Create issue ticket

考えれる619県の原因 低血糖症, 慢性肝炎

  • 肝硬変

    C型慢性肝炎・肝硬変とはどんな病気ですか? A. C型肝炎ウイルスの感染により肝臓の働きが悪くなる病気です。 C型慢性肝炎とは、肝炎を起こすウイルス(C型肝炎ウイルス)の感染により、6ヵ月以上にわたって肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。[c-kan.net] C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変の治療としては、従来からインターフェロン(IFN)製剤とリバビリン(RBV; コペガス 、 レベトール 他)との併用療法が推奨されてきた。[medical.nikkeibp.co.jp] 先進国では,ほとんどの症例が慢性の アルコール乱用 または C型慢性肝炎 によるものである。アジアおよびアフリカの一部地域では, B型慢性肝炎 による肝硬変がしばしばみられる。(B型およびC型肝炎に関する追加情報については 肝炎ウイルスの特徴 )。[msdmanuals.com]

  • 門脈性肝硬変

    K血Mg血アルブミン血血糖 神経:肝性脳症 [肝肺症候群] 肝硬変患者で肺内血管の拡張などにより低酸素脳症をきたすもの。[www2.nms.ac.jp] C型慢性肝炎・肝硬変を治療しないとどうなりますか? A. 徐々に肝炎は進行し、10 30年後には肝硬変や肝がんに移行しやすくなります。 C型慢性肝炎は軽い肝炎のまま経過するケースもありますが、約7割は徐々に病気が進行し、治療しないと10〜30年でその3〜4割が肝硬変、さらに肝がんに移行するといわれています。[c-kan.net] 慢性肝炎: 初期では細胞障害性T細胞(CTL)などの炎症性細胞が浸潤し、肝細胞壊死が起こり、肝再生のための細胞分裂が繰り返されます。次の段階では門脈域を中心とした線維化が進み、門脈域の拡大が起こります。[ds-pharma.jp]

  • 肝細胞癌

    下痢(血管作動性腸管ペプチド)や高脂血血糖、 多発性筋炎 、 RS3PE 、後発性ポルフィリンや異常 フィブリノーゲン 症、 高カルシウム血症 、赤血球増加症などがおこることもある。 検査 [ 編集 ] 腫瘍マーカー [ 編集 ] 腫瘍マーカー は以下がある。[ja.wikipedia.org] なお、当院肝臓専門外来では日頃より酒量が多く肝機能の心配な方、御家族に慢性肝炎、肝硬変のいらっしゃる方、生活習慣病の一つである脂肪肝を指摘された方についても的確な診療、生活指導を行っていますので遠慮なくご相談下さい。 担当:夏木 豊[sannou.or.jp] 肝細胞癌は、わが国にではその約90%が肝炎ウイルス感染を成因とする慢性肝炎やさらに線維化が進行した肝硬変を背景として発症します。肝細胞癌に関係する肝炎ウイルスの内訳は、C型肝炎ウイルス(HCV)が約70%、B型肝炎ウイルス(HBV)が約20%です。[jikeisurgery.jp]

  • ウイルス性肝炎

    米国・西ヨーロッパでは、HIV感染者の6 14%にB型肝炎の合併が報告されている 1)。 慢性B型肝炎は、小児期におけるHBV感染のみならず、成人での感染でも認めるが、免疫不全を有するものでは、さらに慢性肝炎へ移行する可能性が高くなる。HIV感染者に認めたHBV感染の約30%が慢性肝炎へ移行するといわれる。[idsc.nih.go.jp] 垂直感染したB型肝炎ウイルスは感染者肝臓や血液中に長時間とどまり、キャリアとなる。キャリアの10 20%は生涯のどこかの時期に慢性肝炎を発病するので、フォローアップが必要である。[ja.wikipedia.org] C型慢性肝炎の症状と経過: C型慢性肝炎は自覚症状に乏しい病気で,全身の倦怠感や食欲不振などの症状をうつたえる人は患者全体の約10%です。 C型肝炎慢性化すると発症してから10 20年の小康状態ののち、悪化し肝硬変そして肝臓がんへと新興していきます。 C型慢性肝炎の治療: インタ-フェロンやリバビリン(抗ウイルス剤)が使われます。[asahi-net.or.jp]

  • アルコール性肝疾患

    1-2 慢性肝炎の状態とは?定義 慢性肝炎とはどのような状態なのでしょうか。 慢性肝炎の定義とは... 慢性肝炎とは? 肝臓の炎症「肝炎」の6ヶ月以上の持続 持続的な炎症が起きている「慢性肝炎」が進行すると... 慢性肝炎とは、肝臓の慢性的な炎症が持続している状態・疾患です。炎症が持続する状態とはどのような状態なのでしょうか?[office-purej.com] ウイルス性肝炎の中で症状が長引く慢性肝炎に移行するのは、B型とC型です。慢性肝炎が持続すると肝硬変に進展し、更に肝癌が発生してきます。肝硬変への進展を抑えることは、肝癌発生の大きな予防となります。[nissay.co.jp] また、それぞれの病態に応じて、急性肝炎慢性肝炎、肝硬変に分類されます(例えばB型肝炎ウイルスによる急性肝炎の場合にはB型急性肝炎、また慢性肝炎、肝硬変の場合にはそれぞれB型慢性肝炎、B型肝硬変と診断されます)。慢性肝炎のうち、15%はB型慢性肝炎、70%はC型慢性肝炎、あと15%は自己免疫性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎などです。[city.fukuyama.hiroshima.jp]

