Create issue ticket

考えれる212県の原因 低カリウム血性腎症

  • 下痢

    下痢(げり、英: diarrhea)は、健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便が出る状態である。主に消化機能の異常により、人間を含む動物が患う症状であり、その際の便は軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)ともいう。東洋医学では泄瀉(泄は大便が希薄で、出たり止まったりすること。瀉は水が注ぐように一直線に下る)とも呼ばれる。世界では毎年17億人が発症し、また毎年76万人の5歳以下児童が下痢により死亡している。発展途上国では主な死因の1つとなっている。[…][ja.wikipedia.org]

  • 幽門閉塞

    また程度によってクロルカリウム、アルカローシス、高窒素血症が起き、嘔吐が重なれば食道炎、巨大食道などを起こします。 原因は今のところ不明ですが ガストリンの過剰産生によって胃の平滑筋や粘膜の過形成が起こっているのではないかという報告があります。 この疾病は外科的矯正で良好な予後を得られる可能性が高いです。[minamigaokaah.com]

  • クローン病

    (概要、臨床調査個人票の一覧は、こちらにあります。) 1.クローン病(Crohn病)の理解に必要な情報 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が消化管です。[…][nanbyou.or.jp]

  • セリアック病

    セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。欧米での罹患率は1%程度と報告されているが、日本での頻度は不明である。第二次世界大戦中のヨーロッパでグルテン食との関連が指摘され認識が広まった。[…][ja.wikipedia.org]

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、英: Ulcerative colitis、略: UC)は、主に大腸粘膜に潰瘍やびらんができる原因不明の非特異性炎症性疾患。クローン病(CD: Crohn's disease)とともに炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類され、厚生労働省より指定される難病(旧 特定疾患)である。 1875年に英国のGuy's HospitalのSamuel WilksとWalter Moxonによって報告された。日本では1928年に東京大学の稲田龍吉らによって初めて報告されている。1973年には旧厚生省より特定疾患に指定された。[…][ja.wikipedia.org]

  • 副腎皮質腺腫

    高ナトリウム血症、循環血液量過剰、カリウムによるアルカローシス等が生じ、その結果、発作脱力、感覚異常、テタニー(手足の痺れ)などを引き起こします。多尿、多飲を伴うカリウム症も時にみられます。しかし多くの場合、軽度から中等度の高血圧が最も多い症状です。診断には血漿アルドステロン濃度とレニン活性を測定します。[oph.gr.jp]

  • イレウス

    腹腔内または後腹膜炎症(虫垂炎、憩室炎、穿孔性十二指腸潰瘍など) 後腹膜または腹腔内血腫(例えば腹部大動脈瘤破裂、腰椎圧迫骨折に起因) 代謝障害(カリウム、高カルシウム血症) 薬物(タクロリムス、オピオイド、抗コリン薬、カルシウム拮抗薬などの副作用) 希に疾患や下位肋骨骨折、下葉肺炎、心筋梗塞など 病院によって以下のように分類される[ja.wikipedia.org]

  • 大腸クローン症

    クローン病は主に若い人に好発する病気です。 口から肛門まで、全消化管に炎症性の潰瘍などの病変ができます。 現在のところ原因不明のため根治療法はまだ確立されていませんので、慢性に寛解と再燃を繰り返し、継続的な治療を必要とします。 人に感染したり遺伝する病気ではありません。 クローン病は腸の縦の方向に「縦走潰瘍」ができたり、腸の粘膜に敷石を敷いたようにみえる潰瘍(「敷石状病変」)や、連続性がなく飛び飛びの潰瘍が現れるのが特徴です。 炎症が持続することで、腸管の内側が狭くなる「狭窄」が現れることもあります。[…][nomu-capsule.jp]

  • 高アルドステロン症

    一部の例外を除き、アシドーシスと高カリウム血症、アルカローシスと低カリウム血症は並行するという経験則があり、代謝アルカローシスとカリウムは原則どおりである。なお、カリウムと代謝アシドーシスを合併する珍しい疾患とは尿細管性アシドーシスである。 原因によって原発性、続発性、偽性に分けられる。[ja.wikipedia.org] 基本的にレニン-アンギオテンシン-アルドステロン系が亢進する場合はカリウム、代謝アルカローシスがおこる。これはアルドステロンのへの作用、すなわちナトリウムの再吸収、カリウムの排泄、重炭酸イオンの再吸収、などを考えれば明らかである。[ja.wikipedia.org]

  • VIP産生腫瘍

    傍大動脈リンパ節転移を伴う膵VIP産生腫瘍の切除例 Abstract 症例は72 歳,女性。主訴は8 か月前から続く1 日7,8 回の水様性下痢,体重減少。CT 検査にて,膵尾部に55 mm 大の腫瘤を認めた。膵周囲,傍大動脈に腫大リンパ節を認めたが,肝転移は認めなかった。EUS では境界明瞭で内部不均一な腫瘤であり,EUS-FNAによる組織診にて膵神経内分泌腫瘍と診断した。傍大動脈リンパ節転移を伴うVIP産生腫瘍を疑い,膵体尾部切除および大動脈周囲のリンパ節郭清術を施行した。切除標本の免疫染色にてVIP産生腫瘍と診断した。術後速やかに下痢は軽快し,切除後11[…][pieronline.jp]

さらなる症状