と末梢神経系で構成されています。[msdmanuals.com] (自律神経障害) 2 治療総論 薬物療法とその副作用 脳保護薬,脳循環代謝改善薬/抗血小板薬/抗凝固療法/血栓溶解薬/降圧薬/ 脳浮腫治療薬/全身麻酔薬/催眠鎮静薬(睡眠薬),抗不安薬/抗てんかん薬/ 抗精神病薬/抗うつ薬/抗めまい薬/片頭痛治療薬/パーキンソン病治療薬/ 認知症治療薬/その他の神経(変性)疾患治療薬/自律神経系作用薬/ 昇圧[igaku-shoin.co.jp] 堀田晴美 他 呼吸の意識・無意識の神経制御 荒田晶子 心臓の自律神経支配に関するマクロ解剖 川島友和 他 血圧の自律神経制御と起立性低血圧 佐藤隆幸 消化管の自律神経制御 富永和作 他 内臓痛覚と自律神経系 尾 膀胱の自律神経支配 河谷正仁 他 睡眠と自律神経系 白川修一郎 他 皮膚の交感神経支配 岩瀬 敏 自律神経系の病態と治療 循環器疾患 心不全[chugaiigaku.jp]

  • 腸梗塞

    それほど多くはないが、英子さんのような酷い便秘や異物の誤嚥(誤って飲み込むこと)によっても生じる。 「たかが便秘」と馬鹿にしてはいけないのである。 治療法は基本的に、絞扼性イレウスとそれ以外の腸閉塞とで異なる。絞扼性イレウスは、開腹手術が普通。[diamond.jp] 閉塞の種類 危険因子 動脈塞栓症(40%超) 冠動脈疾患,心不全,心臓弁膜症,心房細動,動脈塞栓の既往 動脈血栓症(30%) 全身性動脈硬化 静脈血栓症(15%) 凝固亢進状態,炎症性疾患(例,膵炎,憩室炎),外傷,心不全,腎不全,門脈圧亢進症,減圧症 非閉塞性虚血(15%) 低灌流状態(例,心不全,ショック,人工心肺),内臓血管収縮(例,昇圧[msdmanuals.com] 昨今の健康ブーム等で「便秘」に対する過剰な反応が背景にあるものと思われ、誤った危機意識は却って混乱を招く結果となるので、正しい知識を持つことが重要と思われます。[carenavi.jp]

類似した症状