Create issue ticket

考えれる875県の原因 低発熱

  • 上気道感染症

    発熱、腹痛、血便は本来みられない。大量の下痢による水分喪失のために、脱水、循環器障害、無尿、カリウムによる腓腹筋や大腿筋の痙攣がみられる。潜伏期は、通常1 2日である。 【 腸チフス・パラチフス 】 感染すると持続する高熱がみられる。比較的徐脈(高熱のわりには脈が少ない)、バラ疹、脾腫が三主徴である。腸出血は危険な合併症である。[biseibutu.co.jp]

  • 急性副鼻腔炎

    内容 鼻の周囲の骨には4つの空洞(上顎洞、篩骨(しこつ)洞、前頭洞、蝶形骨洞)があり、これらは副鼻腔と呼ばれています。 急性副鼻腔炎(蓄膿症)はカゼなどのウイルス感染のあとに引き続いて、この副鼻腔が細菌感染をおこしたものです。炎症がひどい場合は眼への影響や髄膜炎(脳膜炎)を引き起こすケースもあります。 また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)に移行する場合もあるので早期に適切な治療が必要です。 症状 鼻づまり、頭痛、顔面痛、顔面腫脹やほおの圧痛や違和感が出現し、下を向いたりかがんだりすると症状がひどくなることがあります。[…][morishita-ent.com]

  • 慢性閉塞性肺疾患

    咳・痰の増加、発熱、息切れの悪化がとつぜん起き、重症化すれば酸素血症(酸欠)を起こし、呼吸不全によって命の危険がでてきます。急性増悪を経験すると、それが治ったあともそれ以前の肺機能の状態までは戻れず、その度に肺機能の低下が起きるという悪循環に陥り、大問題が発生します。したがってCOPD患者さんは、極力かぜには気をつけて欲しいものです。[kanazawa-med.ac.jp]

  • 慢性疲労症候群

    しかし、 MCTD に基づく炎症の場合は、SLEにおける場合と同様に、赤沈亢進が著明でも、 CRP は陰性ないし、値を示すことが多い。 この点は、感染症による発熱との鑑別に有用である 」としている。”[cocurej.web.fc2.com] ・・・ところで 京大膠原病内科にいる慶応の三森は 「 MCTD に基づく炎症の場合は、SLEにおける場合と同様に、赤沈亢進が著明でも、CRP は陰性ないし、値を 示すことが多い。[cocurej.web.fc2.com] この点は、感染症による発熱との鑑別に有用である」 と言っているが 一方、”感染症の専門家”である結核予防会は 「また CRP値や 赤沈値が、診断だけでなく治療効果(治療中の活動性の推移)のモニタリングにおいても それほど鋭敏な指標ではないことは既に報告がある 。[cocurej.web.fc2.com]

  • 伝染性単核球症

    伝染性単核球症(でんせんせいたんかくきゅうしょう、英: IM; Infectious mononucleosis)または伝染性単核症とは、主にEBウイルス(エプスタイン・バール・ウイルス・EBV)の初感染によって生じる急性感染症。 日本では2 - 3歳までの感染が70 %を占め、 20代では90 %以上がこのウイルスの抗体を持つ。アメリカでは幼児期の感染率は20[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性骨髄性白血病

    グレードを問わず頻繁にみられた副作用(30%以上)は、発熱性好中球減少症、便秘、疲労、血小板減少症、腹痛、浮動性めまい、出血、悪心、肺炎(真菌性肺炎を除く)、敗血症(真菌性敗血症を除く)、咳嗽、下痢、好中球減少症、背部痛、血圧、筋肉痛、口腔咽頭痛、末梢性浮腫、発熱および発疹でした。重篤なARは患者さんの85%にみられました7。[okinawatimes.co.jp]

  • 上顎洞炎

    こんにちは 浦和シティ歯科クリニックです 前回担当したブログでは、歯が原因の副鼻腔炎 “歯性上顎洞炎”についてご紹介いたしました。 今回は、その治療についてご紹介させていただきます 歯性上顎洞炎は、歯の根っこの先端(根尖)が上顎洞の近くにあり 細菌が歯の中(歯髄腔)に感染すると起こることがあります。 体の抵抗力より細菌の力が上回ると炎症が起き 腫れたり膿が溜まったり、歯の周りの骨が溶けてしまいます 炎症が強くなると痛みも伴います。。 そのため歯性上顎洞炎の治療は、体の抵抗力が細菌の力より上回るまで 歯髄腔の中の細菌を減らす“感染根管治療”を行うことになります。[…][urawa-h.com]

  • クローン病

    (Crohn病) 執筆者: Aaron E. Walfish, MD, Clinical Assistant Professor, Mount Sinai Medical Center David B. Sachar, MD, Clinical Professor of Medicine, Mount Sinai School of Medicine; Director (Emeritus), Dr. Henry D. Janovitz Division of Gastroenterology, The Mount Sinai Hospital 炎症性腸疾患 (IBD) 炎症性腸疾患の概要 クローン病 潰瘍性大腸炎[…][msdmanuals.com]

  • フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病

    3〜4 5〜6 リスク 中間-Ⅰリスク 中間-Ⅱリスク 高リスク 到達せず 14.2 4.0 1.5 Age-adjusted DIPSS(65歳未満): 発熱・夜間盗汗・体重減少の維持(2) Hb 10g/dL(2) WBC 25,000/μL(1) 末梢血芽球 1%(2) 0 1〜2 3〜4 5 リスク 中間-Ⅰリスク 中間-Ⅱリスク[jshem.or.jp] 2 3 リスク 中間-Ⅰリスク 中間-Ⅱリスク 高リスク 11.3 7.9 4.0 2.3 DIPSS/aaDIPSS (Blood. 2010 ; 115 : 1703) DIPSS: 年齢 65歳(1) 発熱・夜間盗汗・体重減少の持続(1) Hb 10g/dL(2) WBC 25,000/μL(1) 末梢血芽球 1%(1) 0 1〜2[jshem.or.jp] 表7 PMFの予後予測モデル 予後予測モデル 予後不良因子(スコア) 予後評価 スコアの合計 リスク分類 50%生存期間(年) IPSS (Blood. 2009 ; 113 : 2895) 年齢 65歳(1) 発熱・夜間盗汗・体重減少の持続(1) Hb 10g/dL(1) WBC 25,000/μL(1) 末梢血芽球 1%(1) 0 1[jshem.or.jp]

  • 慢性骨髄性白血病

    リンパ節の腫れ以外に自覚症状がある場合には倦怠感、脾腫による腹部膨満や寝汗、発熱、皮膚病変などが見られる。慢性リンパ性白血病のリスク群では無症状のまま無治療でも天寿を全うすることもあるが、病期が進行してくると貧血や血小板減少が進み、細菌や真菌などの日和見感染症や自己免疫疾患を伴うこともある。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状