Create issue ticket

考えれる389県の原因 低血糖発作

  • 低血糖症

    発作血糖(50 mg/dL以下) 中枢神経症状を伴う血糖発作 ブドウ糖の静脈注射による急速な回復 症状は、空腹・欠伸・悪心で始まり、倦怠感が強くなり、やがて発汗などの交感神経症状が現れる。さらに血糖が進行すると、異常行動が出現し、深昏睡に至る。[ja.wikipedia.org] 50 mg/dLをきっても発動しないようになると、血糖発作をおこさないまま精神症状がはじまる。10-20 mg/dLをきっても発動しなくなると、血糖発作をおこさないまま意識がなくなり死亡することもある。[ja.wikipedia.org] 逆に、管理が適正に行われていない糖尿病患者などにおいては、あまりに高血糖状態が続くため、100 mg/dL前後のような普通は血糖とはみなされないような濃度でも血糖発作をおこしてしまう。これは脳のGLUT1トランスポーターが調整過剰になっているためである。[ja.wikipedia.org]

  • 膵島細胞増殖症

    親和性・高結合能の自己抗体と、高親和性・結合能の自己抗体の2種類があり、前者が血糖発作に関連する。 空腹時血糖とそれによる低血糖症状(動悸・冷汗・ふるえなど)を起こす。血糖は一過性で、30%は一ヶ月以内に、40%は3ヶ月以内に回復するが、一部の患者は1年以上軽度の血糖発作が続く。[ja.wikipedia.org] 約半数において、血糖発作の4-6週間前に、-SH基のような官能基を持つ薬剤(メチマゾール・カルビマゾール・ペニシラミン・カプトプリル・グルタチオン・イミペネムなど)を投与されているため、薬剤誘起性の自己免疫現象と言われている。[ja.wikipedia.org] 日本人の患者では、自然発生的な血糖発作の原因としては、インスリノーマ・膵外腫瘍についで3番目に多い。60歳代の発症が多いが、バセドウ病の若い女性患者も少なくない。男女差はない。 本症候群の日本人患者の96%が、HLA-DR4を持つ(HLA-DR4をもつ日本人は43%)。[ja.wikipedia.org]

  • 過食

    嘔吐に伴う症状としては、 むくみ 、 脱水 、 唾液腺 の 腫れ 、 テタニー (痺れ)、 胼胝 (吐きタコ)、口腔や食道・胃の損傷、電解質異常( カリウム血症 など)による腎機能・心機能低下(不整脈、心臓発作による突然死等)、 歯牙酸蝕症 (歯が溶ける)、 う蝕 (虫歯)、 血糖 、 低血圧 、全身倦怠感など。[ja.wikipedia.org]

  • 薬物性低血糖症

    トップ No.4766 質疑応答 臨床一般 血糖発作の治療法 【Q】 胃切除術を受けていないが後期ダンピング症候群(機能性血糖)を呈する64歳の女性。10年前よりときどき血糖発作を起こし,ブドウ糖を口腔より投与しています。[jmedj.co.jp] 血糖の重要な所見としてはWhippleの3徴が有名である。すなわち、 ①空腹時の血糖発作、 ②血糖の証明、 ③ブドウ糖投与による症状の改善 である。 これらは インスリノーマ の所見として有名であるが、インスリノーマに特有のものではなく、空腹時低血糖症に一般的に認められる所見である。[naoru.com] 薬剤と関係ない場合、 頻回に食事(1日6分割食など) 血糖発作時以外には甘い食物を避ける 食後のインスリンレベルを下げるために、αグルコシダーゼ阻害薬が有効なことありますが、逆に 血糖 を悪化させる危険もあります。[nagasaki-clinic.com]

  • 急性膀胱炎

    )、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson 症候群)(0.1%未満) ・薬剤性過敏症症候群(頻度不明) ・急性膵炎(頻度不明) ・偽膜性大腸炎等の血便を伴う重篤な大腸炎(頻度不明) ・重度の肝障害(頻度不明) ・急性腎不全、間質性腎炎(頻度不明) ・無菌性髄膜炎、末梢神経炎(頻度不明) ・間質性肺炎、PIE症候群(頻度不明) ・血糖発作[gohongi-clinic.com] (頻度不明) ・高カリウム血症,ナトリウム血症(頻度不明) ・横紋筋融解症(頻度不明) その他の副作用 ・発疹(0.1 3%) ・蕁麻疹、そう痒感、発赤、紅斑、腫脹、発熱(0.1%) ・関節痛(頻度不明) 引用元 塩野義製薬株式会社「バクタ配合錠・配合顆粒錠」添付文書より バナン 製薬会社名 第一三共株式会社 主成分 セフポドキシム プロキセチル[gohongi-clinic.com]

