Create issue ticket

考えれる845県の原因 低血糖症, 敗血症性血栓性静脈炎

つまり: 低血糖症, 敗血, , 血栓性静脈炎

  • 低血糖症

    二次性低血糖症も多彩であり、下垂体機能不全、成長ホルモン分泌不全症、ACTH単独欠損症、副腎不全、敗血症、腎不全、肝不全、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、飢餓状態、ショック、非β細胞腫瘍(IGF-1またはIGF-2産出腫瘍)、褐色細胞腫の切除後などがあげられる。[ja.wikipedia.org] 糖尿病治療中やインスリノーマなどの疾患で血糖を頻発すると、あまりに頻繁に血糖状態を脳が検出するために、ある程度の血糖では回避システムが働かなくなってしまう。[ja.wikipedia.org] 血糖(ていけっとうしょう、英語: Hypoglycemia)とは、血糖値が低くなる状態である。 血糖は緊急疾患の可能性があるため通常は血糖値が70mg/dl未満の場合は血糖に準じた対応をする。[ja.wikipedia.org]

  • 敗血症

    治療 敗血症の原発巣が明らかな場合,積極的な膿瘍のドレナージや壊死組織の外科的除去(デブリドマン),中心静脈カテーテルなどの除去可能な医療器具の抜去など,局所コントロールが重要である.一方,原発感染巣が不明な敗血症の症例は慎重な経過観察が最も重要である.ほとんどの場合で輸液管理による容量負荷を施行すべきであり,酸素血やアシドーシスの補正[kotobank.jp] 感染症 菌血症 化学療法 (細菌) 新生児敗血症 菌血症、敗血症および敗血症性ショック メルクマニュアル 家庭版 敗血症高松赤十字病院 (PDF) 敗血症.com 日本集中治療医学会 敗血症情報サイト[ja.wikipedia.org] の補正 2.6 血糖 3.糖尿病による感染の罹患リスク 4.糖尿病治療での感染症の治療について [2]2型糖尿病(成人)における敗血症治療のアンメットニーズ 1.2型糖尿病患者における感染症の特徴 2.敗血症または重症感染症リスクとしての糖尿病 3.糖尿病足病変の予防と治療管理 4.今後期待される糖尿病足重症感染症の治療 第5節: 感染症領域[gijutu.co.jp]

  • 過換気

    そのほかに敗血症やビタミンB1欠乏,プロピレングリコール中毒,メトホルミンやアドレナリンなどの薬剤により,高乳酸血症とそれに伴うアシドーシスが引き起こされます。[jmedj.co.jp] 、てんかん、破傷風、Ca血をきたすさまざまな内分泌疾患、甲状腺機能亢進症など多彩な症状に合わせて各種疾患を鑑別する必要があります.このため心電図、脳波、肺機能検査、各種ホルモンの測定などを行う必要があります.また発作間欠期にもめまい、頭重感、胸痛、心悸亢進などの不定愁訴がみられることが多いようですのでそのような方は、普段より気をつけておく[itsuki-hp.jp] ,急性心筋梗塞, 肺血栓塞栓症 , 不整脈 4) 代謝性疾患 肝不全, 糖尿病 性ケトアシドーシス,腎不全,乳酸アシドーシス 5) 神経疾患 髄膜炎 ,脳梗塞,脳腫瘍 6) 薬剤誘発性 サリチル酸 ,メチルキサンチン誘導体,β 2 受容体刺激薬, プロゲステロン ,アルコール,カフェイン, ニコチン ,コカイン 7) その他 発熱 , 敗血症[primary-care.sysmex.co.jp]

  • 貧血

    ゼプ 敗血症のこと。英語で敗血症を意味するSepsisより。 敗血症性ショックを起こすことを「ゼプる」、「ゼプった」などと言う。 患者の症状を意味する医療現場の用語には他に、アテレクやタキル、ワゴるなどがある。 掻爬(そうは) 体表面や体腔内の組織を掻き出す(かきだす)こと。[job.nikken-mc.jp]

  • インスリン抵抗性

    治療にかかわる高齢者の2型糖尿病の特徴 長期にわたって治療を続けている高齢の方では、すでに糖尿病合併症をもっていたり、また、血糖に気づかず(無自覚血糖)に放置していたために認知やうつ症状がみられることがあります。[dm-town.com] 他にも脂肪肝、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org] 高齢の糖尿病患者に対しては、糖尿病合併症の予防を目的とした血糖管理目標値は確立されていませんが、日本では、高齢者という状況を考慮して合併症を引き起こすほどの強い高血糖を防止すること、認知やうつ症状、日常生活動作(ADL)の低下を引き起こすほどの血糖を回避することを主眼にしたガイドラインがあり、若い人より治療開始時の目標値が若干高めの設定[dm-town.com]

