Create issue ticket

考えれる954県の原因 体重減少, 慢性肝炎

  • 肝硬変

    症状は何年も現れないことがあり,しばしば非特異的である(例,食欲不振,疲労,体重減少)。後期の臨床像には, 門脈圧亢進症 ,腹水,代償不全に至った場合の 肝不全 などがある。診断にはしばしば肝生検が必要となる。肝硬変は通常,不可逆的と考えられている。治療は支持療法である。 肝硬変は世界的に上位を占める死亡原因となっている。[msdmanuals.com] C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] 食欲不振、体重減少、疲労、全身のだるさなどの症状が現れます。 腹部への体液の貯留、消化管の出血、脳機能の異常など、多くの重篤な合併症が起こる可能性があります。 診断は、症状や身体診察の結果のほか、ときに生検の結果に基づいて下されます。 医師は合併症の治療を行いますが、肝硬変によって生じた損傷は元に戻りません。[msdmanuals.com]

  • 門脈性肝硬変

    肝硬変が進行すると、体重減少、 手掌紅斑 (palmer erythema、掌の小指側の紅潮)が見られる場合もある。腹部超音波検査などで肝硬変に至った肝臓を見た場合、本来は比較的滑らかな表面をしているはずの肝臓は、表面に凹凸が見られるようになる。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、肝細胞壊死が起こり、肝再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp]

  • 肝炎

    抄録 慢性肝炎の新しい組織分類として本邦では新犬山分類が,欧米ではDesmetらの新ヨーロッパ分類ともいうべき新しい分類が相次いで発表されている.C型肝炎ウイルスの血清学的診断が確立され,B型,C型慢性肝疾患のほぼ全経過が明らかにされ,さらには抗ウイルス剤を中心とした治療が広く実施されるようになるとともに慢性肝炎における肝生検の診断的意義も[doi.org] Chronic Hepatitis 解説:菱木 智 ( 横浜市南部病院 消化器内科副部長・消化器診断センター長) 慢性肝炎はこんな病気 ウイルス肝炎は急性肝炎慢性肝炎の2つに分けられます。[saiseikai.or.jp] 抄録 IFN無効例を含めC型慢性肝炎には貯蔵鉄があり, 鉄依存性ラジカル産生に基づく細胞障害は肝炎活動性の一端を担う. それを排除する工夫は大切であり, 瀉血により潜在的鉄欠乏状態を維持するのが簡単で経済的でもある.[doi.org]

  • 大結節性肝硬変

    症状は何年も現れないことがあり,しばしば非特異的である(例,食欲不振,疲労,体重減少)。後期の臨床像には,門脈圧亢進症,腹水,代償不全に至った場合の肝不全などがある。診断にはしばしば肝生検が必要となる。肝硬変は通常,不可逆的と考えられている。治療は支持療法による。 肝硬変は世界的に上位を占める死亡原因となっている。[msdmanuals.com] B型慢性肝炎 C型慢性肝炎 肝硬変 脂肪肝 急性肝炎 急性肝炎の原因には、多くのものがありますが、日本において重要なのはウイルス性肝炎です。肝臓に病気を引き起こす肝炎ウイルスには、A型肝炎、B型肝炎、C型肝炎、D型肝炎、E型肝炎があります。[nagaki-clinic.jp] 肝硬変が進行すると、体重減少、 手掌紅斑 (palmer erythema、掌の小指側の紅潮)が見られる場合もある。腹部超音波検査などで肝硬変に至った肝臓を見た場合、本来は比較的滑らかな表面をしているはずの肝臓は、表面に凹凸が見られるようになる。[ja.wikipedia.org]

  • 肝細胞癌

    進行した場合には、腹痛、背部痛、黄疸、むくみ、腹水、食欲不振、体重減少などが認められます。 肝細胞がんの診断としては、血液検査で腫瘍マーカーのAFP、PIVKA-IIが高値を示します。画像診断としては、腹部超音波、造影CT、造影MRI(EOB-MRI)が有用で、中でもEOB-MRIは肝がんの検出力が高く、重要な検査法と言えます。[jshbps.jp] B型肝炎 :10%〜20% B型肝炎 では 肝硬変 へ至る前の、慢性肝炎から発症することも多く、 B型肝炎ウイルス はDNAウイルスでありHBV遺伝子が感染肝細胞の癌遺伝子を活性化しているためと考えられている。 アルコール性肝疾患 発生率は高くないが 肝硬変 を経て、発症する場合も多い。[ja.wikipedia.org] 腫瘍の診断 [ 編集 ] 今までの診療の歴史からみて、もっとも重要な診断手段は症状や不定愁訴(疲労、体重減少、原因不明の貧血その他の癌に付随した症状)である。しばしば健康診断によって局在性の悪性腫瘍が発見される。 診断方法を次に示す。[ja.wikipedia.org]

