Create issue ticket

考えれる69県の原因 低カリウム性周期性四肢麻痺, 呼吸筋麻痺

  • 低カリウム血症

    命名 以下は、カリウム周期四肢麻痺の名称としてもはや使用されていない。[grj.umin.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 中程度 (K 2.5-3.0mEq/L)消化器症状(嘔気、食思不振など) 骨格筋症状(脱力、筋力低下、テタニーなど) 尿濃縮障害(多尿、多飲) インスリン分泌障害(耐糖能異常)重度 (K 2.5mEq/L)麻痺、強度の筋肉痙攣(四肢麻痺呼吸麻痺)、イレウス、心興奮性亢進などが起こる。深刻 横紋融解症の報告がある。[ja.wikipedia.org]

  • ギラン・バレー症候群

    血症、リン血症、横紋筋融解、周期四肢麻痺、旋毛虫症 脳幹障害:梗塞、炎症、脱髄、腫瘍 精神医学性:解離性障害 Hoらの基準は電気生理学的な診断基準であり、AIDPとAMANの区別においては非常に有用である。[ja.wikipedia.org] 顔面神経麻痺や感覚障害あるいは脳神経麻痺を伴うこともあり、さらには呼吸麻痺呼吸の筋力が低下して呼吸が出来なくなる)をきたすこともあります。 ギラン・バレー症候群に有効な治療法として、血液中に存在する末梢神経を攻撃する抗体や関連因子などを除去する目的で、血漿交換療法が用いられることがあります。[asahi-kasei.co.jp] ただし,これらの治療を行っても死亡率は3 5%(主に呼吸麻痺に伴う重症肺炎のため),1年後に独立歩行不能例が20%存在することが大きな問題点として挙げられており,特に呼吸麻痺や四肢完全麻痺を呈する重症例を救済するために,より効果の大きい治療が探査されてきました。[jmedj.co.jp]

  • ダニ麻痺症

    犬のダニ麻痺症の主症状 フラフラ歩く 後肢の脱力 顔面の弛緩 発声障害と嚥下困難 呼吸麻痺 瞳孔散大[koinuno-heya.com]

  • 家族性周期性四肢麻痺

    命名 以下は、カリウム周期四肢麻痺の名称としてもはや使用されていない。[grj.umin.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 【HP】 「GeneReviews 日本語版」 「カリウム周期四肢麻痺」の疾患の特徴・診断等について記載あり。 (2015年12月17日確認) 以上を紹介。[crd.ndl.go.jp]

  • 低カリウム性周期性四肢麻痺

    二次カリウム周期四肢麻痺は、甲状腺機能亢進症、原発アルドステロン症、カリウム喪失疾患群などが原因となる。[ameblo.jp] 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状 低カリウム性 周期性四肢麻痺 の症状は、 筋肉痛、筋硬直、筋痙攣など前駆症状があることも 数分-数日続く発作性・近位優位の四肢筋力低下(弛緩性麻痺)と自然回復 知覚や意識は正常 まれに呼吸麻痺し、呼吸不全の報告があります。[nagasaki-clinic.com] 周期四肢麻痺はこれらのチャンネルの異常で起こる病気です。 最近は遺伝子検索が発達して、カリウム周期四肢麻痺は第1番染色体にあるカルシウムチャンネルの遺伝子異常、高カリウム血性の場合は第17番染色体にあるナトリウムチャンネル... 続きを読む お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう![oshiete.goo.ne.jp]

  • 高カリウム性周期性四肢麻痺

    ①以下のすべての特徴を持つ麻痺(筋力低下)発作を呈する。 意識は清明。 発作時血清カリウム濃度が高値あるいは正常を示す。 呼吸・嚥下筋は侵されない。 発作持続は数10分から数時間程度。 寒冷、果物など高カリウム食の摂取、空腹あるいは安静(不動)が誘因となった発作がある。② 発症年齢は15歳まで。[ja.wikipedia.org]

