Create issue ticket

考えれる244県の原因 低血糖発作

  • 低血糖症

    発作血糖(50 mg/dL以下) 中枢神経症状を伴う血糖発作 ブドウ糖の静脈注射による急速な回復 症状は、空腹・欠伸・悪心で始まり、倦怠感が強くなり、やがて発汗などの交感神経症状が現れる。さらに血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org] 50 mg/dLをきっても発動しないようになると、血糖発作をおこさないまま精神症状がはじまる。10-20 mg/dLをきっても発動しなくなると、血糖発作をおこさないまま意識がなくなり死亡することもある。[ja.wikipedia.org] 逆に、管理が適正に行われていない糖尿病患者などにおいては、あまりに高血糖状態が続くため、100 mg/dL前後のような普通は血糖とはみなされないような濃度でも血糖発作をおこしてしまう。これは脳のGLUT1トランスポーターが調整過剰になっているためである。[ja.wikipedia.org]

  • 膵島細胞増殖症

    親和性・高結合能の自己抗体と、高親和性・結合能の自己抗体の2種類があり、前者が血糖発作に関連する。 空腹時血糖とそれによる低血糖症状(動悸・冷汗・ふるえなど)を起こす。血糖は一過性で、30%は一ヶ月以内に、40%は3ヶ月以内に回復するが、一部の患者は1年以上軽度の血糖発作が続く。[ja.wikipedia.org] 約半数において、血糖発作の4-6週間前に、-SH基のような官能基を持つ薬剤(メチマゾール・カルビマゾール・ペニシラミン・カプトプリル・グルタチオン・イミペネムなど)を投与されているため、薬剤誘起性の自己免疫現象と言われている。[ja.wikipedia.org] 日本人の患者では、自然発生的な血糖発作の原因としては、インスリノーマ・膵外腫瘍についで3番目に多い。60歳代の発症が多いが、バセドウ病の若い女性患者も少なくない。男女差はない。 本症候群の日本人患者の96%が、HLA-DR4を持つ(HLA-DR4をもつ日本人は43%)。[ja.wikipedia.org]

  • 薬物性低血糖症

    薬剤と関係ない場合、 頻回に食事(1日6分割食など) 血糖発作時以外には甘い食物を避ける 食後のインスリンレベルを下げるために、αグルコシダーゼ阻害薬が有効なことありますが、逆に 血糖 を悪化させる危険もあります。[nagasaki-clinic.com] 血糖発作の際摂取するブドウ糖は10gが目安 ブドウ糖は、薬局などで市販されています。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、さまざまな種類があります。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、手軽に補給できて他の添加物が無いものがお勧めです。 なお低血糖が起きたとき、補給するブドウ糖の目安は10g程度です。[medicalnote.jp] 報告例では、5ヶ月後に起こり、メルカゾール減量と6分割食により、 血糖発作 が減少し、甲状線手術に移行できたそうです。[nagasaki-clinic.com]

  • 急性膀胱炎

    )、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson 症候群)(0.1%未満) ・薬剤性過敏症症候群(頻度不明) ・急性膵炎(頻度不明) ・偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(頻度不明) ・重度の肝障害(頻度不明) ・急性腎不全、間質性腎炎(頻度不明) ・無菌性髄膜炎、末梢神経炎(頻度不明) ・間質性肺炎、PIE症候群(頻度不明) ・血糖発作[gohongi-clinic.com] (頻度不明) ・高カリウム血症,ナトリウム血症(頻度不明) ・横紋筋融解症(頻度不明) その他の副作用 ・発疹(0.1 3%) ・蕁麻疹、そう痒感、発赤、紅斑、腫脹、発熱(0.1%) ・関節痛(頻度不明) 引用元 塩野義製薬株式会社「バクタ配合錠・配合顆粒錠」添付文書より バナン 製薬会社名 第一三共株式会社 主成分 セフポドキシム プロキセチル[gohongi-clinic.com]

  • 起立性低血圧

    糖尿病の治療中に血糖発作を起こし めまいを訴える事がある。血糖の治療には50%のブドウ糖液を適量静脈注射する。この心臓から脳に行っている酸素やエネルギー源となる砂糖が減少した状態がdizzinessである。患者がこの状態を訴える場合にいろいろな表現をする。[newton-doctor.com] 血液中のブドウ糖濃度が低下する血糖の状態やてんかん発作でも、意識を失い、倒れ込んでしまいますが、これらは失神には該当しません。ただし医師は、意識を失った患者さんを診るときには、失神ばかりでなく、低血糖やてんかんの可能性も考慮して診療します。 原因は? 失神を起こす原因を表1にまとめました。[saiseikai-toyama.jp]

