Create issue ticket

考えれる1,789県の原因 体重増加

  • 過食

    体重増加や肥満をまねく。 またビンジ・イーティング(Binge eating)、ドカ食い、むちゃ食いとは無秩序な摂食パターンの一つであり、コントロール不能な摂食エピソードに特徴づけられる。これは摂食障害で一般的であり、それには神経性大食症とむちゃ食い障害(過食性障害,ビンジ・イーティング障害)が含まれる。[ja.wikipedia.org] 食事や体重増加に対する不安や恐怖、歪んだ認識によって、異常な行動とともに著しい痩せや体重増加などの身体症状を認めます。 痩せることや食事のカロリーに対する異常な拘り、痩せるために過激な運動をするなどの徹底した努力も見られます。一方、体重が増えることに対する強い恐怖心があるため、体重の一時的な増加により不安感や抑うつ気分が出現します。[shonan-yoshida-cl.jp] 自己不全感、体重増加への不安、むちゃ食いへの罪悪感を伴い、自傷行為やアルコール乱用など自己破壊的行為や万引き、性的逸脱などの衝動行為がみられることがあります。[felien.co.jp]

  • 卵巣嚢胞

    こちらは男性ホルモンの誘導体なので、ニキビや体重増加などの副作用があります。GnRHアナログ療法とダナゾール療法では月経を止めるため、治療中は 子宮内膜症 による月経痛や病気の進行は止まります。ただし、治療を中止すると再び月経が始まり、 子宮内膜症 が進行する可能性はあります。 Q11 子宮内膜症は再発しやすいのですか?[is-lady.com] ディナゲストは最も新しい黄体ホルモン製剤で、むくみ・体重増加といった従来の黄体ホルモン製剤につきものであった男性ホルモン作用がないことが特徴です。長期間でも安心して服用していただけます。 ②月経血の腹腔内への逆流を防止する 月経血は膣へ流れるだけと思っている人、多くないでしょうか?[hashima-hp.jp] 最も重要なのは体重増加と関係があるらしいということです。多嚢胞性卵巣は、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンに感受性が強く、肥満の女性は痩せている女性よりもインスリンの分泌が多いことから、たまたま多嚢胞性卵巣を持って生まれた女性が太ると卵巣にとって悪い方向へ向かうと考えられます。[kamiyaclinic.com]

  • 更年期障害

    ちょっとした出血、あるいは乳房のはり感、多少の体重増加などですが、その多くは解決が可能です。 癌との関連性について HRTの中心は卵胞ホルモン(エストロゲン)ですが、エストロゲンは子宮や乳房の細胞を増殖させる作用があります。その結果、子宮体癌の原因になるのではないかと懸念されていました。[shinsaibashilc.com]

  • うつ病

    食事療法をしていないのに、有意の体重減少、または体重増加(例:1ヵ月で体重の5%以上の変化)。またはほとんど毎日の食欲の減退または増加。 注: 子どもの場合、期待される体重増加が見られないことも考慮せよ。 ほとんど毎日の不眠または過眠。[e-heartclinic.com] 【表1】DSM-5におけるうつ病の診断基準 A.以下の症状のうち、(1)あるいは(2)を含む5つ以上の症状が同時に2週間以上存在し、社会的・職業的機能の障害を起こしていること (1) 抑うつ気分 (2) 興味または喜びの喪失 (3) 食欲低下、体重減少(あるいは過食、体重増加) (4) 不眠(または過眠) (5) 焦燥または精神運動抑制 ([do-yukai.com] それに対し「非定型」ですが、特徴としては、良いことに対しては気分がよくなる、食欲は過食傾向で体重増加、過眠、ひどい倦怠感、他人からの批判に過敏、などがあります。「季節型」は「反復性」の一種で、特定の季節にうつ病を発症し季節の移り変わりとともに回復がみられます。[kokoro.mhlw.go.jp]

  • 胃食道逆流症

    経口摂取不良、体重増加不良は手術適応である。長らく放置されると、逆流性食道炎、食道潰瘍、その出血による貧血、食道狭窄などもおこってくる。 突然死の原因のひとつともされる。 検査 食道胃透視、24時間食道phモニターで検査する。 食道胃透視 で逆流が確認できる程なら、高度の胃食道逆流である。軽度の逆流は透視では診断がつかない 。[nakano-kodomo.or.jp] 逆流が生じやすくなる要因には、体重増加、脂肪分の多い食べもの、カフェイン入り飲料や炭酸飲料、アルコール、喫煙、ある種の薬などがあります。下部食道括約筋の機能を妨げる薬の種類としては、抗コリン作用のある薬(多くの抗ヒスタミン薬や一部の抗うつ薬など)、カルシウム拮抗薬、プロゲステロン、硝酸薬などがあります。[msdmanuals.com] 体型への異常な認知と病的な没頭,などが挙げられます.体重増加を恐れるために,柑橘類や果汁を大量に消費する傾向にあり,外因性の酸蝕のリスクも高くなっています.拒食症の6〜10%以上の人が,10年後に何らかの原因により死亡するといわれています.[dentwave.com]