  • アルコール性肝疾患

    実際、食事・運動療法による7%以上の体重減少により、肝組織レベルでNASHの有意な改善が認められております。 それでも効果が乏しい場合には薬物療法があります。[med.kagawa-u.ac.jp] 1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] ウイルス性肝炎の中で症状が長引く慢性肝炎に移行するのは、B型とC型です。慢性肝炎が持続すると肝硬変に進展し、更に肝癌が発生してきます。肝硬変への進展を抑えることは、肝癌発生の大きな予防となります。[nissay.co.jp]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎の症状と経過: C型慢性肝炎は自覚症状に乏しい病気で,全身の倦怠感や食欲不振などの症状をうつたえる人は患者全体の約10%です。 C型肝炎慢性化すると発症してから10 20年の小康状態ののち、悪化し肝硬変そして肝臓がんへと新興していきます。 C型慢性肝炎の治療: インタ-フェロンやリバビリン(抗ウイルス剤)が使われます。[asahi-net.or.jp]

  • 低ガンマグロブリン血症

    のうち一つの検査項目を含む2項目以上であること) 検査 ①CRP( 1mg/dl)、血沈( 15mm/時間) ②貧血(男性でHb ③血小板減少( 40万/ul) ④低アルブミン血症( ⑤腎機能障害(eGFR ⑥ポリクローナル高ガンマグロブリン血症(総ガンマグロブリン又はIgG 1700mg/dl) 臨床 ①症状:夜間の発汗、発熱( 38度)、体重減少[imed3.med.osaka-u.ac.jp] 数 値 高頻度にみられる疾患 否定できない主要疾患 9.0以上 多発性骨髄腫、原発性マクログロブリン血症 8.0 9.0 慢性炎症性疾患、膠原病、肝硬変、慢性肝炎、悪性腫瘍、骨髄腫、原発性マクログロブリン血症、良性M蛋白血症 脱水症(血液の濃縮) 6.5 8.0 (基準値) 健康 アルブミン減少・免疫グロブリン増加を伴う諸種疾患(炎症性疾患[ikeda-hp-g.or.jp] 免疫グロブリン(IgG・IgA・IgM・IgD・IgE)の検査のポイント どのようなときに検査するのか 血清蛋白異常症を疑うとき 慢性あるいは反復性の感染症、急性感染症の 回復期 、慢性 肝炎 や肝硬変などの肝疾患、 関節リウマチ 、SLEなどの自己免疫疾患や炎症性疾患など 蛋白血症を疑うとき 多発性骨髄腫、マクログロブリン血症、良性単クローン[kango-roo.com]

  • B型肝炎ウイルス

    急性肝炎の症状 持続感染 持続感染とは、感染したHBVが体から排除されず、6ヵ月以上にわたって肝臓の中にすみつくことで、一部の方は慢性肝炎を発症します。 慢性肝炎とは、通常6ヵ月以上肝炎が続いている状態を指します。慢性肝炎の多くは、出産時や幼児期に感染した無症候性キャリアからの発症です。[kanen-net.info] B型慢性肝炎ではほとんどの場合、自覚症状はみられません。ただし、肝炎が急激に悪化すると、疲れやすい、だるい、食欲がない、尿が黒褐色のような色になるといった症状が現れることがあります。 一方、症状が現れていないからといって治療を行わずに長期間放置すると肝硬変や肝癌に進行してしまうことがあります。[myclinic.ne.jp] 我が国では、慢性肝炎のほとんどがB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスが原因であり、C型慢性肝炎が約70%を占めます。ウィルス性肝炎で肝臓が傷つく主な原因は、ウイルスそのものによるのではなく、ウイルスを排除するために働く宿主の免疫応答であると考えられています。慢性肝炎では自覚症状に乏しく、健康診断で発見されることも多いのです。[nissay.co.jp]

  • 慢性活動性肝炎

    Persistennt hepatitis 門脈域に円形細胞浸潤があるが、線維の増生を伴わないものがあり、組織病変の伸展がみられない場合 (症状) 「症状としては、だるい・疲れやすい・食欲不振・上腹部が重苦しい・張る感じ・吐き気・嘔吐・便通の異常・右季肋下の痛み・体重減少・頭痛・不眠などを訴えることがありますが、 疲労感以外はこれといった症状[naoru.com] 概念 慢性肝炎と診断する患者は、急性肝炎と比較して経過が長く、治りにくく、病理組織学的には不可逆的な変化を残すという病態をもっている。 l 慢性肝炎診断基準 (犬山分類 1994) 慢性肝炎とは 6ヶ月以上の肝機能異常とウィルス感染が持続している病態をいう。[kanazawa-med.ac.jp] 代表的なものがB型慢性肝炎とC型慢性肝炎です。それぞれB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスの持続感染でおこります。 慢性肝炎の多くはほとんど症状がありません。[kotobank.jp]

さらなる症状

類似した症状