Create issue ticket

考えれる48県の原因 便失禁, 第2全身化の部分分泌

  • てんかん

    理念・政策 実績 所属議員 選挙情報 ニュース メディア出演 読み物 ローカル・リポート 党概要 よくあるご質問 お申し込み あなたの声を公明党に 公明党トップ / ニュース / p26598 2019年4月11日 てんかん新薬の治験実施求める 大口副大臣に専門医 大口善徳厚生労働副大臣(公明党)は10日、厚労省で、聖マリアンナ医科大学の明石勝也理事長と神奈川てんかんセンターの山本仁顧問、太組一朗副センター長から、大麻成分を含む難治性小児てんかんの治療薬「エピディオレックス」の治験を実施できるよう求める要請を受けた。大口副大臣は、検討する考えを示した。公明党の秋野公造参院議員が同席した。[…][komei.or.jp]

  • 急性胃腸炎

    急性胃腸炎(きゅうせいいちょうえん、英: acute gastroenteritis)とは、急性に発症する胃腸症状を主体とした症候群である。 殆どは感染性胃腸炎で、中でもノロウイルスやロタウイルス等のウイルス性のものが圧倒的に多いが、一部に細菌性のものがある。病原体に汚染された食物が原因であれば食中毒であるが、例えば黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンによる食中毒は、症状がウイルス性腸炎と極めて類似するため、急性胃腸炎と診断される可能性がある。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 急性アルコール中毒

    急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく、英: acute alcohol intoxication)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒(オーバードーズ)である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例して誰もが陥り、意識を喪失し、死に至る。 かつての医学用語ではアルコール依存症のことを、「慢性アルコール中毒」と表現されることもあるが、本状態とは異なる。継続的なアルコールの使用による影響については、アルコール飲料の項を参照。 なお純度99%エタノールのLDLo(最少致死量)は、ヒトで1400mg/kgとされている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 腰椎椎間板ヘルニア
    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 痔の予防に大事なのは 日頃の習慣 正しいおしりのケアを身につけ、習慣づけておけば、痔の悪化を防ぐことにつながるだけでなく、痔になる確率はぐっと低くなります。実践してみましょう。 総合監修 岩垂 純一 先生 監修 黒川 彰夫 先生 監修 佐原 力三郎 先生 おしりはていねいに拭く おしりは、便のカスなどが残ったままにならないよう、普段からていねいに拭くようにしましょう。ただし、ゴシゴシこするのではなく、紙を押しあてるようにして優しく拭くようにしましょう。[…][borraginol.com]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • アルツハイマー病

    東京工科大学は10月10日、中東では健康食として知られる「ニゲラサチバ」の種子油に含まれる「チモキノン」が、アルツハイマー病の原因であるアミロイドβの神経細胞毒性を保護する作用があることを発見したことを発表した。 同成果は、同大応用生物学部の鈴木郁郎助教らによるもの。詳細は、「第8回ヨーロッパ神経科学会」、「第35回日本神経科学会大会」および「日本薬学会第133年会」などで紹介されたほか、科学雑誌「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。[…][news.mynavi.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 下痢

    下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便が出る状態である。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。世界では毎年17億人が発症し、また毎年76万人の5歳以下児童が下痢により死亡している。発展途上国では主な死因の1つとなっている。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 糖尿病性自律神経障害
    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 脊柱管狭窄症

    腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、脊椎にある脊柱管(せきちゅうかん)という神経を囲んでいる管が狭窄する整形外科疾患。 通常、加齢に伴って発生する脊髄変性症で広く見られる症状であるが、ときには脊椎椎間板ヘルニア、骨粗しょう症や腫瘍によって引き起こされる場合もある。 間欠性跛行(かんけつせいはこう)がみられる。歩行しているとだんだん足が痺れたり痛くなり、休むと回復するのが特徴である。また、会陰(えいん)部の感覚に異常が生じることもある。なお、間欠性跛行は閉塞性動脈硬化症でもみられるため、鑑別が必要。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 第2全身化の部分分泌
  • 便秘

    今年10月、国内初の慢性便秘症の診療ガイドラインが登場した。臨床現場で使いやすい「慢性便秘症」の定義が明記され、個々の便秘治療薬の推奨度が明示されたのが特徴だ。内服薬の使い分けを中心に保存的治療のポイントを紹介する。 ログインして全文を読む[medical.nikkeibp.co.jp]

    不足: 第2全身化の部分分泌

さらなる症状