Create issue ticket

考えれる38県の原因 低カリウム性周期性四肢麻痺, 呼吸筋麻痺

  • ギラン・バレー症候群

    血症、リン血症、横紋筋融解、周期四肢麻痺、旋毛虫症 脳幹障害:梗塞、炎症、脱髄、腫瘍 精神医学性:解離性障害 Hoらの基準は電気生理学的な診断基準であり、AIDPとAMANの区別においては非常に有用である。[ja.wikipedia.org] その後、下肢から体幹部に向かい左右対称性に筋力低下や麻痺が上行する。四肢麻痺は、遠位に強く現れる。呼吸麻痺が発症すると人工呼吸器により呼吸管理が必要となることがある。運動神経の障害が主であるが、軽度の感覚神経障害も発症する。特に異常感覚や神経因性疼痛が多く支持療法が必要となることも多い。[ja.wikipedia.org] 状態が持続 発症当初からの膀胱直腸障害の存在 50/μlを超える髄液細胞増多 髄液細胞文核における多核球優位 境界明瞭なレベルのある感覚障害除外診断 末梢神経障害:有機溶媒中毒、ポルフィリン代謝異常、ジフテリア、鉛中毒、血管障害、栄養障害、CIDP(初発、急性発症) 神経筋接合部障害:重症筋無力症、有機リン、ボツリヌス、貝毒 筋疾患:筋炎、カリウム[ja.wikipedia.org]

  • 低カリウム血症

    中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org] 骨格筋機能の重度の障害からくる呼吸不全は稀なことではない。 特徴的な心電図が得られる。 T波の平坦化/陰性化 U波出現 ST低下出現 ST低下 U波増大 PR間隔延長 最も多い原因は腎臓または消化管からの過剰排泄で、慢性の下痢や緩下剤の長期乱用である。摂取不足だけで無く土食症、嘔吐、胃内容物の吸引も原因となる。[ja.wikipedia.org]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    カリウム周期四肢麻痺(K, HypoKPP)(Online 'Mendelian Inheritance in Man' (OMIM) 170400):遺伝的にカルシウムチャネルに異常があるものがある。[ja.wikipedia.org] 脱力の程度も、下肢のみといった限局性筋力低下から完全四肢麻痺まである。発作の頻度も幅があり、毎日から生涯に数回までがある。顔面・嚥下・呼吸麻痺はあまり見られず、感覚や膀胱直腸障害はない。平均的には、高カリウム性は低カリウム性より程度も軽く持続も短い。[ja.wikipedia.org] 周期性四肢麻痺(しゅうきせいししまひ、英: Periodic Paralysis, PP)とは、突然に発作として、両側性に全身の筋力が失われ、しばらくして再び正常に戻る可逆疾患。 日本を含む東アジア地方では甲状腺機能亢進症に伴うカリウム周期四肢麻痺が多い。この場合は、甲状腺もしくは電解質異常であり、内分泌疾患である。[ja.wikipedia.org]

  • ダニ麻痺症
  • ミオパチー

    甲状腺機能亢進症を伴うカリウム周期四肢麻痺周期性四肢麻痺は発作性に四肢に弛緩性麻痺を生じる症候群である。発作時のカリウムの値と遺伝の有無によって疾患は分類される。日本人を含む東洋人では甲状腺機能亢進症を伴うカリウム周期四肢麻痺が頻度としては多い。[ja.wikipedia.org] 症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸麻痺になることはほとんど無い。早朝、起床時などから脱力が生じることが多く、数時間で回復することが多く、長くても2〜3日で回復する。大量炭水化物の摂取や過激な運動が誘発要因として知られている。[ja.wikipedia.org] カリウム周期四肢麻痺ではスピロノラクトン50mg/dayやKCl(スローケーなど)も有効である。 カリウム周期四肢麻痺電位依存性カルシウムチャネルCACNL1A3遺伝子の変異が原因である。遺伝形式は常染色体優性遺伝形式をとるが患者は男性が多い。女性の浸透率が低く、症状が見られても軽い。[ja.wikipedia.org]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 甲状腺障害

    甲状腺中毒ミオパチーでは近位筋の筋力低下が認められる。またカリウム周期四肢麻痺がアジア人に多く見られる。また稀ではあるが重要な神経症状を示す合併症として甲状腺クリーゼがある。[ja.wikipedia.org] 発作中のK濃度は平均1.7mEq/lであり呼吸麻痺や致死的不整脈などの致命的合併症が起こりうる。 バセドウ病だけでなく橋本病でも起こることがある。 甲状腺機能亢進症に伴う不随意運動としては振戦が一番有名である。手指や足指などに生じる8から10Hzの速い振戦を特徴とする。姿勢時や精神緊張時に増強する。[ja.wikipedia.org] 甲状腺中毒症の際に誘発される筋麻痺であり、筋麻痺と細胞内のKのシフトによるカリウム血症が特徴である。周期四肢麻痺の半数を占める病態である。バセドウ病を伴うことが多いが男性に多い疾患である。近年カルシウムチャネルやカリウムチャネルの遺伝子多型の関与が指摘されている。[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気
    不足: 呼吸筋麻痺
  • 心因性過換気
    不足: 呼吸筋麻痺
  • 不安障害

    不安障害(ふあんしょうがい、英:Anxiety disorder)とは、過剰な反すうや心配、恐怖の特徴を有するいくつかの異なる種類の一般的な精神障害を含んだ総称である。不安は、身体と精神の健康に影響を及ぼす可能性がある不確かで現実に基づかないか、あるいは想像上の将来についてである。 不安障害は、さまざまな心理社会的要因を有し、遺伝的素因を含む可能性もある。不安障害の診断は2つの分類に分けられ、それは持続しているか、一時的な症状かどうかに基づく。たびたび全般性不安障害として誤診される、不安障害に類似した症状を有する甲状腺機能亢進症のような医学的疾患も存在する。[…][ja.wikipedia.org]

    不足: 呼吸筋麻痺

さらなる症状