  • 心律動異常

    CO2ナルコーシス、低酸素症(睡眠時無呼吸) ・心臓/血管系機能障害 潜在的合併症:心不全・肺水腫/心拍出量減少/重症不整脈(律動異常) ・神経/感覚系機能障害 頭蓋内圧亢進/脳血管攣縮/消化管出血/感染 ・消化器/肝臓/胆道系機能障害 肝機能障害、消化管出血、麻痺性イレウス ・腎機能障害 腎不全 ・内分泌/代謝/免疫/造血器系機能障害 血糖[shorinsha.co.jp] 異常が認められた場合には投与中止〕【6】骨髄抑制〔汎血球減少,顆粒球減少等の骨髄抑制が,また,骨髄抑制の持続により易感染症,敗血症等が発現。定期的に血液検査を行う。異常が認められた場合には投与中止〕【7】口内炎〔粘膜炎,粘膜潰瘍,口腔内潰瘍等が発現。[medpeer.jp] チアノーゼ発作 水頭発作 上整脈 血糖 低カルシウム 周期性麻痺 甲状腺機能低下 胃食道逆流 (Sandifer 症候群) 胃食道逆流に合併して、頭を後ろにそらせる痙攣性異常姿勢がみられる) 反芻症(精神発達遅滞児にみられる) 薬物中毒 脳血管機能異常による発作 行動異常 頭打ち(ヘッドバッギング) 夜驚症 夢中徘徊 悪夢 憤怒発作 錯乱[aoitori-center.com]

  • 2型糖尿病

    厳しい、中等度、ゆるい血糖目標値の群を比較した1件の 試験 は、厳しい群と中等度の群とにほとんど 差 はなかったが、妊娠前半期の血糖が血糖コントロールの厳しい群で有意に多かった。ゆるいコントロール群では、妊娠高血圧腎の女性が有意に多く、帝王切開および巨大児が有意に多かった。[cochrane.org] 他にも脂肪肝、皮膚症状(糖尿病性リポイド類壊死)、創傷治癒能力の低下、易感染性(終末像は敗血症)などの症状が起こりやすい。 糖尿病はアルツハイマー型認知症のリスク要因となっている。インスリンの分泌を増やす糖質中心の食習慣、運動不足、内臓脂肪過多がアルツハイマー型認知症の原因となるアミロイドベータの分解を妨げているとしている。[ja.wikipedia.org] 母体には早産、妊娠高血圧症候群、羊水過多、尿路感染が、胎児には巨大児、新生児の血糖が起こりやすく、子宮内で胎児が死亡することもあります。さらに、妊娠前から血糖値が高かった可能性の強い場合には、流産しやすく、また生まれてきた子どもが先天奇形を合併しているケースもあります。[suzukinaika-clinic.jp]

  • うっ血性心不全

    Weaningできない症例に対しNPPVを用いると肺炎や敗血症性ショックの合併を減らし、ICU滞在日数と入院日数を減らし、90日生存率を改善させる。 手術後の呼吸不全 NPPVはマスク酸素投与に比べ、気管挿管への移行、ICU滞在、入院日数、院内死亡を減らした(肺切除後の患者が対象の研究)。[www2.nms.ac.jp] 術後低酸素血症に対しNPPVは肺炎や敗血症の発症を有意に減らし、死亡率を改善させる。 本学ICUにおいても術後呼吸不全に対するNPPVの成功率は最近では90%以上と非常に高く、有効な治療方法の1つである。 COPDの急性増悪 NPPV群で人工呼吸期間の短縮、ICU滞在日数の短縮、60日生存率に改善が認められた。[www2.nms.ac.jp]

  • 肝硬変

    大便が大腸内に溜まっているとアンモニアを発生させる細菌が増えたり、増えた細菌やエンドトキシンなどの細菌の一部が腸管から吸収されて全身をめぐり、敗血症や全身の感染症の原因となります。発熱の原因にもなります。 大便にはアンモニアが出来る原料の蛋白成分も未消化で残っていることもありますので、便が出にくいとこれらからアンモニアが発生してきます。[asakura-med.or.jp]

  • 肺塞栓症

    血栓静脈 血栓が下肢の表在性静脈にあり、同部に静脈炎を併発したものを血栓静脈という。子宮内膜炎など感染症に続発する。病変が外腸骨静脈から股静脈にかけ発生し、静脈炎を併発したものは有痛性白股症とよぶ。 症状 産褥7日目頃、下肢の強い放散痛、うっ血性浮腫、炎症性腫脹により発症する。[www2.nms.ac.jp] 関連項目 [ 編集 ] 血栓 血栓静脈 循環器学 高原直泰 抗血小板剤 抗凝固薬 外部リンク [ 編集 ] Venous thromboembolism - NICE Pathways 肺塞栓症 メルクマニュアル 車中泊の血栓症予防![ja.wikipedia.org] 犬では、自己免疫性溶血性貧血、敗血症、アミロイドーシス、腫瘍、ネフローゼ症候群、およびクッシング症候群によく随伴して起こるとされています。 胸部レントゲンで全く異常所見がないことが多く、確定診断は肺動脈造影または肺血流シンチで行いますが呼吸困難突発例ではほぼ実施困難です。 11.今回のシェーマです。[sagamigaoka-ac.com]

さらなる症状

類似した症状