  • 不十分な食事療法

    身体の中の糖質を早く枯渇させるため血糖発作を起こしやすくさせる運動です。有酸素運動は脂質代謝系の運動のためある一定の時間運動をおこなうと身体の脂肪を分解し、エネルギーに変換して身体を動かすことができるため血糖発作を起しにくい運動であり糖尿病の方には安全な運動であるといえます。また、末梢インスリン感受性も有酸素運動において改善します。[ssl.kotobuki-pharm.co.jp] さらに、のみ薬やインスリンで治療する場合の死亡率を考えるとき課題となるのは、血糖発作と癌です。最近の大規模な研究では、総死亡率でみるとHbA1c値7.1%(JDS)が最も死亡率が低く、それより高くても低くても死亡率が上がること、死亡率の曲線がJやUカーブを描くことが明らかとなりました(図)。低いほど死亡率が上がるというのは驚きです。[low-carbo-diet.com]

  • 低血糖症を伴った糖尿病

    トップ No.4766 質疑応答 臨床一般 血糖発作の治療法 【Q】 胃切除術を受けていないが後期ダンピング症候群(機能性血糖)を呈する64歳の女性。10年前よりときどき血糖発作を起こし,ブドウ糖を口腔より投与しています。[jmedj.co.jp] 糖尿病患者の場合、血管障害性の合併症を併発していることが多く、血糖発作による眼底出血や心筋梗塞、脳梗塞などにも注意が必要です。また、統計上、スルホニル尿素薬による血糖や飲酒を起因とする低血糖性昏睡の場合は、死亡に至ったり脳障害を残すこともあるとされています。[kango-oshigoto.jp] 血糖発作の際摂取するブドウ糖は10gが目安 ブドウ糖は、薬局などで市販されています。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、さまざまな種類があります。ゼリー状のものやタブレット状のものなど、手軽に補給できて他の添加物が無いものがお勧めです。 なお低血糖が起きたとき、補給するブドウ糖の目安は10g程度です。[medicalnote.jp]

  • 過換気

    をまた起こされたそうで、血糖発作などは否定され、そして今回も脳のCTなどでは異常がなく、インターネットでみて過換気症候群ではないかと心配されてお便りを出していただいたようです.それではこの方が過換気症候群であるかどうかは別にしてご依頼ですのでとりあえず過換気症候群についてご説明したいと思います.[itsuki-hp.jp] 、脳血管障害、血糖、てんかん、破傷風、低Ca血症をきたすさまざまな内分泌疾患、甲状腺機能亢進症など多彩な症状に合わせて各種疾患を鑑別する必要があります.このため心電図、脳波、肺機能検査、各種ホルモンの測定などを行う必要があります.また発作間欠期にもめまい、頭重感、胸痛、心悸亢進などの不定愁訴がみられることが多いようですのでそのような方は、[itsuki-hp.jp] お手紙拝見させていただきました.70歳の女性で基礎疾患として糖尿病があるそうですが、1年前の明け方4時頃に睡眠中突然手足をけいれんさせ苦しそうな呼吸をして意識がなくなる発作を起こされたそうです.この時は救急車で病院を受診されたとのことですが、朝には異常がなく、脳のCTやてんかんの検査などでは異常がなかったそうです.ところが最近同じような発作[itsuki-hp.jp]

  • 血管迷走神経性失神

    ・急性の意識障害の鑑別診断として,てんかん発作血糖発作,ヒステリー発作などが挙げられる. Copyright 1991, Igaku-Shoin Ltd. All rights reserved.[webview.isho.jp] 診察の結果、一過性意識消失の原因が他の診療科の病気(例えば、てんかん、血糖発作、ヒステリー等)が疑われる場合、該当診療科や場合により他の医療機関を受診していただきます。 診察の流れ 失神センターの外来は予約制となっております。 かかりつけ医療機関がない患者様はご予約の上受診してください。[marianna-toyoko.jp] 血糖発作 糖尿病の治療の有無の問診だけでなく、血糖値測定は心電図と共に施行することが必要である。 容量性失神 脱水 や出血がある場合は起こりえる。いずれも高齢者に多い。出血の場合は メレナ (出血による黒い便)や 腹痛 の有無を確認する。 嚥下性失神 食物を飲み込むと発生する。[ja.wikipedia.org]

  • 低血糖性脳症

    血糖発作は1,465 例(8.8%)で記録されていた。認知症の診断を受けたのは1,822例(11%)であった。 血糖イベントを発現しなかった患者に比べ、血糖発作を単回もしくは複数回発現した患者では、認知症リスクがイベント発現数に従って上昇した。[natureasia.com] 非糖尿病性低血糖性昏睡 低血糖昏睡 非糖尿病性低血糖性昏睡 その他の低血糖症 高インスリン血症 小児特発性血糖血糖性脳症 島ベータ細胞過形成症 インスリン自己免疫症候群 ケトン性血糖血糖症,詳細不明 血糖発作 血糖 夜間低血糖症[scuel.me] 糖尿病患者の場合、血管障害性の合併症を併発していることが多く、血糖発作による眼底出血や心筋梗塞、脳梗塞などにも注意が必要です。また、統計上、スルホニル尿素薬による血糖や飲酒を起因とする低血糖性昏睡の場合は、死亡に至ったり脳障害を残すこともあるとされています。[kango-oshigoto.jp]

さらなる症状