  • 膵島細胞腫瘍

    尚、ジアゾキサイド不応性の先天性高インスリン血症に対して、現在保険未承認であるオクトレオチド(サンドスタチン)を持続皮下注射ポンプを用いて血糖安定化を行う治療もあります。 血糖発作が起こると 【成人の場合】 経験した血糖の症状 ・冷汗がでる。 ・集中力が低下しできることができない。 ・思考力が落ち考えがまとまらない。[suitousaiboukai.com] 【検査と診断】 病的な低血糖は、(1)空腹時に前述の症状を伴い、(2)血糖値の低下が証明され(大まかな目安として50mg/dl以下)、(3)血糖を上昇させる処置により症状が改善するもの、と定義されています。血糖発作時に血中インスリンが高値であれば、インスリノーマが疑われます。 【治療の方法】 手術による腫瘍の切除が第一です。[yomidr.yomiuri.co.jp] 検査と診断 病的な低血糖は(1)空腹時に前述の症状を伴い、(2)血糖値の低下が証明され(大まかな目安として50 /dl以下)、(3)血糖を上昇させる処置により症状が改善するもの、と定義されています(ウィップルの3徴)。血糖発作時に血中インスリンが高値であれば、インスリノーマが疑われます。[medical.itp.ne.jp]

  • 低血糖性脳症

    非糖尿病性低血糖性昏睡 低血糖昏睡 非糖尿病性低血糖性昏睡 その他の低血糖症 高インスリン血症 小児特発性血糖血糖性脳症 島ベータ細胞過形成症 インスリン自己免疫症候群 ケトン性血糖血糖症,詳細不明 血糖発作 血糖 夜間低血糖症[scuel.me] 糖尿病患者の場合、血管障害性の合併症を併発していることが多く、血糖発作による眼底出血や心筋梗塞、脳梗塞などにも注意が必要です。また、統計上、スルホニル尿素薬による血糖や飲酒を起因とする低血糖性昏睡の場合は、死亡に至ったり脳障害を残すこともあるとされています。[kango-oshigoto.jp] 平成15年に繰り返す血糖発作にて入院、インスリノーマが疑われ精査を行うも有意な所見なく反応性血糖の診断であった。平成20年頃より血糖発作頻回となったが、食後血糖であること、糖負荷試験などの結果から反応性低血糖と考え、アカルボース投与にて経過観察していた。[ogaki-tv.ne.jp]

  • 失神

    血糖発作 糖尿病の治療の有無の問診だけでなく、血糖値測定は心電図と共に施行することが必要である。 容量性失神 脱水や出血がある場合は起こりえる。いずれも高齢者に多い。出血の場合はメレナ(出血による黒い便)や腹痛の有無を確認する。 嚥下性失神 食物を飲み込むと発生する。[ja.wikipedia.org] それからその他の原因としてはてんかん発作血糖や副腎不全などの内分泌異常によるもの、極度の貧血、ヒステリーや過換気症候群などによるものなどさまざまな原因があります。[itsuki-hp.jp] 一過性の意識障害をおこす疾患には血糖、脳の一過性虚血発作などがあります。救急外来を担当する医師は神経疾患にくわしいとは限りません。意識障害の原因としててんかんは重要な疾患ですが、けいれんが明らかでなかった場合に見逃されることが増えているようです。注意深く問診すれば多くは鑑別が可能で適切な検査を行うことが診断に結びつきます。[y-clinic.com]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    糖尿病患者の場合、血管障害性の合併症を併発していることが多く、血糖発作による眼底出血や心筋梗塞、脳梗塞などにも注意が必要です。また、統計上、スルホニル尿素薬による血糖や飲酒を起因とする低血糖性昏睡の場合は、死亡に至ったり脳障害を残すこともあるとされています。[kango-oshigoto.jp] 血糖発作の際摂取するブドウ糖は10gが目安 ブドウ糖は、薬局などで市販されています。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、さまざまな種類があります。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、手軽に補給できて他の添加物が無いものがお勧めです。 なお低血糖が起きたとき、補給するブドウ糖の目安は10g程度です。[medicalnote.jp]

  • 内分泌機能不全

    低血糖に関わる ホルモンの種類 関連する ホルモンの病気 特徴 インスリン インスリノーマ 膵臓からは血糖値を下げるインスリンが分泌されます。インスリンをたくさん出す腫瘍をインスリノーマといい、血糖発作の原因となります。 コルチゾール 副腎不全 副腎からは血糖値を上げるコルチゾールというホルモンが出ています。[dmic.ncgm.go.jp]

さらなる症状