Create issue ticket

考えれる118県の原因 侵襲性肺アスペルギルス症

  • インフルエンザ

    このページは、過去の特集ページを保存しているものであり、掲載情報は、更新されておりませんので、ご注意ください。 現在の情報は、 こちら をご覧ください。 インフルエンザ 流行のピークは1 2月! インフルエンザの流行シーズンを迎えました。 インフルエンザの感染力は非常に強く、日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染しています。 あらためて、ご家庭や職場などでのインフルエンザ対策の徹底をお願いします。 インフルエンザの「予防方法」と「かかってしまった時に人にうつさない方法」について、動画でわかりやすくご紹介しています。(政府インターネットテレビ)[…][kantei.go.jp]

  • 糖尿病

    糖尿病(とうにょうびょう、ラテン語: diabetes mellitus、DM)は、血糖値やヘモグロビンA1c(HbA1c)値が一定の基準を超えている状態をさす疾患である。東洋医学では消渇と呼ばれる。なお、腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症などに繋がる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性腎不全

    現在地 : Pfizer co.jp ホーム 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 慢性腎不全に関する情報 患者さん・一般の皆様 疾患から探す 疾患情報 成長相談室 お子さんの低身長や成長障害について解説しているサイトです。 自分でチェック 病医院検索 子どもはどうやって成長するの? 成長障害の治療ってどうするの? 身長の伸びがおそいかも? 成長ホルモンで治療中の方へ 身長が低い病気ってなに? Pfizer for Patients内にある関連する病気の情報を検索する SGA性低身長症 細菌性髄膜炎 ワクチン 血友病 このページの先頭へ[pfizer.co.jp]

  • 非ホジキンリンパ腫

    非ホジキンリンパ腫(ひホジキンリンパしゅ、英: Non-Hodgkin lymphoma、NHL)は、ホジキンリンパ腫(ホジキン病)以外の全ての多様な悪性リンパ腫を含む一群である。 和訳はやや無理やりで、医療現場では通常英語名を使用する。日本では、びまん性大細胞型 (diffuse large cell type) が圧倒的に多い。日本ではホジキン病は少ないため、悪性リンパ腫の多くがこのびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫 (diffuse large B cell lymphoma) である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 薬物性好中球減少症

    アスペルギルスなどの真菌感染症を疑う場合には、ボリコナゾール(またはアムホテシリンB脂質製剤)で治療を開始し、可能であれば、気管支鏡で、組織学的/微生物学的に診断を行う。気管支鏡が行えない場合は、喀痰培養(細菌・真菌)を行う(感度は低い)。 (6)治療期間 臨床的または微生物学的に診断された感染症:好中球が500 /?[kameda.com] 疑う場合 ミカファンギン 1回100-150mg 24時間毎 アスペルギルスを疑う場合 ボリコナゾール 6mg/kg 12時間毎(初日)、4mg/kg 12時間毎(2日目以降) 投与開始5-7日後にトラフ濃度を測定し、投与量を調整する(薬剤部と相談する) (7)参考文献 1) Clin Infect Dis. 2011;52:e56[kameda.com] 好中球減少中に使用する抗菌薬(腎機能が正常な場合) 初期治療 セフェピム 1回2g 8時間毎 ピペラシリン/タゾバクタム 1回4.5g 6時間毎 メロペネム 1回1g 8時間毎 GPCカバーを行う場合 バンコマイシン 初回25-30mg/kg、2回目から15 mg/kg 12時間毎 ※投与量は、薬剤部によるTDMを目安にする Candida血[kameda.com]

  • 再生不良性貧血

    再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ、英: Aplastic anemia、略称: AA)とは骨髄機能低下による貧血の1つ。英語の正確な和訳は低形成貧血であり、日本語の「再生不良性」は別の研究者が提唱したaregenerative anemiaを和訳したものである。1950年代頃までは汎骨髄癆(はんこつずいろう)という名称も用いられた。 1888年にドイツの医学者パウル・エールリヒが、汎血球減少と子宮出血を起こして死亡した21歳女性を剖検したところ、大腿骨の骨髄髄質が脂肪化していたことを発見し、aplastische[…][ja.wikipedia.org]

  • サルコイドーシス

    サルコイドーシス (Sarcoidosis) とは、非乾酪性の類上皮細胞肉芽腫が臓器に認められる疾患。厚生労働省が認定する特定疾患の一つである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 多発性骨髄腫

    多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ、Multiple Myeloma:MM)は形質細胞腫瘍の一種であり、その中では最も患者数の多い難治性血液腫瘍である。[…][ja.wikipedia.org]

  • 全身性エリテマトーデス

    抄録 全身性エリテマトーデス(SLE) 193例(男性17例,女性176例)を対象にSLEの肝障害について検討した.肝障害は各患者の初診時からの全経過を調べTransaminaseが40IU/m l 以上を認めた症例とした. SLE193例中78例(40.4%)に肝障害を認めた. Transaminase 1回のみの異常例では全例(34例)肝障害の原因は不明であった. Transaminase 2回以上高値例では44例中35例(79.5%)に確定診断を得た.肝障害の原因として原病によるものが12例と最も多く,ついで脂肪肝の9例であった.ウイルス性肝炎としてA型肝炎2例, B型肝炎2例,[…][doi.org]

  • 慢性リンパ性白血病

    この項目では、慢性リンパ性白血病について説明しています。白血病全般は「 白血病 」を、類縁の悪性リンパ腫についてはについては「 悪性リンパ腫 」をご覧ください。 慢性リンパ性白血病細胞。 赤血球 の大きさと比較すると慢性リンパ性白血病細胞は 白血球 としてはあまり大きくないことがわかる。 慢性リンパ性白血病 (まんせいリンパせいはっけつびょう、 英 : Chronic lymphocytic leukemia; CLL )とは、小型で細胞質が乏しい成熟 Bリンパ球 性の慢性 白血病 である。白血球細胞は 骨髄 、 リンパ節 、 末梢血[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状