Create issue ticket

考えれる76県の原因 低張尿

  • 尿路疾患

    多飲多尿の犬や猫は、高張尿を示すことは、まずありません。原発性の多飲の症例や下垂体性尿崩症では、尿を示します。腎性尿崩症では、等張尿から軽度濃縮尿を示します。原因がはっきりしないなら、血漿浸透圧測定、段階的な水制限試験、外因性抗利尿ホルモンに対する反応を調べる特別な検査が診断には必要です。[dogwan.jp] 尿が室温で30分以上放置されると、ウレアーゼ活性菌が増殖して、尿のpHが上昇します。赤血球、白血球、円柱が破壊されたり溶解したりもします。結晶の組成が変化することもあります。尿が赤血球や白血球を溶解する原因になって、赤血球の破壊はヘモグロビン尿と血尿が混在することになってしまいます。[dogwan.jp] 尿比重 1.001 1.007 尿 1.008 1.012 等張尿(血漿と同じ比重) 犬: 1.013 1.030 猫: 1.013 1.035 軽度濃縮尿 犬:  1.030 猫:  1.035 高張尿 尿比重と、動物の脱水状態、BUN値、クレアチニン値、現在の投薬内容を合わせて考えていきます。[dogwan.jp]

  • 腎性尿崩症

    体重に注意し,3%以上減少したら中止する.合成バソプレシンである合成AVP(DDAVP)を投与して反応をみることも行われる.腎性尿崩症では飲水制限にもかかわらず,尿が持続し,血液AVPは高値であり,DDAVPにも反応できない.[kotobank.jp] 所見として, (1)多量の尿(尿量3L/日以上, 尿浸透圧300mOsm/kg未満が多い), (2)血漿浸透圧・血清Naの上昇, (3)血漿AVP高値, をきたす. 合成AVPであるデスモプレシン(DDAVP)投与に対する反応が乏しい点で, 中枢性尿崩症や心因性多飲との鑑別が可能である. 腎性尿崩症は, 先天性と後天性に分類される.[med.m-review.co.jp] 尿、口渇、多飲の臨床症状とともに、尿検査にて多尿(3,000mL/日以上)、尿比重尿1.005以下、浸透圧尿 300 mmol/kg以下)を確認する。  尿崩症による多尿尿であるので、まず1)を確認することが第一歩となる。[clinicalsup.jp]

  • 高ナトリウム血症

    対象と方法:頭部外傷の治療経過中に尿の排出を認めた15例を対象とし,等Na濃度輸液を用いて水分バランスをプラスに維持するように管理した。尿が持続する症例ではarginine vasopressin (AVP)を併用して尿量を減少させたうえで体液量補正を行った。この結果,15例中13例で高Na血症への進展を回避できた。[jstage.jst.go.jp] 腎濃縮異常の患者には,典型的には大量の尿の排泄がみられる。水分喪失が腎外性の場合,水分喪失の経路はしばしば明白であり(例,嘔吐,下痢,大量発汗),尿中ナトリウム濃度は低い。 診断 診断は臨床的に行い,血清ナトリウム濃度の測定による。[msdmanuals.com] 代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 高尿酸血症

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 視床下部飲症性高ナトリウム血症症候群

    1日3L以上の薄い尿が出て、口渇・多飲・多尿の脱水症状がおこります。 尿;尿比重1.008 1.012(血漿成分と同じ等尿)以下]が出て、尿浸透圧低下 血漿浸透圧 は、脱水のため上昇 血漿バソプレシン(AVP)値値 MRIで下垂体後葉の信号が低下、あるいは視床下部から下垂体へ至る経路が途中で途絶します。[nagasaki-clinic.com] A 尿 B 尿酸血症 C 低アルドステロン D 低コルチゾール E 低サイロキシン 問題6 Kの細胞内シフトにより低K血症をきたすものはどれか.2つ選べ. A Basedow病 B 偽性アルドステロン症 C インスリン D サイアザイド系利尿薬 E アルコール多飲 問題7 次のうちPTHが高値とならない疾患はどれか.1つ選べ.[igaku-shoin.co.jp] 腎濃縮異常の患者には,典型的には大量の尿の排泄がみられる。水分喪失が腎外性の場合,水分喪失の経路はしばしば明白であり(例,嘔吐,下痢,大量発汗),尿中ナトリウム濃度は低い。 診断 診断は臨床的に行い,血清ナトリウム濃度の測定による。[msdmanuals.com]

  • 乳糖不耐症

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 骨粗鬆症

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム血症

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 内分泌機能不全

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

  • 2型糖尿病

    代表疾患 尿崩症 : 尿の過剰な排泄によってナトリウムに対する体液のバランスが相対的に低下して起こる。 クッシング症候群 糖質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドのナトリウム保持作用によってナトリウムの排泄低下によって起こる。[ja.wikipedia.org]

さらなる症状