Create issue ticket

考えれる86県の原因 体温低下, 偶発的な低体温症, 昇圧

つまり: 体温低下, 偶発的, 低体温症, 昇圧

  • 敗血症

    悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 全身麻酔

    体温 [ 編集 ] 麻酔中は熱喪失の増大と熱産生の低下、および 体温 調節機構の 閾値 低下により 低体温症 になりやすい。 周術期 における低体温はよくみられる症状であるが、36 以下になると、出血量・ 輸液 量増加、 止血 ・ 凝固系 の異常、術創部 感染 率増加( 免疫 能低下)、 心筋 虚血 発生率の有意な増加などをもたらす。[ja.wikipedia.org] 麻酔科ではいわゆる麻酔薬の他にも昇圧剤や抗コリン薬など多種多様な薬剤を用い、中には麻薬(オピオイド系鎮痛剤)や毒物(一部の筋弛緩剤)に含まれる薬剤もある。手術の際にはそれらの薬剤を事前に用意しておき、手術患者の状態に合わせて適切な薬剤、適切な量を素早く判断し投与する必要があるため、薬物の専門的な知識が必須である。[ja.wikipedia.org] 体温 [ 編集 ] 麻酔中は熱喪失の増大と熱産生の低下、および 体温 調節機構の 閾値 低下により 体温 になりやすい。 周術期 における低体温はよくみられる症状であるが、36 以下になると、出血量・ 輸液 量増加、 止血 ・ 凝固系 の異常、術創部 感染 率増加( 免疫 能低下)、 心筋 虚血 発生率の有意な増加などをもたらす。[ja.wikipedia.org]

  • 低体温症

    抄録 偶発性低体温症は,寒冷環境に暴露され深部体温低下した状態であり,体温が低くなるほど死亡率が高いとされている.今回我々は,当初意識障害および高度低体温により救急搬送され,後に軽微な外力により頸髄損傷を合併していたことが判明した症例を経験したので報告する.症例は70歳代女性.意識障害および高度低体温により当院救急外来に搬送された.来院時直腸温[doi.org] しかし、自律的な体温調節の限界を超えて寒冷環境に曝され続けたり、何らかの原因で体温保持能力が低下したりすると、恒常体温の下限を下回るレベルまで体温低下し、身体機能にさまざまな支障を生じ多臓器不全にいたる。この状態が低体温症である。[ja.wikipedia.org] 抄録 偶発性体温 accidental hypothermia の日本における現況を把握するため, 昭和58, 59年度に, 北海道, 青森, 岩手, 山形, 新潟, 東京, 神奈川, 山梨の8地区を選び, アンケート調査を行った. アンケート発送数5743通, 回答数1697通, 症例数74例であった.[doi.org]

    不足: 昇圧
  • 急性アルコール中毒

    体温低下しないように毛布を掛けるなど保温に気を配る。 飲酒量として1時間ほどで、日本酒で1升、ビールで10本、ウイスキーならボトル1本程度飲んで酔いつぶれた場合には、生命にかかわる危険があるのですぐに救急車を呼ぶべきである。その際意識のしっかりした付添人が1名必要である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • 高血圧症

    このアルドステロンの働きによって、腎集合管でのナトリウムの再吸収を促進し、これによって体液量が増加する事により、昇圧作用をもたらす。また、脳下垂体に作用し利尿を抑えるホルモンである抗利尿ホルモンであるバソプレッシン(ADH)の分泌を促進し、水分の再吸収を促進することにより、昇圧作用をもたらす。[ja.wikipedia.org] アンジオテンシンはポリペプチドの一種で、昇圧作用を持つ生理活性物質である。アンジオテンシンI〜IVの4種がある。うち、アンジオテンシンII〜IVは心臓収縮力を高め、細動脈を収縮させることで血圧を上昇させる。[ja.wikipedia.org] アンジオテンシンI は昇圧作用を有さず、アンジオテンシンII が最も強い活性を持つ。(アンジオテンシンIII は II の4割程度の活性で、IV は更に低い)。 アンジオテンシンII は副腎皮質にある受容体に結合すると、副腎皮質からのアルドステロンの合成・分泌が促進される。[ja.wikipedia.org]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症
  • 肥満

    肥満中枢を刺激して食欲を抑制するレプチン、インスリン受容体の感受性を良くするアディポネクチンの分泌低下、血液凝固を促進する物質(en:plasminogen activator を阻害して血液凝固の溶解を阻害する物質)、単球やリンパ球の遊走を引き起こす単球走化性タンパク質(monocyte chemoattractant protein)、昇圧作用[ja.wikipedia.org]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症
  • 妊娠

    -本剤はベンゾジアゼピン系薬剤の一つで、胎盤を通過して胎児へも移行し、新生児の低血圧、呼吸機能低下、低体温を見る場合がある。この系統の薬剤では新生児の離脱症候群も報告。[drugsinfo.jp]

    不足: 偶発的な低体温症 昇圧
  • 黄色ブドウ球菌

    昇圧剤、輸血、蛋白分解酵素阻害薬などの対症療法のほか、毒素の除去および急性腎不全に対する治療のために血漿交換や持続的血液濾過透析などの血液浄化法を行う。[ja.wikipedia.org]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症