  • 急性過換気

    原因として,①気管支喘息,肺気腫などの閉塞性肺障害,②脊髄損傷,神経疾患などによる呼吸麻痺,③麻酔薬・麻薬の過量投与,急性薬物中毒,脳血管障害などによる呼吸中枢抑制などがあげられる。[jaam.jp] 呼吸苦 四肢のしびれ 過換気ではない! 呼吸困難の患者を診たら,代謝性アシドーシス,GBS,周期性四肢麻痺,重症無力症も一応念頭に置く! ( 次回につづく )[igaku-shoin.co.jp]

  • 四肢麻痺

    命名 以下は、カリウム周期四肢麻痺の名称としてもはや使用されていない。[grj.umin.jp] Clinical Chart 発作性に四肢の可逆性,弛緩性麻痺を生じ,対麻痺,四肢麻痺を起こす疾患である.呼吸は保たれる.一部の症例は慢性進行性のミオパチーを生じる.[primary-care.sysmex.co.jp] 反復する、一過性、対称性、弛緩性の四肢の脱力を認めるが、通常呼吸や脳神経領域の麻痺はない。夜間や起床時に生じやすい。 原因の評価: 症候性の原因には、低カリウム血症を来す疾患、薬物と、高カリウム血症を来す疾患、薬物がある。 最も多い原因は、青年男性で甲状腺機能亢進症に伴う低カリウム血性例で、全体の約半数を占める。[clinicalsup.jp]

  • ミオパチー

    甲状腺機能亢進症を伴うカリウム周期四肢麻痺周期性四肢麻痺は発作性に四肢に弛緩性麻痺を生じる症候群である。発作時のカリウムの値と遺伝の有無によって疾患は分類される。日本人を含む東洋人では甲状腺機能亢進症を伴うカリウム周期四肢麻痺が頻度としては多い。[ja.wikipedia.org] 症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸麻痺になることはほとんど無い。早朝、起床時などから脱力が生じることが多く、数時間で回復することが多く、長くても2〜3日で回復する。 大量炭水化物の摂取や過激な運動が誘発要因として知られている 。[ja.wikipedia.org] 症状では両下肢の弛緩性麻痺で発症し数時間かけて上肢へと進展するが、脳神経の障害や呼吸麻痺になることはほとんど無い。早朝、起床時などから脱力が生じることが多く、数時間で回復することが多く、長くても2〜3日で回復する。大量炭水化物の摂取や過激な運動が誘発要因として知られている。[ja.wikipedia.org]

  • 低マグネシウム血症

    表 高カリウム血症の原因 内因性 慢性腎不全 代謝性アシドーシス(例:糖尿病性ケトアシドーシス) II型偽性低アルドステロン症(別名ゴードン症候群; 家族性高カリウム血症と高血圧) 腫瘍融解を起こす化学療法 筋破壊(横紋筋融解症) 尿細管アシドーシス 溶血 アルドステロン症(アジソン病、レニン血症) 高カリウム周期四肢麻痺 外因性[plaza.umin.ac.jp] 血清マグネシウムの値が5mg/dlを超えると、嘔吐や脱力、傾眠、徐脈、低血圧などがみられ、12mg/dl以上になると、意識混濁 ・消失や呼吸麻痺が生じ、心停止に至ることもあります。 また、深部腱反射の低下は高マグネシウム血症の指標となります。心電図上では、PR間隔の延長が特徴的です。[yamauchi-iin.com] はきけ、嘔吐、徐脈、皮膚紅潮、筋力低下、傾眠傾向、全身倦怠感などは 初期症状であり、高マグネシウム血症が進行すると 嚥下障害、意識障害 昏睡、呼吸麻痺、血圧低下などが起きます 下剤として マグネシウム製剤を処方している医師は 定期的に 血清マグネシウム値を測定することが必要とされているのですが、これを実行している医師は多くはなく、また、定期的[iizuna-hp.jp]

さらなる症状