  • 肝臓疾患

    肝臓の場合,肝臓表面の状態から慢性肝炎の進行具合や肝硬変との識別,肝ガンの早期発見から腹水の診断など幅広く利用されています。特にB型肝炎の場合,慢性肝炎から肝硬変や肝ガンに病状が進行することがありますので,定期的にこの検査を受けることが推奨されています。[adire-bkan.jp] 慢性肝炎慢性肝炎は肝臓での炎症が6ヶ月以上にわたって絶え間なく続いている状態をいいます。肝臓病の中で一番多いのがこの慢性肝炎で、一部は肝硬変へ進むことがあります。B型またはC型肝炎ウイルスの感染によるものが大部分です。[harasanshin.or.jp] 日本では肝細胞がんの患者さんの68%がC型肝炎ウイルスに感染しているという報告があります。C型肝炎ウイルスによるC型慢性肝炎、C型肝硬変では、肝細胞がんが発生しやすいといわれています。[saisanhp.com]

  • 転移性肝癌

    臨床症状 早期には肝癌による症状は乏しいが、進行例では①発熱、腹痛、②腹腔内出血、③腫瘍随伴症状、④肝外転移による他臓器症状(骨転移に伴う骨折など) l 腫瘍随伴症状:①代謝異常(血糖、高コレステロール血、高カルシウム血症、多血症)、②腫瘍による肝静脈閉塞のためBudd-Chiari症候群、③右房内腫瘍塞栓によるball-valve thrombus[kanazawa-med.ac.jp] 多くは数年から10数年かけて、慢性肝炎、肝硬変へと肝臓全体が発癌状態に変化してから肝癌が発生します。 そのため、癌発見時に、病変が1個とは限らず、複数個認めることもあれば、治療しても全く別の部位に新たに発生してくることもあります。 よって、病変部以外も詳しい検索と、治療後も長期的な経過フォロー、が大切です。[mito.jrc.or.jp] B 型慢性肝炎患者を経過観察すると、年率約0.5%の発癌者がみられ、10年後には5%の患者に肝癌がみられます。C 型慢性肝炎患者では、年率1%強で10年後には13%に発癌がみられ、10 年経過以後は年率1.5%と発癌率曲線がやや急峻になります。[bostonscientific.com]

  • 膵島細胞増殖症

    80%の症例で、他の自己免疫疾患を合併する(25%にバセドウ病を合併するほか、関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・血管炎・慢性肝炎などの合併も見られる)。 抗体に結合しているインスリンも一部測定されるため、血漿インスリンは1,000pmol/mL以上の高値を示し、時に150,000pmol/mLに達する例もある。[ja.wikipedia.org]

  • 肝不全

    カリウムの血中濃度の低下(カリウム血)や血糖値の低下(血糖)などの代謝異常がみられることもあります。[msdmanuals.com] 肝不全の原因 肝不全の原因となり得る疾患は、2008年の全国集計によると、C型慢性肝炎が約60%、B型慢性肝炎が約15%、アルコール性肝障害が約15%と、3つの原因で全体の90%を占めています。[saiseikai.or.jp] 初診時、肝障害の状態や原因を評価するための検査例 黄疸の所見から、急性肝不全を疑う場合、肝障害の程度の評価を行い、意識障害があれば、(高)血糖、高アンモニア血の確認を行う。肝障害の原因検索目的にHBs抗原、HCV抗体の確認を行う。肝委縮の有無、慢性肝障害の有無の評価や鑑別診断のため、腹部CTや腹部エコーなどの画像診断も併せて行う。  [clinicalsup.jp]

  • 脂肪肝

    HBV に小児期で感染すると持続感染となり、大部分は無症状で経過しますが約1割は慢性肝炎を発症します。成人の感染ではほとんどが急性肝炎で終わります。しかし、近年ジェノタイプAと呼ばれる外国からのHBVが増加し、10%が慢性化するといわれています。[nho-kumamoto.jp] C型慢性肝炎でもB型慢性肝炎でもありません。肝臓に脂肪がたまりフォアグラ状態になる脂肪肝です C型肝炎は画期的な経口薬が登場したことでほぼ全員、副作用もなく治ってしまいます。B型肝炎にも、新しい抗ウイルス剤が登場しました。 日本人の3人に1人が脂肪肝の時代です。従来は心配のない軽い病気と考えられてきました。[k-sarasara.com] しかし、最近、アルコールの飲酒歴のない脂肪肝であっても、進行性の臨床経過をたどって、慢性肝炎や肝硬変(リンク2参照)に進行したり、さらには肝臓癌を合併してくる場合があることがわかってきました。このような病態は、非アルコール性肝炎(NASH、 non-alcoholic steatohepatitis )と呼ばれます。[tyojyu.or.jp]

さらなる症状

類似した症状