Create issue ticket

考えれる142県の原因 低プロトロンビン血症

  • 閉塞性黄疸

    […] jaundice 疾患スピード検索で表示している情報は、以下の書籍に基づきます。 「臨床医マニュアル 第5版」は、医歯薬出版株式会社から許諾を受けて、書籍版より一部(各疾患「Clinical Chart」および「臨床検査に関する1項目」)を抜粋のうえ当社が転載しているものです。転載情報の著作権は,他に出典の明示があるものを除き,医歯薬出版株式会社に帰属します。 Clinical Chart 肝前性( 溶血性)黄疸,肝細胞性黄疸,胆汁うっ滞性黄疸(多くは閉塞性黄疸),を見分ける.高齢者では閉塞性黄疸の頻度が高い.年齢と随伴症状によって目星をつける. 直接ビリルビン 優位か 間接ビリルビン[…][primary-care.sysmex.co.jp]

  • 大結節性肝硬変

    他に、コレステロールは肝臓の合成能が低下するので値。また、アルブミンの合成低下によってアルブミンとなります。血液凝固因子の産生が低下しプロトロンビン時間が延長します。 血液検査 脾臓機能亢進によって特に、血小板の減少が著明です。[fujimoto.or.jp]

  • 門脈性肝硬変

    概要 門脈圧亢進症とは、肝臓に流入する血管のひとつである門脈内の圧力が異常に上昇している状態を指します。門脈圧亢進症は、肝硬変に伴って発症することが多いです。門脈圧亢進症では、門脈を介して心臓へとうまく血液を送ることができず、別の経路を迂回するようになります。このことと関連して、胃食道静脈瘤からの出血、脾機能の亢進からの血小板減少などのさまざまな症状が出現することになり、ときに生命にかかわることもあります。[…][medicalnote.jp]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 急性肝不全

    昏睡が発生すれば7割は死亡すると言われる急性肝不全。いかに急性肝障害の段階で昏睡を予防するかが、救命率向上の鍵を握る。北東北の3県約50病院と広域の劇症化予知搬送ネットワークシステムを構築し、昏睡発現率7%以下を実現した岩手医科大学医学部内科学講座消化器内科肝臓分野教授の滝川康裕氏が登壇。急性肝障害の診断手順から構築したシステムの内容まで、2回にわたり解説する。まとめ:酒井夏子(m3.com編集部)「急性肝炎の診断」Vol.1急性肝不全、昏睡7%の驚きの試み急性肝障害の診断手順岩手医科大学医学部... この記事は会員限定コンテンツです。 ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。[…][m3.com]

  • 吸収不良症候群

    吸収不良症候群 症状には、脂肪の吸収障害による脂肪便、下痢、脱水症状、出血傾向、皮膚の変化、低カルシウム血症などがあります。たんばくの吸収障害の結果としては、低たんばく血症、浮腫、月経閉止、体重減少、栄養失調などがあり、そのはか各種の貧血、舌炎や口角炎、末梢性の神経炎などがおこります。 経口摂取したいろいろな栄養素、とくに脂肪の消化吸収が阻害された病態を指し、障害の程度や持続期間によって低栄養状態を来すことがあります。[…][mh.rgr.jp]

  • 肝臓疾患

    肝臓疾患 手術・検査・処置等件数 手術・検査・処置等名 平成27年度 平成28年度 平成29年度 インターフェロン・フリー療法 460 500 238 肝動脈塞栓術(TACE) 76 83 83 経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA) 45 30 99 肝生検 40 55 71 IVR(B-RTO,PTO,経内頚静脈的肝生検など) 26 17 腹水濾過濃縮再静注法 2 10 カンファレンス、勉強会等開催状況(平成29年度) 毎週,医師・看護師・理学療法士・薬剤師・栄養士と合同多職種肝臓カンファレンスを行っている。話し合った内容は,電子カルテに十分に記録して,他の職員とも共有している。[…][himeji.jrc.or.jp]

  • 原発性胆汁性肝硬変

    抄録 症例は80歳,女性.2008年9月に肝障害で当科紹介となり,肝生検を含めた精査にて原発性胆汁性肝硬変(PBC)と診断した.その後,経過観察中の2009年9月まで徐々に汎血球減少が進行し,心嚢水貯留が出現した.抗核抗体が高値で,2本鎖抗DNA抗体が陽性であり,米国リウマチ学会の全身性エリテマトーデス(SLE)診断基準の11項目中4項目に合致し,SLEと診断した.さらに,2009年10月の腹部CTで肝S2に径22 mm大の肝細胞癌(HCC)を認めたため,SLEの加療として経口プレドニン20[…][jstage.jst.go.jp]

  • アミロイドーシス

    HOME 病気の解説(一般利用者向け) 全身性アミロイドーシス(指定難病28) ぜんしんせいあみろいどーしす (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1. アミロイドーシスとは アミロイドーシスとは、アミロイドと呼ばれるナイロンに似た線維状の異常蛋白質が全身の様々な臓器に沈着し、機能障害をおこす病気の総称です。複数の臓器にアミロイドが沈着する全身性のもの(全身性アミロイドーシス)と、ある臓器に限局してアミロイドが沈着する限局性のもの(限局性アミロイドーシス)に分けられます。 全身性アミロイドーシスの代表的なものとしては、 免疫グロブリン[…][nanbyou.or.jp]

  • 全身性アミロイドーシス

    病気事典[家庭の医学] ぜんしんせいあみろいどーしす 全身性アミロイドーシスについて解説します。 執筆者: どんな病気か いろいろな蛋白質がアミロイド線維(せんい)(分枝しない線維状で、水に極めて不溶)として全身組織に沈着し、さまざまな障害を引き起こす疾患です。 原因は何か 以下に、沈着するアミロイド成分による分類を示します。 (1)免疫グロブリン性アミロイドーシス(免疫グロブリンL鎖(さ)が沈着) a.原発性全身性アミロイドーシス b. 骨髄腫 (こつずいしゅ)に伴うもの (2)反応性(続発性) 慢性活動性疾患に伴うもの。SAA(血漿アミロイドA蛋白)が沈着。[…][medical.itp.ne.jp]

さらなる症状