Create issue ticket

考えれる51県の原因 低発熱

  • 上気道感染症
  • 急性副鼻腔炎
  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第5回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年11月4日 14:30 16:30 場所 厚生労働省専用18会議室(厚生労働省17階) 議事 高城生活習慣病対策室長補佐 それでは、若干定刻まで時間がございますけれども、本日御参集の委員の皆様はすべてそろわれておりますので、ただいまから第5回の「慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきます。[…][mhlw.go.jp]

  • 慢性疲労症候群

    しかし、 MCTD に基づく炎症の場合は、SLEにおける場合と同様に、赤沈亢進が著明でも、 CRP は陰性ないし、値を示すことが多い。 この点は、感染症による発熱との鑑別に有用である 」としている。”[cocurej.web.fc2.com] ・・・ところで 京大膠原病内科にいる慶応の三森は 「 MCTD に基づく炎症の場合は、SLEにおける場合と同様に、赤沈亢進が著明でも、CRP は陰性ないし、値を 示すことが多い。[cocurej.web.fc2.com] この点は、感染症による発熱との鑑別に有用である」 と言っているが 一方、”感染症の専門家”である結核予防会は 「また CRP値や 赤沈値が、診断だけでなく治療効果(治療中の活動性の推移)のモニタリングにおいても それほど鋭敏な指標ではないことは既に報告がある 。[cocurej.web.fc2.com]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 上顎洞炎
  • クローン病

    クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。 1932年にニューヨーク大学のマウントサイナイ病院の内科医ブリル・バーナード・クローンらによって限局性回腸炎として報告される。後に病名は改められたが回腸、特に回腸末端から盲腸にかけての回盲部に好発する点は確かである。[…][ja.wikipedia.org]

  • 慢性骨髄性白血病

    リンパ節の腫れ以外に自覚症状がある場合には倦怠感、脾腫による腹部膨満や寝汗、発熱、皮膚病変などが見られる。慢性リンパ性白血病のリスク群では無症状のまま無治療でも天寿を全うすることもあるが、病期が進行してくると貧血や血小板減少が進み、細菌や真菌などの日和見感染症や自己免疫疾患を伴うこともある。[ja.wikipedia.org]

  • 一酸化炭素中毒

    一酸化炭素中毒 (いっさんかたんそちゅうどく、別名 CO中毒 )とは、 一酸化炭素 に起因する中毒症状である。 原因 [ 編集 ] 発症機序は充分に解明されていない [1] が、次のように考えられている。一酸化炭素は酸素の約200 - 250倍も 赤血球 中の ヘモグロビン と結合しやすい [2][…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう、英: acute myelogenous leukemia; AML)は白血病の一種で、骨髄系の造血細胞が悪性腫瘍化し、分化・成熟能を失う疾患である。 正常な造血細胞は造血幹細胞から分化を始めた極初期にリンパ系と骨髄系の2系統に分かれ、それぞれ成熟していく。この造血細胞が腫瘍化したものが白血病であり、その中でも細胞が成熟能を失うものを急性白血病と呼ぶ。さらに急性白血病の中で白血病細胞に骨髄系への分化の傾向が見られるものを急性骨髄性白血病という。骨髄系への分化は早い段階で止まり、正常に成熟することはない。[…][ja.wikipedia.org]

さらなる症状