Create issue ticket

考えれる222県の原因 便秘, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 低カリウム血症の症状としては、多尿、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌、筋肉痙攣(こむら返り)などがある。 軽度 (K 3.0-3.5mEq/L)特段の症状は現れない事が多い。若干血圧の上昇や不整脈を引き起こすことがある。[ja.wikipedia.org] 骨格筋機能の重度の障害からくる呼吸不全は稀なことではない。 特徴的な心電図が得られる。 T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。[ja.wikipedia.org]

  • ポルフィリン症

    大腸 の神経系にも影響を及ぼし 便秘 が頻繁に起こり、 下痢 も同様に起こる。 沢山の兆候を起こし、かつ、ポルフィリン症の発症はかなり稀な例であるので、初期の段階では患者は他の病気の発症を疑られたり診断されたりすることがあるので、診断の際にはポルフィリン検査が一般的に勧奨される [2] 。[ja.wikipedia.org]

  • 急性間欠性ポルフィリン症
  • ランバート・イートン筋無力症症候群

    神経内科疾患全般を診療の対象としていますが、その中でも特に免疫性神経疾患、特にHTLV-I関連脊髄症(HAM)、重症筋無力症、ランバート・イートン筋無力症候群、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症、多発筋炎などの診療と研究に積極的に取り組んでいます。10人のスタッフのうち4人が神経内科認定医です。基礎的研究としてHAMの発症機序の研究と最新の知見に基づいた安全で有効な治療法の確立を目指しています。また、神経筋接合部疾患のランバート・イートン筋無力症候群では、カルシウムチャネル抗体診断法の研究を中心に全国のセンター的な役割を果たしています。[…][med.nagasaki-u.ac.jp]

  • ボツリヌス中毒
  • 便秘

    現在使用されていない古い分類手法では機能性便秘を、ストレスや食事内容の変化が原因となる「一過性便秘」と慢性的な「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸性便秘」に分類していた。 ブリストル・スケール(排便スケール)を便の硬さ・大きさの評価に使用し、排便記録を付けると客観的な評価が可能となる。[ja.wikipedia.org] 便秘の定義を述べ, 女性の便秘の疫学を中心に述べた。[doi.org] 第1章 定義・分類・診断基準 1.便秘の定義 2.慢性便秘(症)の分類 3.慢性便秘症の診断基準 第2章 疫学 1.有病率 2.発生のリスク 3.QOL 4.心理的異常 5.長期予後 第3章 病態生理 1.慢性便秘の病態生理学 小腸運動 2.慢性便秘の病態生理学 大腸運動 3.慢性便秘の病態生理学 直腸肛門運動(運動,知覚,反射) 4.慢性便秘[nankodo.co.jp]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 炭疽症

    これにより運動神経及び副交感神経が遮断され、複視、眼瞼下垂、口渇、嚥下困難、尿閉、便秘等のほか、骨格麻痺が起こる。この麻痺呼吸にも及び、その結果、呼吸困難に陥り死に至る。ヒトからヒトへの感染はないので患者隔離の必要はない。 (2) 治療等 ボツリヌス毒素に対する抗血清の早期投与が第一選択となる。[mhlw.go.jp] これにより運動神経及び副交感神経が遮断され、複視、眼瞼下垂、口渇、嚥下困難、尿閉、便秘等のほか、骨格筋の麻痺が起こる。この麻痺は呼吸筋にも及び、その結果、呼吸困難に陥り死に至る。ヒトからヒトへの感染はないので患者隔離の必要はない。 (2) 治療等 ボツリヌス毒素に対する抗血清の早期投与が第一選択となる。[mhlw.go.jp]

  • ビタミンB12欠乏

    消化管症状は食欲不振、便秘、および限局性に乏しい腹痛。 神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下、生殖率低下などがある。子供にみられる症状は成長障害、 発達障害、運動障害などがある。早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になりえる。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺
  • 甲状腺障害

    発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。 バセドウ病だけでなく橋本病でも起こることがある。 甲状腺機能亢進症に伴う不随意運動としては振戦が一番有名である。手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。[ja.wikipedia.org] 甲状腺機能低下症では寒がり、便秘、体重増加、浮腫、関節痛、物忘れなどである。バセドウ病は主訴が年齢と性別で異なる。19歳以下の女性では甲状腺腫で病気に気がついている。高齢になると甲状腺腫で気づく割合は減る。それに代わり体重減少や浮腫でバセドウ病に気がつく。男性では甲状腺腫で受診する割合は少ない。[ja.wikipedia.org]

  • 便秘や下痢にならない 便秘や下痢は、痔の大きな原因の1つです。便秘による硬い便は、肛門を傷つけてしまいます。下痢も肛門を刺激したり、細菌感染を起こしやすくしたりします。食物繊維をしっかりとる、お酒を控えるなど、食生活の見直しが大切です。 ・朝はリズムが大切 まず、朝は余裕をもって起床しましょう。そして、朝食をしっかりとることが大事です。[borraginol.com] 便秘、下痢に注意する 便通異常が痔の最大の原因 です。食物繊維の多い食事を摂って便秘を予防する、暴飲暴食を避けて下痢を防ぐようにする、など、日頃から正しい排便を心がけるようにしましょう。 腰を冷やさない 腰を冷やすと肛門周辺の血行が悪くなり、うっ血します。[takeda-kenko.jp] そこに、長時間の立仕事や座り仕事などによる肛門付近での体液のうっ滞、便秘または下痢を繰り返すことなどで肛門部に強い力が幾度もかかること、などの要因が加わって痔を発症する。痔は、排便の障害となることがある。 生活習慣病 「寒さ」の要因を別にすれば、おおむね「生活習慣病」であると言える。[ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状

類似した症状