Create issue ticket

考えれる86県の原因 体温低下, 偶発的な低体温症, 昇圧

つまり: 体温低下, 偶発的, 低体温症, 昇圧

  • 全身麻酔

    麻酔科ではいわゆる麻酔薬の他にも昇圧剤や抗コリン薬など多種多様な薬剤を用い、中には麻薬(オピオイド系鎮痛剤)や毒物(一部の筋弛緩剤)に含まれる薬剤もある。手術の際にはそれらの薬剤を事前に用意しておき、手術患者の状態に合わせて適切な薬剤、適切な量を素早く判断し投与する必要があるため、薬物の専門的な知識が必須である。[ja.wikipedia.org] 体温 [ 編集 ] 麻酔中は熱喪失の増大と熱産生の低下、および 体温 調節機構の 閾値 低下により 低体温症 になりやすい。 周術期 における低体温はよくみられる症状であるが、36 以下になると、出血量・ 輸液 量増加、 止血 ・ 凝固系 の異常、術創部 感染 率増加( 免疫 能低下)、 心筋 虚血 発生率の有意な増加などをもたらす。[ja.wikipedia.org] 体温 [ 編集 ] 麻酔中は熱喪失の増大と熱産生の低下、および 体温 調節機構の 閾値 低下により 体温 になりやすい。 周術期 における低体温はよくみられる症状であるが、36 以下になると、出血量・ 輸液 量増加、 止血 ・ 凝固系 の異常、術創部 感染 率増加( 免疫 能低下)、 心筋 虚血 発生率の有意な増加などをもたらす。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 播種性血管内凝固症候群

    悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では低体温症となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org] 昇圧剤の選択 ドブタミンは充分な輸液がなされていないと血管拡張により血圧の低下を招きやすい。昇圧剤はノルアドレナリンを用いることが多い。 副腎不全対策 少量ステロイド療法を行うことがある。ハイドロコルチゾンならば、1日200〜300mgの3〜4分割または持続静注で7日間行う。[ja.wikipedia.org] 悪寒、倦怠感、鈍痛、認識力の低下、80%程度の患者で全身の炎症を反映して、著しい発熱を示すが、10-15%程度の患者では体温となる。末梢血管の拡張の結果、末梢組織に十分な栄養と酸素が届かず、臓器障害や臓器灌流異常、血圧低下が出現する。進行すれば錯乱などの意識障害を来たす。[ja.wikipedia.org]

  • 低体温症

    しかし、自律的な体温調節の限界を超えて寒冷環境に曝され続けたり、何らかの原因で体温保持能力が低下したりすると、恒常体温の下限を下回るレベルまで体温低下し、身体機能にさまざまな支障を生じ多臓器不全にいたる。この状態が低体温症である。[ja.wikipedia.org] 26.2 Cと高度低体温であったため,直ちに復温処置を行った.復温に伴い意識レベルは改善したが,C5領域以下の麻痺および感覚低下を認めたため,頸髄損傷を疑いMRIを施行.C5頸髄損傷と診断した.偶発体温による意識障害のため,頸髄損傷の神経学所見がマスクされていた可能性がある.偶発体温の症例では誘因として,頸髄損傷の存在を念頭におき[doi.org] 抄録 偶発性体温 accidental hypothermia の日本における現況を把握するため, 昭和58, 59年度に, 北海道, 青森, 岩手, 山形, 新潟, 東京, 神奈川, 山梨の8地区を選び, アンケート調査を行った. アンケート発送数5743通, 回答数1697通, 症例数74例であった.[doi.org]

    不足: 昇圧
  • 急性アルコール中毒

    体温低下しないように毛布を掛けるなど保温に気を配る。 飲酒量として1時間ほどで、日本酒で1升、ビールで10本、ウイスキーならボトル1本程度飲んで酔いつぶれた場合には、生命にかかわる危険があるのですぐに救急車を呼ぶべきである。その際意識のしっかりした付添人が1名必要である。[ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • 黄色ブドウ球菌

    昇圧剤、輸血、蛋白分解酵素阻害薬などの対症療法のほか、毒素の除去および急性腎不全に対する治療のために血漿交換や持続的血液濾過透析などの血液浄化法を行う。[ja.wikipedia.org]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症
  • 甲状腺機能低下症

    全身の活動が低下し無力感を持ったり低体温になる。皮膚の活動の低下により発汗が減少、それに加え低体温であるため皮膚が乾燥する。代謝が低下することにより皮下に粘液状の物質が沈着し浮腫む。この浮腫みは粘液状物質でできているので粘液水腫と言う。この場合見られる浮腫みは、指で押しても全く圧痕を残さない。[ja.wikipedia.org]

    不足: 昇圧
  • 低血圧

    昇圧剤: 通常昇圧作用としては、血管のα1受容体を刺激することにより、末梢血管の緊張を高め、血管を収縮させて血圧を上昇させる作用か心臓のβ受容体を刺激して心臓から出る血液量を増加させ血圧を上げる作用からなります。[apha.jp] 昇圧剤の多くは、過量投与により過度の昇圧、頻脈、不整脈を引き起こし、中枢神経刺激作用によって、不眠、興奮状態を生じることがあります。 ・塩酸ミドドリン(メトリジン) ・・・動脈系に直接作用(α1受容体)して収縮させる。心臓や脳の血管には作用しない。 甲状腺機能亢進症、褐色細胞腫のある患者には投与しない。[apha.jp]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症
  • 緑内障

    抗コリン薬以外では、抗パーキンソン薬のレボドパ製剤、狭心症治療薬の硝酸薬、昇圧薬のリズミックなどが 緑内障のタイプによっては使用できません。また、プレドニンに代表されるいわゆるステロイド薬は、絶対的な禁忌には当たりませんが、必要性が低いのならできるだけ避けるようにします。[okusuri110.com]

    不足: 体温低下 偶発的な低体温症