Create issue ticket

考えれる25県の原因 低位横隔膜

  • 慢性閉塞性肺疾患

    ホーム 政策について 審議会・研究会等 健康局が実施する検討会等 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会 第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会議事録 健康局総務課生活習慣病対策室 日時 平成22年7月27日(火) 14:00 16:00 場所 厚生労働省19階 専用第27会議室 議事 生活習慣病対策室長 それでは、定刻となりましたので、ただいまから「第3回慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防・早期発見に関する検討会」を開催させていただきたいと思います。 委員の皆様方には、何かと非常に御多忙の折、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。[…][mhlw.go.jp]

  • 水疱性肺気腫

    聴診器 を使用する際のコツや、疾患ごとの聴診音のポイントについて、呼吸器内科専門医が解説します。 構成は、聴診器の使い方から呼吸器の構造を解説した【 基礎編 】と、疾患の解説と筆者が臨床で遭遇した症例の聴診音を解説した【 実践編 】の2部に分かれています。基礎編は全8回にまとめましたので、初学者はまずはここからスタートしてください。 〈前回の内容〉 呼吸音が聴こえる仕組み 基礎編(4) 第5回目は、「 呼吸音と副雑音の分類 」についてのお話です。 皿谷 健 (杏林大学医学部付属病院呼吸器内科講師)[…][kango-roo.com]

  • 肺気腫

    胸部X線検査 - ビア樽状胸郭を反映した胸郭の変型像、肺の過膨張のため滴状心、肺肝境界低下(横隔膜低位、胸郭低位)や肺胞壁の破壊のため肺野のX線透過性の増加、肺血管陰影の薄消等がみられる。 気管支造影検査 - 肺胞の破壊像が全体的に見られる。また、抹消気管支拡張像も見られる。[ja.wikipedia.org] 胸部レントゲンでは 胸郭のビール樽様変形、 横隔膜低位、 心臓の圧迫(滴状心)がみられ、 これは肺の膨張によるものです。 呼吸機能検査では 一秒量(FEV1.0)、一秒率(FEV1%)、 FEV1.0の予測値に対する割合(%FEV1.0)の低下を認めます。[kitainaika.com]

  • 心因性過換気

    胸部X線では横隔膜低位、肺過膨脹像を認めた。病歴では、20歳ころより喫煙。15年ほど前から慢性的に咳、痰を認め、10年前から労作時の息ぎれを感じるようになった。この半年は労作時に喘鳴を伴うようになり、休息してもなかなか息ぎれは軽快しなくなったという。慢性閉塞性肺疾患の急性増悪と診断した。[mitsuoka-clinic.or.jp]

  • 気胸

    緊張性気胸 気胸の一種であり,患側の胸腔内圧が異常に上昇した結果,患側肺虚脱,横隔膜低位,健側への縦隔偏位,静脈還流障害による心拍出量の低下などをきたしている状態。放置すると血圧低下,閉塞性ショックなどの重篤な状態を招く。[jaam.jp]

  • 急性呼吸不全

    1)呼吸筋疲労 呼吸筋疲労は、呼吸筋に対するエネルギー供給と呼吸仕事量のバランスで決まり,(1)呼吸筋に対する血流量の低下(心不全,低酸素血症),(2)低栄養状態,(3)肺気量増加による横隔膜低位のための横隔膜筋換気効率の低下,(4)肺の弾性および粘性抵抗増大による呼吸筋仕事量の増加、などで引き起こされる。[ja.wikipedia.org] 肺性p (II,III,aVFの0.25mV以上の先の尖ったp波)を認めることが多いが,COPDの場合は横隔膜低位と滴状心により、右房の回転によるp波の軸偏位のためで,肺高血圧症の診断根拠としては乏しい。 左心機能については,基礎疾患により異なるが,COPD患者の10〜46%に左心不全が合併することが報告されている。[ja.wikipedia.org]

  • 慢性右側うっ血性心不全

    胸部X線では横隔膜低位、肺過膨張像を認めた。病歴では、20歳ころより喫煙。15年ほど前から慢性的に咳、痰を認め、10年前から労作時の息切れを感じるようになった 。この半年は労作時に喘鳴を伴うようになり、休息してもなかなか息切れは軽快しなくなったという。慢性閉塞性肺疾患の急性増悪と診断した。[mitsuoka-clinic.or.jp]

  • 胸水を伴った気胸

    10 15%:軽度の虚脱 30%以上:脱気療法、気胸癒着法など 緊張性気胸による胸部X線検査では、横隔膜低位や健側への縦隔偏位を確認します。また、血気胸は、穿刺による血液の吸引によって診断されます。 気胸の治療 胸腔穿刺や胸腔ドレナージの治療は、肺の虚脱度と臨床の所見によって治療の方針が決まります。[kango-oshigoto.jp] 胸部X線では横隔膜低位、肺過膨張像を認めた。病歴では、20歳ころより喫煙。15年ほど前から慢性的に咳、痰を認め、10年前から労作時の息切れを感じるようになった 。この半年は労作時に喘鳴を伴うようになり、休息してもなかなか息切れは軽快しなくなったという。慢性閉塞性肺疾患の急性増悪と診断した。[mitsuoka-clinic.or.jp]

  • 腸管癒着症

    腹腔鏡下直腸低位前方切除術や低用量ピルなどで治療します。 横隔膜にある子宮内膜症組織に月経時に孔があいて、気胸がおこる状態です。気胸は月経に一致して周期的に起こります。治療は胸腔鏡下に行います。また、低用量ピルも有効です。 手術の限界 全ての子宮内膜症が腹腔鏡手術の対象となり、特に手術の限界はありません。[j-endoscopy.com]

  • 血気胸

    10 15%:軽度の虚脱 30%以上:脱気療法、気胸癒着法など 緊張性気胸による胸部X線検査では、横隔膜低位や健側への縦隔偏位を確認します。また、血気胸は、穿刺による血液の吸引によって診断されます。 気胸の治療 胸腔穿刺や胸腔ドレナージの治療は、肺の虚脱度と臨床の所見によって治療の方針が決まります。[kango-oshigoto.jp]

さらなる症状