Create issue ticket

考えれる292県の原因 便潜血陽性

  • 便に血が混じるなど、少しでも気になる状態があれば、かかりつけの医師へ相談する、あるいは大腸がん検診(便検査)を受けることが大切です。また、大腸がん検診(便検査)を受け、便陽性であれば必ず病医院を受診し、精密検査を受けましょう。 精密検査では、大腸内視鏡検査により、がんかどうかの確定診断を行います。[benpi-net.jp] 肛門からの出血があると、切れ痔ではないかと思う方が多いですが、健康診断等の便検査で、陽性反応が出たことを機に、詳しい検査をしたところ、がんが発見されたという症例もあります。 直腸周辺の異変なら、いぼ痔の有無が分かりますし、万が一、がんがある場合、医師が触診して、確認することもできます。[epark.jp]

  • 食道炎

    食道炎(びらん・食道潰瘍) 食道炎は食道の粘膜が炎症を起こし、肉眼的にびらんや潰瘍が見られるものをいいます。びらんとは粘膜表面が欠損を起こすもので、内視鏡で見ると、中心が白い苔(こけ)のようになり、その周りの粘膜が赤くなっています。ときには、出血を起こすこともあります。一方、潰瘍は粘膜の欠損が下の層に進んで、陥没した状態です。 食道炎で最も多いのは 逆流性食道炎[…][onaka-kenko.com]

  • 胃炎

    検診での便反応陽性で発見されることが多いです。 説明 ポリープは小腸に発生することはまれで、遺伝的な疾患では小腸に発生することもありますが、多くは大腸に発生します。炎症性ポリープ・過誤腫性ポリープ・過形成性ポリープ・腺腫性ポリープなどに分類されます。[hayama-cl.com]

  • 慢性アルコール依存症

    概要 アルコールは古代より親しまれている嗜好品で我々の生活を豊かにしてくれますが、一方で過剰な飲酒を長期に渡って続けると様々な臓器に障害を来たし、その中でも肝障害は高頻度でしばしば重篤となります。世界では過剰な飲酒によってアルコール性肝障害(脂肪肝、肝炎、肝硬変)となり、さらに肝細胞がんや肝不全となり毎年300万人以上が、国内においても毎年4万人以上が亡くなっています。 症状・診断[…][kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 家族性大腸腺腫症

    患者は通常,無症状であるが,便陽性を認めることがある。診断は大腸内視鏡検査および遺伝子検査による。治療は結腸切除術による。 FAPは,100個以上の腺腫性ポリープが結腸および直腸の一面を覆うように生じる常染色体優性遺伝疾患である。この疾患は8000 14,000人に1人の頻度で発生する。[msdmanuals.com] 全体の約30%がこれに相当しますが、一般の患者さんと同様に、検診で便反応が陽性となった場合や下血などの症状が出てから大腸内視鏡検査を受けることになります。そのため、40歳を過ぎてから検査を受けることも多く、すでに大腸がんが発生している可能性が高まります。[medical.jiji.com] 症状 症状は乏しく、便検査の陽性者に対する精密検査でたまたま発見されることがあります。腹痛や嘔吐、下血が生じることもあります。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

  • 急性胃炎

    ・胃部不快感、胃の痛み、吐き気、食欲不振などの症状がある ・検診で胃の異常を指摘された ・胃にヘリコバクターピロリがいると言われた ・下痢が続く、血便が出るなどの症状がある ・検診で便陽性と言われた ・以前、大腸にポリープがあると言われたことがある ・近頃、アルコールや天ぷらなどを食べた後にお腹や背中が痛くなる ・腹痛と発熱が続く ・[seihoukai-okada.or.jp]

  • 消化管出血

    具体的に、下や血便などの目に見える出血が再発または持続する場合、鉄欠乏性貧血が再発または持続する場合、便検査が陽性の場合にOGIBを疑います。全ての消化管出血の約5%を占めるといわれ、その出血源の多くは小腸に由来すると考えられています。[onaka-kenko.com] [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 内科学 第10版 の解説 消化管出血(救急治療) 概念 消化管出血は一般に吐血,下, 血便 といった症状を有する病態を指すが,健診にて便陽性である場合も含まれる.吐血とは口腔から血液を嘔吐することで,Treitz靱帯より口側の上部消化管[kotobank.jp] 一方、下や血便などが続く場合や鉄欠乏性貧血あるいは便陽性を繰り返す場合は、小腸バルーン内視鏡検査の代わりに小腸カプセル内視鏡検査を行うこともあります。小腸カプセル内視鏡は、カプセル型をした内視鏡を飲み込む検査のため患者さんの苦痛が抑えられ、小腸全体を観察できるのが特徴です。[onaka-kenko.com]

  • 空腸憩室

    健診で便陽性を指摘され進行胃癌と診断された。腹腔鏡補助下幽門側胃切除術を施行した。術中に空腸憩室が散在していることを視認したが,今回の受診までは腹痛や憩室炎の既往はなく合併症リスクは低いと判断した。[pieronline.jp] 自覚症状や腫瘤の触知、便陽性があり、胃、大腸、胆嚢、膵疾患が除外されていれば小腸造影を行う。小腸造影では、がんには全周性の狭窄像(apple core sign、napkin ring sighともいう)が認められる。悪性リンパ腫には粘膜破壊像がみられることが多い。[medical.nikkeibp.co.jp] 便陽性で近医を受診し, 下部消化管内視鏡検査を行ったところ, 肛門縁より15 に粘膜下腫瘍を認めた. PET/CTで同部位に集積を認め, GISTや悪性リンパ腫が疑われ当院へ紹介となった.[ringe.jp]

  • 上部消化管出血

    具体的に、下や血便などの目に見える出血が再発または持続する場合、鉄欠乏性貧血が再発または持続する場合、便検査が陽性の場合にOGIBを疑います。全ての消化管出血の約5%を占めるといわれ、その出血源の多くは小腸に由来すると考えられています。[onaka-kenko.com] 出血量 症候 5ml 便陽性 50ml メレナ 500ml 鮮血の下血 黒色便の原因としては消化管出血以外にいかすみ料理、鉄剤、赤ワインなどでも起こることが知られている。 吐血、メレナ [ 編集 ] 吐血と区別が必要な症候に 喀血 がある。喀血が気道出血であるのに対して、吐血は消化管出血である。[ja.wikipedia.org] [編集部] 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) 日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 凡例 内科学 第10版 の解説 消化管出血(救急治療) 概念 消化管出血は一般に吐血,下, 血便 といった症状を有する病態を指すが,健診にて便陽性である場合も含まれる.吐血とは口腔から血液を嘔吐することで,Treitz靱帯より口側の上部消化管[kotobank.jp]

  • 大腸ポリープ

    大腸がんは、がんの前段階である大腸腺腫からがんが発生するものと、直接粘膜からからがんが発生するものに分けられますが、どちらも小さい間は無症状で経過し、多くは集団検診、人間ドックなどでの便陽性をきっかけに発見されます。 従来の方法では大腸腺腫を高周波の電流を用いて切除していましたが、治療後出血を起こすことがありました。[sanai.or.jp] また、便陽性以外にも、家族歴、既往歴で大腸ポリープが疑われる場合、あるいはもともと血便や便が細い、腹痛などの症状のある患者さんに対しては内視鏡による精密検査を行います。[jsge.or.jp] また、大腸癌があっても必ず便検査が陽性になるわけではありません。便検査が陰性であっても大腸内視鏡検査により癌が発見されることはあります。下痢や便秘が続いていたり、ご家族の中で大腸癌を指摘されたことがある方は、一度大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。[nakanohp.com]

さらなる症状