  • 甲状腺腫

    明らかでなく,女性に多く思春期や妊娠時に発症することが多い.甲状腺機能亢進症では一般にびまん性の甲状腺腫大を認めるが,同時に,頻脈,手指振戦,体重減少,食欲亢進,心悸亢進,暑がり,多汗,下痢,情動不安,易疲労感,希少月経,無月経などの臨床症状が認められる.機能低下症は主として橋本病に起因するが,びまん性結節性の甲状腺腫大とともに,寒がり,体重増加[kotobank.jp] バセドウ病の診断ガイドライン 甲状腺機能低下症の診断ガイドライン 無痛性甲状腺炎の診断ガイドライン 慢性甲状腺炎(橋本病)の診断ガイドライン 亜急性甲状腺炎(急性期)の診断ガイドライン バセドウ病の診断ガイドライン a) 臨床所見 1.頻脈、体重減少、手指振戦、発汗増加等の甲状腺中毒症所見 2.びまん性甲状腺腫大 3.眼球突出または特有の眼症状[japanthyroid.jp] 頻度の高い症状は、甲状腺機能亢進症では、甲状腺腫大、頻脈、多汗、暑がり、手の震え、動悸、体重減少、便回数増加や下痢、眼球突出、神経質やイライラ、月経異常などです。 甲状腺機能低下症では、甲状腺腫大、遅脈、寒がり、便秘、体重増加、むくみ、関節痛、痴呆、無気力、傾眠、眼瞼浮腫、月経異常などです。[phoenix.gr.jp]

  • 肥満

    73の研究のうち63にて(86%)、メディアに接する事が増えるほど子供の肥満が増加するとされ、、テレビ視聴時間の割合が増えるほど肥満が増加すると示されている。 テレビを見て過ごすことは、体重増加、過体重、肥満の危険因子として指摘されている。[ja.wikipedia.org] 抄録 レプチンは脂肪組織に由来する新しいホルモンであり,主に視床下部に発現するレプチン受容体に作用して強力な飽食シグナルを伝達するとともに,交感神経活動亢進によるエネルギー消費増大をもたらし,肥満や体重増加の制御に関与すると考えられている.一方,血中レプチン濃度は体脂肪量の増加に比例して上昇するため,肥満や肥満に合併する循環器・代謝疾患における[doi.org] 体重増加は日常生活でよく経験すること。スタイルの変化を気にする方は多いですが、蓄積した脂肪が病気を引き起こし、肥満症につながることは、意外に知られていないのではないでしょうか。過剰な脂肪の蓄積は、さまざまな病気に近づいている状態ともいえます。これからはBMIの数値と一緒に起こりうる合併症なども意識して、肥満を予防していく時代です。[healthcare.omron.co.jp]

  • 内因性うつ病

    または食欲増加体重増加 不眠または睡眠過多 焦燥または制止 易疲労感または気力の減退 無価値感または罪責感 思考力や集中力の減退または決断困難 死への反復思考、自殺念慮、自殺企図、自殺の計画 双極性障害 大うつ病エピソードを伴う さらに、躁状態の時期があるのが特徴 躁状態がはっきりしている「双極性Ⅰ型障害」と、躁状態がはっきりしない「双極性[stella-cl.com] 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1ヵ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加。 注:小児の場合、期待される体重増加がみられないことも考慮せよ。 ほとんど毎日 の不眠または睡眠過多。[mhlw.go.jp] 著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1カ月で体重の5%以上の変化)、または食欲の減退または増加 4. 不眠または睡眠過多 5. 精神運動性の焦燥または制止 6. 易疲労性、または気力の減退 7. 無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感 8.[shingaclinic.com]

  • メタボリックシンドローム

    メタボリックシンドローム(英: Metabolic syndrome)とは、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・脂質異常症のうち2つ以上の症状が一度に出ている状態をいう。日本語に訳すと代謝症候群、単にメタボとも言われる。 以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。WHO、アメリカ合衆国、日本ではそれぞれ診断基準が異なる。[…][ja.wikipedia.org]

  • 低血糖症

    低血糖症(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 低血糖症は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は低血糖症に準じた対応をする。しかし厳密には血糖値が低いだけでは低血糖症と診断するべきではなく交感神経刺激症状や中枢神経症状が存在し、かつ血糖値が60 70mg/dlの時を低血糖症という。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状

類似した症状